塩辛ホームのカッコいい家!

カッコいい塩辛ホームの家カッコいい塩辛ホームの家

2009年に「マンガはじめて家を建てました!」(ダイヤモンド社)という、自分の体験談+家づくり情報を盛り込んだ本を描いた。
私の実家を二世帯住宅にしたときの、家づくりの基本的な知識と、すったもんだの体験を面白おかしく描いたマンガ書籍だ。
そこでこのコラムでは、今家づくりを考えているみなさんの役に立ったり立たなかったりする情報を、楽しくお伝えしていきたいと思う。

前回、まるで素人がつくったようなヘンテコな図面を持ってきた、塩辛ホームのベース君。
起死回生とばかりに、今回はカッコいい図面を持ってやってきた。

無料で提案してもらえる図面は通常、間取り図だけなのに、今回は外観のイメージもわかる立面図も一緒に持ってきた。え?サービスでいいの?しかも上司と設計士さんと一緒に!
「契約してください」という気合がムンムンだ!

「わわわ!確かにカッコいい!」
私とダンナさんのテンションが上がる。

全体の色はグレーっぽいクリーム色、屋根は濃い藍色、窓枠やドアは黒。

なんというか、都会的な雰囲気が漂っているのだ。いや、「都会的な雰囲気」ってどういうものかと聞かれるとよくわからないけど…。有名人でいうと…GACKTさまみたいな?確かに都会的だ。たんぼのあぜ道にGACKTさまは似合わない。

GACKTさまみたいな家、というのもなんか違うけど、まあとにかく色がグレーっぽくまとまっていてシャープな印象の家なのだ。

ベランダが外に張り出している感じがカッコいい。なんだかちょっと船っぽい。(?)かなり印象的な外観だ。

「施主さまがデザイナーとのことで、外観重視のデザインにしました!」
と、設計士さん。

おおお!なんだか見てわかる気合の入れ方の違いに私たちもうれしくなった。
(でもよく考えると、「家」なんだから、外観重視じゃなくて住み心地重視でないといけないと思うのだけど。)

階段の踊り場にあった洗濯機置き場は、浴室の隣に移動、2階の日当たりのいい場所は、浴室ではなくリビングになっていたよ。そうでしょ!これでしょ!!

ベランダがひと~つ、ふた~つ、みっつ…

こんなに必要?こんなに必要?

ダンナ「東側のここは?」
設計士さん「キッチン用のベランダです。ゴミを置いておけます。」

ダンナ「隣のここは?」
設計士さん「リビングのベランダです」

ダンナ「上のここは?」
設計士さん「3階東側のベランダです」

ダンナ「2階のこっちの…」
設計士さん「寝室のベランダです」

ダンナ「3階の南側にも」
設計士「日当たりのよいベランダです」

なんとベランダが5つも?そんなにベランダ使うか?
でもカッコいいからいいか…とその時は盛り上がったのだ。

でもこれはよく考えると、必要のないところにお金をかけることだ。すとんとした立方体の建物をつくる場合と、カクカクした形の建物をつくる場合とでは、かかる手間が全然違う。手間は家の値段にプラスされる。ましてやベランダともなれば、防水加工が必要だし、排水のための管も必要だ。カッコいい見た目のためだけにそんなお金をかけるなんて、ムダでしかないよね。

そして、ベース君の上司さんは続ける。
「こいつ(ベースくん)はとってもいいやつなんです。ぜひ、こいつに一人前の仕事をさせてやりたい。こいつを男にしてやってくださいませんか!?」

あまりの申し出にびっくりする私たち。
「え?すでに立派な成人男性だと思うのですが」
上司さん「そういう意味ではありません!!」

一息あって
「7月までにご契約いただけますでしょうかっ!?こいつ(ベ―ス君)は今年で2年目になるのですがそろそろ大きな仕事を任せたいんです。ぜひ契約してもらえませんでしょうか?」

そして7月までに契約してもらえれば、私たちの予算に合わせて値引きをすると言うのだ。

え~~っ
これはかなり魅力的な提案。

それにしても「こいつを男に!」なんて交渉の仕方、とってもいにしえな感じがするんだけど…。

1000万円値引きの秘密

1000万円値引き!?1000万円値引き!?

塩辛ホームの値引き額もかなりのものだった。
ほっけハウスと同じくらい、1000万くらいだったと思う。

当時は「値引きしてくれるならお願いします!」という気持ちでその金額にたいして疑問も持たなかったがよく考えたらその金額、普通の感覚じゃないよね。

家は高い買い物だから、とは思うけどその値引きのカラクリはどうなっているのか?

私の本の中で、監修の小野信一さんにお話を伺っている。
<※小野信一さんはHOMES PRESSオピニオンリーダーのお一人でもあります>

ハウスメーカーの営業さんは、当然ながら契約のノルマがある。それは各支店内で常に営業成績として争っている。経験の浅い営業さんは思うように契約を取れず、焦っている。その上司も同じ。部下の責任は上司の責任になるからだ。営業成績の良し悪しは、その人の報酬にあらわれる。そうなれば当然、月末の締めまでには大幅値引きをしてまでも一つでも多く契約を取りたいところ。

特に四半期の6月9月12月3月。
年度末の2月3月は、なんとかノルマを達成しようと必死だそうだ。
利益が少なくなっても大幅値引きをして契約をとろうとがんばるのだ。

ハウスメーカーの営業さんは、
「契約してください、とにかく契約!月末までに!来週までに!」とすごく契約を急ぐのはなんでかなあ?と思っていたがそれはつまり自分の営業の成績を上げるため。「今月末までにぜひご契約を!」というのは、今月末までにいったん今月の契約達成数を報告する必要があるから、ということらしい。

でもこれを逆に考えれば、ハウスメーカーで家を建てることを考えている方は、
2月~3月に契約をすれば、大幅値引きが期待できるかも、ってことだ。これはいい情報じゃないですか?

まだ見ぬ家に会いに行くぞ!

さあ、カッコいい図面とお値引バッチリ、という、私たちにとっての好条件が揃った。
でも、ひとつ問題があった。私たちは塩辛ホームのこの商品を、実際に見ていないのだ。

東京から車で2時間くらい、N市の住宅展示場にそのモデルルームがあるという。次の祭日、ベース君が新車の愛車を転がし、私たちを連れて行ってくれることになった。私たちの気持ちは、
「もうご本人を確認すれば、即、契約オッケイ!!」
と浮かれた感じ!
さあとっても楽しみだ~!!

次回、塩辛ホームのカッコいい家が目の前に!あれ?ちょっと待てよ…。

2014年 01月14日 09時47分