意外と手間取る洗濯を楽にするポイント

洗濯物を外に干すことは難しい洗濯物を外に干すことは難しい

女性の社会参加への意欲の高まりや、不況による賃金の減少などにより共働きの夫婦は増加している。忙しい日々を過ごす共働き夫婦がマイホームの間取りで気をつけるべきポイントとは。

子供がいると洗濯物を溜めておくことはできない。出勤前の時間や、帰宅後の時間を利用して洗濯機を回し、洗濯が終われば干して、乾いたら取り込むという作業は意外と時間がかかるものである。

まずは洗濯機を置く場所について。洗面所に置く人が多いが、家事の仕方によってはキッチンにあると便利だという人もいるし、洗濯物を干す場所の近くに置くという人もいる。自分にとって最適な場所を選ぶ必要がある。次に洗濯物を干すスペースだが、共働きの場合は洗濯物を常に外に干すことは難しい。全て乾燥機に入れるか、室内干しのスペースを作っておくと干したままで出勤することができる。室内干しスペースの場所は、風呂や洗面所、専用のランドリールーム、2階のホールなどを利用する場合が多い。風呂や洗面所の場合は洗濯物を干す時間が朝夕の利用時間と重ならないように注意する。

洗濯物を取り入れ、畳んで収納する作業を楽にするには収納を工夫すると良い。畳む作業を少しでも減らすために、シャツなどはハンガーのままかけておけるように収納を広めにとっておく。また、家族それぞれに収納場所が分かれていると手間なので、家族に協力してもらうか、家族の衣類をまとめて収納できる大きなウォークインクローゼットを作る。

料理を手早く済ますにはキッチン選びがポイント

料理や後片付けは手早く終わらせたい料理や後片付けは手早く終わらせたい

出勤前の朝ご飯やお弁当づくり、仕事から疲れて帰ってきた後の夕飯づくり。後片付けを含めると、1日のうち少なくとも1時間から2時間くらいは過ごすことになるのがキッチンである。夫婦で協力したり、テイクアウトのおかず類を上手に利用したりすることで多少時間短縮は可能だが、キッチンの選び方にも気をつけたい。

独立型のキッチンは家族の協力が得にくく、他の家事と同時進行で進めにくいので避ける。一方、アイランド型などのオープンなタイプのキッチンは夫婦や親子で一緒にキッチンに立つことができるし、配膳も楽なのでオススメである。お風呂や洗濯機の配置を近くにすると家事を同時進行で進めやすく時間の短縮になる。また、平日に買い物の時間が取りにくいため、買い置きをたくさんしても十分に収納できる冷蔵庫とパントリー(食品庫)があると理想的である。冷蔵庫置き場は大型のものを置いても十分なスペースをとっておく。パントリーは、キッチンの内側かキッチンの近くに配置する。缶詰などの小さいものを収納しやすく取り出しやすい収納を工夫する。

上記に内容を全て実践するとキッチンの面積がとても広くなってしまうので、全体の面積とのバランスを考慮しながら、できる範囲で実践してみよう。

家事以外で気をつけるべきポイント

家事以外で気をつけるべきポイント

家事以外にも、共働きの家族が気をつけるべきポイントがある。ちょっとしたことで日々のストレスを軽減できることもある。

まずは朝の身支度の時間。着替えるスペースには余裕をもって計画しておくと夫婦で同時に出勤する際にも困らない。同じ理由で洗面所も余裕をもって広く計画する。できれば2箇所、あるいは1箇所でも洗面台が2つあると良い。次に帰宅して食事を終えてからの時間。仕事を持ち帰ることがある人は、スタディスペースがオススメだ。仕事の内容にもよるが、書斎として個室にしてしまうよりも、夫婦や親子で一緒に使えるデスクをリビングやダイニングあるいは寝室の一角に計画するとスペースを有効に使うことができる。また、家事をしながら空いた時間に作業をしやすいのもメリットだ。

効率的に良い睡眠を得るためには、寝室にも気を配りたい。夫婦のどちらかが遅く帰宅したり、早く出勤したりする場合は相手の眠りを妨げてしまう可能性がある。従って、夫婦のベッドはダブルベッドよりもシングルベッドを2つ置き、できれば少し離して置けると良い。夫婦の考え方次第だが、別室で寝るという選択肢もある。

夫婦の働き方、子供の人数や年齢によっても工夫するポイントは異なる。自分たち家族にはどんな工夫が効果的か、話し合ってみると良いだろう。

2013年 12月18日 10時11分