家族で過ごす空間は1つにまとめよう

ダイニングとリビングが同じ空間にあると話しやすいダイニングとリビングが同じ空間にあると話しやすい

子供のひきこもりを防止したい、忙しい日々でも夫婦円満に過ごしたいなど、家づくりにおいて家族間のコミュニケーションは重要な課題である。間取りで工夫できるポイントについて解説する。

コミュニケーションを活発にするためには、まず顔を合わせる機会を増やす必要がある。顔を合わせていればお互いに様子を把握できるし、ちょっとしたことでも声をかけやすい。
特に「食事をする」「寛ぐ」といった空間は家族が一緒に過ごす場所なので、細かく区切るよりも一つの空間にまとめた方が良い。同じ空間であれば、遅く帰ってきて食事をしている人と、テレビを観ている人で会話をするのも簡単である。
最近の一般的な住宅の間取りはLDKが一体化していることが多いが、このタイプが一番コミュニケーションをとりやすいといえる。和室でも寛ぐ生活スタイルの家族の場合は、リビングルームまたはダイニングルームとつなげて配置すると良いだろう。
また最近多い間取りに、リビングルームに階段があるタイプがある。リビング階段はデメリットもあるが、家族が顔を合わせる機会を増やすという面ではとても有効である。廊下に階段がある場合はちょっと出かけるとかお風呂に入るときにリビングルームにいる家族と顔を合わさずに済んでしまうが、このタイプの場合は必ず顔を合わせることになる。

居心地の良い場所にみんなが集まれるようにする

みんなが集まる居心地の良い空間みんなが集まる居心地の良い空間

念願がかなってマイホームを建てる、という時に少し心配になるのが広い家でもこれまでの狭い家のように家族仲良く過ごせるか、ということである。お互い快適に過ごすためにある程度の空間的余裕は必要だが、広くなると顔を合わせる機会が減って、結果的にコミュニケーションをとるタイミングも減ってしまいがちである。なるべく細かく仕切らず、必要以上に広すぎる間取りにならないように気をつける。
間取りを計画する上で、特に居心地の良い場所を1つに決めておくのも有効である。そうすることで家の中で家族ばらばらにならず、自然と一緒の空間に集まることができる。みんなが集まるこの空間はゆったりとしたつくりにして、陽当たりや風通しにも気を配るとより効果的である。ソファや炬燵など寛ぎに適した家具を配置すると自然とみんなが集まるようになるだろう。
個室も完全に仕切ってしまわず、オープンなつくりにするとコミュニケーションはとりやすいが、プライバシーや空調などの面で現実的でない場合が多い。寝る時間以外は個室で長く過ごしにくいように、個室はあえて狭く計画しておくのも一つの案である。吹抜けのある間取りの場合は、吹抜けが2階の廊下とつながるように計画すると、1階にいても2階にいる人の気配を感じることができる。

コミュニケーションのとりやすいマンションの間取り

コミュニケーションがとりやすい間取りコミュニケーションがとりやすい間取り

マンションの間取りの場合はどうだろうか。間取りのタイプが限られてくるが、コミュニケーションのとりやすい間取りは図のような間取りである。
マンションの間取りは玄関に続く廊下に面して個室が配置されていることが多いが、個室とLDKの空間がはっきりと分かれてしまうのでコミュニケーションは取りづらい。コミュニケーションの機会を増やすためには個室を出入りする際に家族と顔を合わせられる方が良い。図の間取りの場合は、個室のドアがLDKの空間にあるので、個室を出入りするタイミングでコミュニケーションの機会を得ることができる。また、個室から玄関に行くまでにLDKを通らなければならないので、子供が出かける際にも声をかけやすい。
図のように全ての個室がLDKにつながるタイプの間取りは少ないので、見つからない場合は子供部屋だけでもLDKから入るタイプの間取りを選ぶと良いだろう。
マンションの場合、キッチンは独立型の場合も多いが、コミュニケーションがとりやすいのは対面型であるので、キッチンのタイプにも気をつけたい。

このように、間取りの工夫でコミュニケーションの機会を増やすことはできるが、実際に家族の会話を楽しむためには、各自の心がけも大切である。

2014年 04月11日 09時51分