顔がベース型の「ベース君」がやって来た!

実はこの家は… なにか欠陥!実はこの家は… なにか欠陥!

2009年に「マンガはじめて家を建てました!」(ダイヤモンド社)という、自分の体験談+家づくり情報を盛り込んだ本を描いた。
家づくりの基本的な知識と、私のすったもんだの体験を面白おかしく描いたマンガ書籍だ。
そこでこのコラムでは、今家づくりを考えているみなさんの役に立ったり立たなかったりする情報を、楽しくお伝えしていきたいと思う。

「こんにちは!塩辛ホームですっ!!」

玄関のドアを開けると、見事なベース型の顔形の青年が立っていた。
「塩辛ホーム(仮名)」の営業さんだ。
「お問い合わせのあった、家の資料をお持ちしました!」

そう。実は、家の雑誌で塩辛ホームの記事を見て、資料請求をしていたのだ。
前回断ったほっけハウス(仮名)は「小屋裏3階建て」という商品を出していた。
3階部分の天井が斜めになっていて、ちょっと天井高が低い。
その感じが「秘密の隠し部屋みたい~!(ステキ)」という理由だけで気に入って、
ほっけハウスとやりとりをしていたのだが、その結末は前回書いた通り。

変わり身の早い私たち夫婦は、もう別のハウスメーカーさんと接触していたのだった。
実はちょっと二股かけていた。まあ、ひどいわ。
いや、あいみつ(合い見積もり)とって検討するのって、普通ですよね…?

「塩辛ホーム」も「小屋裏3階建て」という商品を出していたのだ。
しかも、見た目はグレイッシュでスッキリした外観。
「ほっけハウス」は、重厚なレンガ貼り風の外観だったので、見た目の印象は「塩辛ホーム」のほうがいいじゃん!という感じだった。

そこで、塩辛ホームの営業、ベース君が家の資料を持ってきた。

私「ありがとうございます!このお家、カッコいいですよね!」
ベース君「はい…。いやでも、実はこの商品は…。」
なんだろう?ベース君、なんだか暗いぞ。

「実はこの商品は…お土地によっては……建てられないことが多くございますっ」

これはほっけハウスの国分君も言ってた、「土地の規制」ってやつだね。
まずは土地の測量を、というのでお願いした。
「この商品いいなー」と思ったお客さんでも、土地の規制で建てられない、というケースがあるらしく、最初にその説明をするようだ。

急にくらーい顔して言うから、なにか欠陥でも見つかったのかと思ったよ!

「ぜひお宅でお話をさせてください」と言うのはなぜだろう?

ちょっとは部屋をかたづけようちょっとは部屋をかたづけよう

さて、前回お断りしたほっけハウス。
「お父さんの隠し貯金があるんじゃないですか!?」
発言にはとてもびっくりしたのだが、私の親のところにも同じように打診があったらしい。
「頭金に使える貯金は他にもありませんか?」と。

うーむ、これはやっぱりびっくりする。
人のウチの貯金なんだから、どう使おうと自由じゃん。
それを使わせてまでも自社の商品(家)を建てましょう!と言うほっけハウス。
どれだけ自分勝手だ。

ところで何社かのハウスメーカーさんにお話しを聞いたけど、共通していたのが、
「ぜひお宅でお話をさせてください」ということ。
つまり、ウチのアパートの中で。

そのたび、
「いやいや、ひどく散らかっているので…」
と断って、アパートからすぐのところにあったファミレスで打ち合わせをしていた。

でもほんとに、どの会社さんも毎回
「お宅で…」と言うので、まてよ、これはもしかして…
部屋の中をなんとなく観察して、お金持ちなのか否か、そこらへんを値踏みしようとしているのかな?
(確認していないので事実関係は不明)

家具とか、部屋の様子とか。
何気なく見ただけでも、そこらへん、なんとな~くわかったりするもんね。

そう思い始めたので、私はそれ以降も部屋の入室は固く拒否させていただいていたのだ。
だって、本当に散らかっているし豪華な家具など一つもない部屋なので、
向こうから家づくりをお断りされかねないもんね。

というか、ちょっとは部屋をかたづけようね。

国分君からの最後のプレゼント

君のことはきっと忘れない!君のことはきっと忘れない!

その後、ほっけハウスの国分君は元気でやっているのだろうか…。
なんてことを考えるわけもなく、日々を過ごしていたのだが、なんの前触れもなく、国分君がやって来たことがあった。

「これ…、せっかくなので、もらってください!」

と、立派な家の模型を持ってきた。
へ!?なんで!?た、頼んでないよ?

「はい、そうなんですけど作っちゃったしもったいないし…記念に…」

なんの?交渉決裂の?(汗)

「絶対捨てないでくださいねっ!!キラーン(笑顔)」
と言い残し、国分君は帰って行ったのだ。


ありがとう!いままでありがとう国分くん!!君のことはきっと忘れない!
でも家の模型はでかくでじゃまなので引っ越しの時に捨てたけどね!ごめんね!

そして、塩辛ホームとのやりとりは進んでいた。
敷地の計測が終わり、無料の図面を提案してもらうことになっている。
ちなみに塩辛ホームはユニット工法というやつで、
工場で作った家のユニットを、現場に持ってきてポコポコ組み立てていくんだそうだ。

世田谷の住宅展示場に、塩辛ホームのモデルルームを見に行った。
でも、私たちが興味をもっている小屋裏3階建ての商品ではなく、
ひとつ前のモデルだという。
実際にそれが立っているのは名古屋の展示場だというのだ。

うーむ、本物が見れないのは…、なんだか不安だな。

というまに、塩辛ホームの無料の図面が上がってきた。
ん、んん?なんだ?このカクカクした間取り…。ひとことで言うとしたら、「足の小指をものすごくぶつけそうな間取り」だ!

詳細は次回で!

2013年 11月14日 10時01分