家族の介護から、「自宅で暮らせることの大切さ」を実感。福祉×リノベーションを決意

築30年の木造アパートをリノベーションして、1階をデイサービス施設「タガヤセ大蔵」に。様々なイベントを行うなど、地域におけるコミュニケーション拠点としても利用されている築30年の木造アパートをリノベーションして、1階をデイサービス施設「タガヤセ大蔵」に。様々なイベントを行うなど、地域におけるコミュニケーション拠点としても利用されている

東京都世田谷区。小田急線の駅から徒歩20分ほどの場所に、デイサービス施設「タガヤセ大蔵」がある。もともとは築30年の、入居者付けに苦労していたアパートだった。

「6部屋のうち4部屋が空いていました。リフォームしてきれいにしても、駅から徒歩20分、しかも築古ということで住みたいという人はなかなか現れませんでした」と語るのは、オーナーの安藤勝信さん。

転機となったのは安藤さんの祖父の入院だった。
「退院後の介護について相談をしていたケアマネージャーが社会福祉法人大三島育徳会の方で、色々話す機会がありました。一般的には高齢で介護が必要になった時に施設に入ると思いますよね。しかし、施設を歩きながら色々話を聞いている時に、『高齢の人が自宅で自分らしく生きられることが一番大事。福祉には住宅に始まり住宅に終わるという言葉があります』と教えていただいて。あまり介護や福祉について知識がなかったこともあり、その時に、地域と共に高齢者が生きていくことの大切さを知りました。『それなら何か一緒にできることはないだろうか』と彼らに声をかけたのが始まりでした」と、デイサービス施設・タガヤセ大蔵が生まれたきっかけを教えてくれた。

人も土も耕して、“関係性のデザイン”を構築

上/カフェスペースの入口。デイサービスの施設内にカフェを設置するという、地域交流・活性化のための画期的な取り組みと言えるだろう 下/もともとは家族が高齢で耕作放棄しかけた畑。関係者と援農(農業を手伝うこと)しながら維持している上/カフェスペースの入口。デイサービスの施設内にカフェを設置するという、地域交流・活性化のための画期的な取り組みと言えるだろう 下/もともとは家族が高齢で耕作放棄しかけた畑。関係者と援農(農業を手伝うこと)しながら維持している

タガヤセ大蔵は、オーナーである安藤さん、建築家の天野さん(昭和の木造住宅をリノベーションしてつくり上げた街角再生プロジェクト「大森ロッジ」の設計者)、そして大三島育徳会の協働で完成したものだ。ここで注目したいのが、“関係性のデザイン”である。

「ここのデイサービスの特徴は、畑から野菜を収穫し、料理を自分たちでつくること。ですから、建物の中央に大きなキッチンを据えられると利用者の使い勝手がいいのです。施設をつくってから運営者を探すのではなく、先に活用してくれる人を見つけて協働事業を行ったことで、建物の中央に大きなキッチンを据えることができました。もしそうでなければ、キッチンは端に配置したでしょう。協働事業を行った結果、『料理するデイサービスだったのに…』というようなミスマッチが起きずにすみました」

さらに安藤さんが続ける。
「デザインを考えた時に、床をどうするか、壁をどうするかという物理的なデザインも当然ありますが、みんなが思わずやりたくなるような人と人との関係性のデザインも大切だと思っています。畑を耕すように、少し硬くなってしまった人と人の関係性も耕せたら嬉しいですね。
タガヤセ大蔵はデイサービスのほかに、畑での活動、認知症カフェや日々の集いとしてのコミュニティカフェ、日曜日など空いている日のイベント利用の、4つの機能があります」

安藤さんや地域の協力者が中心となり、タガヤセ大蔵では、デイサービス利用者による畑での野菜の収穫、近隣の保育園と畑を使った食育連携、また大蔵の魅力と映画の歴史とともに歩く地域ツーリズム、月1回の認知症カフェの開催、まちづくりをしているNPO団体らとの合同企画イベントなど、様々な活動が行われている。秋には2階に子ども向けアートのアトリエもオープン予定。デイサービス施設にカフェスペースを併設した画期的なプランなど、多くの人が自由に交流できるのがタガヤセ大蔵の特筆すべき特徴だ。

しかし、当初「地域交流の場にしたい」と願い、デイサービス施設内に設けた近隣住民も利用可能なカフェスペースは、世田谷区のチェックをパスできなかったという。スタッフの労働や施設内の設備は本来施設利用者に充てられるものだと考えられているため、一般の人は入ることができないと指摘されたためだ。
「壁と扉を付けて、カフェスペースを独立させるように言われました。しかし、それでは訪れた人と高齢者が気軽に交流することができません。例えば、今カフェスペースにいますが、向こうで高齢者が倒れとしたらすぐに助けに行くことができます。それはボランティアと考えられますよね。来客をボランティアと見なすことで、ようやく世田谷区からの許可がおり、壁はなくなりました」

建築費は生涯コストの約30%。持続的活用のために何が必要か

1階の3部屋の壁を取り払ってつくられたタガヤセ大蔵。無垢の床など温もりのある木がふんだんに使われた空間は、一般的なデイサービス施設にはあまり見られないだろう。

「自分達も関わりたいと思うような、良い意味でゆるい空間を意識しました。一方で、経済性についても考慮しています。私も、この施設を運営する大三島育徳会さんもお互いに投資をして事業を行っているわけですから、必要以上の支出は防がなくてはなりません。素敵な土間空間にしよう、漆喰の壁にしようなどと考えればいくらでもプランは思い浮かびますが、採算以上の投資は行いませんでした」と安藤さん。

福祉施設には多くの手すりがある空間を想像するものの、タガヤセ大蔵にはほとんど見当たらない。
「福祉関係の方は『安全のためには手すりを付ける必要がある』と考えるのが常識のようですが、私にはそうは思えませんでした。手すりの設置費用は私の負担だったので、『必要なところだけにして欲しい』とお願いしました。みんなで利用者の動線や活動について検証を行ったところ、手すりが必要なのは浴室とトイレのみという結果でした」

表面利回りは、賃料収入/建築費で計算される。お互いが長く継続できる投資をすることが大切だ。

「建築費は生涯コストの約30%と言われています。要するに、建築後もたくさんの費用がかかるということです。そうすると、ボランタリーに維持しようと思ってもなかなか難しいでしょう。修繕費を捻出できなければ後々苦労しますし、補助金をあてにしても絶対続かないと思います。タガヤセ大蔵の場合、活用できるスキームを先に見つけて、事業収支をもとに継続可能な家賃とお互いの投資金額を決めました。お互いが長く継続できることが何よりも大切です」

施設を活用できる人を先に見つけて協働作業を行ったことで、お互いに無駄な投資をすることなく“Win-Win”の関係を築くことに</br>成功したタガヤセ大蔵。事前に検証して無駄な手すりを省くなど、建築コストを抑えている。</br>ボランティアスタッフなど多くの人が関わり、様々なイベントが行われているのもタガヤセ大蔵の特徴だ施設を活用できる人を先に見つけて協働作業を行ったことで、お互いに無駄な投資をすることなく“Win-Win”の関係を築くことに
成功したタガヤセ大蔵。事前に検証して無駄な手すりを省くなど、建築コストを抑えている。
ボランティアスタッフなど多くの人が関わり、様々なイベントが行われているのもタガヤセ大蔵の特徴だ

社会にとって良い事と、楽しさのバランス感覚

タガヤセ大蔵のオーナーであり、株式会社アンディート代表取締役の安藤勝信さん(左)と、社会福祉法人大三島育徳会の丸山真吾さん(右)。タガヤセ大蔵は、安藤さんや丸山さん、さらにスタッフや多くの協力者の頑張りのおかげで多くの人が集まる、まさに「地域の寄合所」になっているタガヤセ大蔵のオーナーであり、株式会社アンディート代表取締役の安藤勝信さん(左)と、社会福祉法人大三島育徳会の丸山真吾さん(右)。タガヤセ大蔵は、安藤さんや丸山さん、さらにスタッフや多くの協力者の頑張りのおかげで多くの人が集まる、まさに「地域の寄合所」になっている

地域に開かれたデイサービス施設・タガヤセ大蔵の評判はどうなのだろうか? 大三島育徳会勤務で、タガヤセ大蔵デイの責任者の丸山さんに聞いた。
「扉がクリアなので中が見やすく、オープンで入りやすいという話はよく聞きますね。
カフェみたいな感じで通常の施設っぽくないとも言われます。木の香りも好評です」

「畑に行って収穫するとか、それを皆で調理してご飯として出てくるデイサービス施設というのは、本当に珍しいと思います。収穫する人も楽しいでしょうし、料理をつくる人も獲ってきてくれてありがとうと、気持ちを込めてつくっています」

タガヤセ大蔵で働くようになってから、丸山さんにも変化があったそうだ。
「ここは開かれた場所ということもあり、地域での活動や社会的なことにも興味がわいてきました。砧地域ご近所フォーラムのメンバーになったり、介護サービスネットワークなどの活動にも参加したりするようになりました」
タガヤセ大蔵にはボランティアの方が多いというのも丸山さんの実感だ。
「開かれているデイサービス施設を目指すには、日々たくさんの方に関わっていただくことがとても大切だと思います。そんな楽しいデイサービスが増えたら素敵ではないでしょうか」

高齢化が進む日本では、地域住民に対する医療・介護・福祉などのサービスを、関係者が連携して一体的・愛敬的に提供する「地域包括システム」の構築が急務となっている。介護保険財政のひっぱくが予想されるなか、地域に住む人たち同士での助け合いやボランティアなどの「互助」が有効で、タガヤセ大蔵はひとつの理想像と言えるだろう。

賃貸オーナーとして事業を行う安藤さんの夢を聞いてみた。
「正しい事も大切ですが、地域の中で関係を生かし合える楽しい事を増やしていきたいです。それは地域の価値としてきっと循環していくと思いますから」

所有する一番古い物件では、面白い取り組みを始めるようだ。
「立ち退きの関係で2階が空いており、そこに女性の方が期間限定で入居するのですが、私は部屋に一切投資しない代わりにセルフリノベーションしてもらい、契約を金銭ではなく、地域通貨でやろうと考えています。例えば彼女はマイナス●ホームズ、私はプラス●ホームズというように勝手に通貨単位をつくり、彼女がこのエリアで何をするかが私の対価になるのです。何をするかにルールはありません」

これから超高齢化社会に突き進む日本。築古アパートをリノベーションしたタガヤセ大蔵が、高齢者福祉は当然のことながら、コミュニティのハブになることによる地域活性化、農地の有効活用など様々な面に役立っているのは言うまでもないだろう。行政との協力なども含め、今ある資源を上手に使い、社会に還元することができれば、素晴らしいのではないだろうか。

■タガヤセ大蔵
http://www.oomishima.jp/publics/index/264/

2016年 08月24日 11時08分