平安時代に生まれた現代の障子

障子のある部屋は、情趣があるとして好まれる障子のある部屋は、情趣があるとして好まれる

中国の文化から大きな影響を受けてきた我が国だが、障子は日本固有の建具の一つ。「障子」という言葉だけは輸入されたものだが、中国語においては生垣を意味し、私たちが想像するものとはまったく別物なのだ。奈良時代の日本においても「障(さえぎる)」「子(もの)」という名の通り、襖や戸、衝立など障屏具の総称であった。
障子という言葉は源氏物語などにも登場するが、現代の障子が生まれたのは平安時代後期とされ、その頃に書かれた中山忠親の日記である『山槐記』には、安徳天皇(当時の呼び名は言仁)が祖父である平清盛に抱かれながら障子に穴を開けたところ、清盛が「この障子を大切に蔵にしまっておきなさい」と命じたエピソードが残されている。

多く用いられるようになったのは、和紙の生産量が増加した南北朝時代である。薄い紙が貼ってあるだけなので、閉めても外の光が漏れ通ってくることから「明障子」と呼ばれた。
一方襖は「衾(ふすま)障子」と呼ばれていたが、「衾」は「臥す間」から来ており、寝具を意味する言葉。寝所を仕切るために使われていたとされる。その後、襖障子は端的に「襖」と呼ばれるようになり、明障子も「障子」と呼ばれるようになった。
障子に使われる紙は薄くて丈夫な美濃和紙が主流だが、書院造の普及とともに障子が一般化されたことから、障子紙を別名「書院紙」とも呼ぶ。

季節や用途に応じた障子の種類

日本家屋ならではの建具として愛された障子には、TPOにより、さまざまな種類が存在する。たとえば、雪見障子、書院障子、柳障子、夏障子は、使われる場所や季節に特徴づけられるものだ。
「雪見障子」は組子の一部分がなく、大きなガラスがはめ込まれており、家の中から雪を眺めることができる。「書院障子」は単純な格子形の組子ではなく、繊細な彫刻や意匠が施されているものを言い、主に書院造の部屋に設けられる。組子が縦長の形をしているものは「柳障子」と呼び、関西では好まれた。そして「夏障子」は和紙の代わりに簾を嵌めこんだもので、「葭障子」とも。日差しを遮りながら風通しも良く、夏向けの障子だ。
また、開閉方式によって、鴨居と床の間に嵌め込み左右に引いて開閉する「引障子」、観音開きで開く「開障子」、壁にきっちり嵌め込まれて開閉できない「嵌込障子」、左右に渡された桟に嵌め込まれ、上下にひいて開閉する「摺上障子」がある。
このように、実に種類豊富なのは、障子が日本人に深く愛されてきたからだろう。

組子の模様が美しい書院障子組子の模様が美しい書院障子

障子の張り替え方

障子の張替えは、難しいという印象をもつ方も多いかもしれないが、最近では便利な道具も発売されており、簡単に張替えができるようになった障子の張替えは、難しいという印象をもつ方も多いかもしれないが、最近では便利な道具も発売されており、簡単に張替えができるようになった

ガラス戸の登場と共に数を減らしてきた障子だが、近年になって、情趣が増すとして見直されてきている。しかし紙でできているため、破れや、紫外線や埃による変色は避けられず、定期的な張り替えが必要だ。それではどのようにすれば上手に張り替えができるのだろうか。

まず、障子の張り替えに必要な道具としては、基本的には障子紙、はけ、糊、水、カッター、スポンジ、新聞紙、クリップの8種類あれば良い。
古い障子紙の上からハケを使い、桟を水でたっぷり濡らして、数分放置する。その後下からゆっくりとはがしていくと、綺麗にはがれるから、桟に残った紙や水をスポンジで綺麗に拭き取ろう。次に、広げた新聞紙の上に障子を乗せ、サイズに合わせて、カッターで障子紙を切る。この時、クリップなどで仮止めしておくと作業がしやすい。その後、障子紙は一旦はずしておき、桟の上に糊を塗り付けていく。この時に、糊の付け忘れがあるとそこだけ障子紙が浮いてしまうので、漏れがないかしっかりチェックしよう。
そしていよいよ障子紙をセットする。左か右の桟に紙をきっちりと合せて、しっかり手で押さえ、転がすように一気に張り広げると皺になりにくい。張り終えたら障子紙が桟からはみ出ていないかチェックし、カッターで始末する。後は乾かせば完成だ。糊が乾けば紙の皺もピンと伸びるだろう。

近年では便利な道具も増えてきており、障子紙はがし剤や、障子用の両面テープもあるから、簡単に障子の張り替えができるようになった。「不器用だから障子の張り替えは無理」と敬遠している人も、チャレンジしてみてはいかがだろう。

さらに進化する障子の種類とは?

和室に特徴的な建具として愛されてきた障子だが、最近では洋室に合わせることも少なくない。たとえば、外へ通じる開口部にガラス戸と障子を二重にセットすれば、時と場合に応じて障子にしたり、ガラス戸にしたりして、和と洋双方の雰囲気を楽しめる。

また、障子紙にもさまざまな工夫がほどこされている。たとえば、紫外線カット効果を加えた製品は、夏に活躍するだろう。ポリエステルフィルムに和紙を貼り合わせた多層構造で、通気性を確保しながら、指を差したぐらいでは破れない丈夫さのものもある。
色つきの障子紙はもちろん、透かし模様が入ったもの、花や景色が描かれたものなど、採光性とデザイン性を兼ね備えた紙を使えば、部屋のインテリアにもなるだろう。
障子自身にも従来にはなかった形が生まれてきている。組子の形も縦長や横長だけではなく、さまざまなバリエーションがあり、デザイン性に優れた商品も多い。

日本独特ながら、時代により多方面への進化を遂げた障子。部屋の模様替えあるいは引っ越しの際、和の情趣を取り入れたいなら、障子を取り入れてみてはいかがだろう。

2015年 08月15日 11時00分