カウンターキッチンより壁付けのキッチンがオススメ

料理を楽しむためには間取り選びが大切料理を楽しむためには間取り選びが大切

ひとり暮らしの人が選ぶ物件は面積が小さいため、キッチンは小さい場合が多いのが難点である。料理が好きな人のために、少しでも快適に料理のできる物件の選び方を解説する。

ひとり暮らしの小さな物件の場合でも、最近はカウンタータイプの対面式キッチンが人気である。スツールを置いて朝食を食べたり、お茶を飲んだりできてお洒落だし、キッチンまわりのごちゃごちゃとした空間が見えにくいので部屋がすっきりとするのが人気の理由だ。しかし、料理が好きで品数をたくさん作る人や、キッチン雑貨が多い人には向かない。何故ならば、対面式キッチンの場合はキッチンのスペースがきちんと区切られるため、使い方に応じてエリアを広げることができない。2帖のキッチンであればそれ以上モノを置くことはできないのである。

一方、壁付けタイプのキッチンであれば、間取りによっては限られた面積でもキッチンエリアを広く使うことが可能である。見た目は多少ごちゃごちゃとしてしまうが、料理が好きな人にとっては料理が快適にできることが最優先なので、あまり気にしないことである。ある程度は収納の工夫やキッチン雑貨のテイストを揃えることで改善されるだろう。

ひとりでゆっくり料理をしたい人にはDKタイプの間取り

ひとりでゆっくり料理をしたい人にオススメ間取りひとりでゆっくり料理をしたい人にオススメ間取り

主に自分ひとりで料理をし、食事をとるライフスタイルの人にはDKタイプの間取りがオススメだ。ワンルームやKタイプの間取りよりもキッチンまわりの空間がゆったりとしているので、ダイニングテーブルや食器棚を置いても余裕がある。小さなキッチンだとどうしても料理の際に作業スペースや収納が足りなくなるが、テーブルや棚を置くことで解消ができる。また、個室との間に仕切りがあるので、料理の油はねや煙や臭いを気にせず存分に料理ができるのもメリットだ。

図の間取りの場合、DKの部分にかなりまとまったスペースを確保できるようになっている。同じ広さのDKの間取りであっても、トイレやお風呂などのドアの配置、収納の配置によってはスペースの確保が難しい物件もあるので注意しよう。置きたい家具のサイズをあらかじめ測っておいて、内覧の際に確認できるようにしておくと安心だ。

DKのスペースには窓がないことも多いが、料理が好きな人には不可欠なのでこちらもチェックしておきたい。臭いや煙を換気しやすいというだけでなく、ある程度陽当たりの良い空間の方が日中は気分良く過ごすことができるからだ。明るいキッチンなら、朝ご飯の用意や、休日の昼間に料理をするのが楽しくなるに違いない。

友達を呼んで賑やかに食べたい人にはワンルームの間取り

友達を呼んで賑やかに食べたい人にオススメ間取り友達を呼んで賑やかに食べたい人にオススメ間取り

美味しい料理を作ったら、誰かに食べて欲しい。どうせなら友達はたくさん呼んで賑やかに過ごしたい、という料理好きの人も多いだろう。人に美味しいと言って食べてもらうことで、また頑張ろうという気になれる。

そこで、ひとり暮らしの場合に気になるのが部屋の広さである。同じ広さの間取りでもなるべく広く使える間取りが多いワンルームの間取りがオススメだ。まとまった広さが欲しいので、水回りや玄関のスペースはコンパクトにまとまっている方が良い。図の間取りの場合、ユニットバスということもあり、玄関と水回りがかなりまとまって配置されている。おかげで、部屋の方は広々としたスペースが確保されている。部屋が全部見えてしまうため、特にベッドまわりのスペースは生活感が出てしまう。ベッドカバーなどの色を統一してすっきりさせるようにすると良いだろう。ソファベッド利用するのも手だ。

部屋の仕切りがないので、キッチンまわりのレイアウトも自由自在だ。自分の使いやすいように家具の配置を考えてみよう。

今回はキッチンを優先的に考えて間取りを選んだが、自分のライフスタイルで大切にしたいものを優先的に考えると、物件選びはスムーズになるし、日々の暮らしもより楽しむことができる。

2013年 12月06日 10時06分