時代の変遷を乗り越え、持ち主や使い道を変えながら今に残った建築群

出町柳から下鴨神社に向かう参道。左手の長い塀が「旧三井家下鴨別邸」。緑豊かな木々の向こうに主屋の望楼が見える出町柳から下鴨神社に向かう参道。左手の長い塀が「旧三井家下鴨別邸」。緑豊かな木々の向こうに主屋の望楼が見える

京都・下鴨神社に向かう参道沿いの塀の奥に、望楼を載せた瓦屋根が覗く。「旧三井家下鴨別邸」。入り口は鳥居のすぐ手前だ。2011年に国の重要文化財に指定され、5年にわたる改修を経て、2016年秋から公開されている。豪商・三井家が建てた屋敷で、敷地内には、江戸・明治・大正それぞれの時代の特徴を備えた3棟の和風建築が保存されている。京都市文化市民局で文化財保護技師を務める石川祐一博士は「戦後に解体されたものが多い財閥の邸宅が残っていること自体が、とても貴重といえます」と語る。

この別邸は、三井家の祖霊を祀る「顕名霊社(あきなれいしゃ)」に付属する休憩所として、1925年(大正14年)に整備された。3棟のうち「主屋」は、木屋町三条上ルから移築された建物で、最初の建設は1880年(明治13年)に遡る。移築したときに建て増しした部分が「玄関棟」だ。さらに、三井家がこの土地を購入するより前から存在した「茶室」が残されており、改修時の調査によって、江戸時代末期の建築と推定されている。

三井家には本家と連家合わせて11家あり、この家は11家共有の別邸として、三井北家(総領家)の10代目・高棟(たかみね)がつくった。三井家は明治初めに事業の中枢を京都から東京に移しており、歴代の法事のたびに京都に戻って顕名霊社に参拝するため、休憩所が必要になったわけだ。主屋はもともと8代目高福(たかよし)が京都で過ごすための隠居所で、9代目高朗(たかあき)が使ったあとは空き家になっていた。

戦後の財閥解体によって、顕名霊社と下鴨別邸を含む広大な土地は国有となり、社殿のほうは取り壊された。神社があった場所には今、京都家庭裁判所が建っている。解体された社殿の一部は高棟夫人ゆかりの福井・佐佳枝廼社(さかえのやしろ)に、神社の門は平安女学院有栖館に移築され、今に伝えられているという。

別邸のほうは、1951年から2007年まで、裁判所長の宿舎として使われた。その後、公売にかけられそうになる危機もあったそうだが、建物の価値が認められて保存が決まり、建物と塀・敷地の全体が重要文化財に指定された。

望楼を戴く主屋は、眺望重視でつくられた明治初期の和風建築

主屋の最大の特徴は、「眺望を楽しむこと」を主眼につくられている点にある。望楼を設けていることはもちろん、1階も2階も座敷の前にはガラス入り障子が用いられ、縁側は建具のない素通しの外縁になっている。「移築前、座敷は鴨川に面しており、遠く東山まで眺めることができたでしょう」と前出の石川さん。「この地に移すにあたっては、建物の向きを変え、庭を眺める配置にしています。当時は鴨川まで見通せたのではないでしょうか」。

「明治初期の和風建築は質実剛健で、あまり装飾的でないのが特徴です。しかもこの建物は隠居所ですから、派手につくられてはいません。けれども、例えば1階座敷の雪見障子には、かなり大きなガラスがはめ込まれている。これも景色を楽しむためでしょうが、明治時代、これほど大きなガラスは相当に高価だったはずです。華やかさはなくても、お金をかけるべきところには、しっかりかけているんですね」(石川さん)。

いかにも京都の町中に建っていた住宅らしく、主屋は奥行きに対して間口が狭い。木屋町時代の玄関は大勢が出入りするのに向かないので、休憩所として使うために増築したのが玄関棟だ。武家屋敷に由来する書院造りだが、床には絨毯を敷き、椅子とテーブルを置いて洋風に使っていたという。広間にはやはり庭に面して、腰高の大きな窓が設けられている。

左上/庭側から見た外観。左の平屋が大正時代の玄関棟、右が明治時代の主屋 右上/主屋1階の座敷。障子は明治の建設時のものと見られ、ガラス越しの風景は微かにゆらいで見える。これほど大きなガラスは当時では希少だったはず 左下/主屋2階の座敷。こちらの障子は復元だが、やはり眺望重視で大きなガラス面が特徴 右下/玄関棟の広間。「長押の上に柱のない蟻壁(ありかべ)を回すのは、書院造りの特徴のひとつです。天井は正方形の格子を組んだ格天井(ごうてんじょう)」と石川さん。絨毯の色は古い切れ端を元に再現している左上/庭側から見た外観。左の平屋が大正時代の玄関棟、右が明治時代の主屋 右上/主屋1階の座敷。障子は明治の建設時のものと見られ、ガラス越しの風景は微かにゆらいで見える。これほど大きなガラスは当時では希少だったはず 左下/主屋2階の座敷。こちらの障子は復元だが、やはり眺望重視で大きなガラス面が特徴 右下/玄関棟の広間。「長押の上に柱のない蟻壁(ありかべ)を回すのは、書院造りの特徴のひとつです。天井は正方形の格子を組んだ格天井(ごうてんじょう)」と石川さん。絨毯の色は古い切れ端を元に再現している

主屋の大正時代の増築部には、時代による差異が現れる

左上/大正時代に増築された階段。折り返しで勾配も比較的緩やかになっている。移築後は主にこの階段を使っていたらしい 右上/2階トイレ。和式の便器を洋式に使えるように工夫している。壁の上に見える木枠のところにはタンクがあったと思われ、水洗だったことが分かる 左下/ヒノキの浴室。屋外の焚き口から浴槽内の釜を熱してお湯を沸かしていたらしい。釜の上に板を被せて腰掛けられるようになっている 右下/1階洗面室の窓は中国風のデザイン。和洋中の意匠が入り交じっている
左上/大正時代に増築された階段。折り返しで勾配も比較的緩やかになっている。移築後は主にこの階段を使っていたらしい 右上/2階トイレ。和式の便器を洋式に使えるように工夫している。壁の上に見える木枠のところにはタンクがあったと思われ、水洗だったことが分かる 左下/ヒノキの浴室。屋外の焚き口から浴槽内の釜を熱してお湯を沸かしていたらしい。釜の上に板を被せて腰掛けられるようになっている 右下/1階洗面室の窓は中国風のデザイン。和洋中の意匠が入り交じっている

主屋には、玄関棟の反対側にも増築部がある。折り返し階段と、浴室、トイレ、洗面室だ。

「主屋には、性格の異なる3つの階段があります。ひとつは木屋町時代に主人や客人が使っていた表階段。日本建築本来の階段なので一直線です。もうひとつは使用人が使っていた裏階段。襖に隠れていて、狭くて急な階段です。3つ目の大正時代の増築である折り返し階段は、日本の伝統建築にはないもので、手すりも洋風の意匠を採り入れています」。

トイレは2階にもあり、しかも水洗で洋式に使えるよう工夫してある。「大正時代のトイレとしては、かなり先進的ではないでしょうか」。

1階の角に張り出したヒノキの浴室は、ほとんど使われた形跡がなく、良好な状態で残っている。「増築されたときは住宅ではなく休憩所だったわけですから、ほとんど宿泊はしなかったでしょうし、裁判所長宿舎時代には、もっと近代的な浴室を別につくっています。大正時代の浴室がほぼそのまま残っている点で、とても貴重な事例といえます」。

抹茶と煎茶、それぞれに対応した性格の異なる2つの茶室

3棟中最古の茶室は、誰がつくったのか分かっていない。建築年代も不明だったが、今回の修理中に天井裏から「慶応4年」と書かれた祈禱札が発見された。
「慶応4年とは明治元年、1868年ですね。この年にはすでに存在していたことが確認できたわけです。部材の古さから推して、江戸時代末期に建てられたと考えられます」

ひとつの建物内に2種類の茶室があり、庭に面した部分が二間続きの広間、裏手に一畳台目の小間が配されている。

「一畳台目は茶室としての極小空間です。ここには、体を屈めて入るにじり口と、立ったまま出入りできる貴人口(きにんぐち)の両方が設けられています。また、床板には大きな節が2つ。ふつう節のある板は床の間には使いませんが、ここではこの節が面白いからと、あえて選んだのでしょう」。

4畳半の座敷に3畳の次の間を設けた広間は、二方向が庭に面した開放的な空間だ。侘びた茶の湯のイメージからはかけ離れている。
「この茶室は、抹茶ではなく煎茶のためにつくられたと考えられます」と石川さん。「江戸後期から明治期にかけて、抹茶より煎茶が流行した時期がありました。抹茶と違って煎茶では、庭の眺めや池の水音を楽しみます。床の間も大きく、道具を飾って披露する場に使います」。

三井家の時代には、この茶室は家宝の陳列空間として使われ、茶席は主屋1階に設けられたらしい。裁判所長宿舎に変わってからは、ほとんど利用されないまま放置され、老朽化が進んでいた。改修は屋根と壁を解体していったん骨組みに戻し、補修して屋根を架け直す大工事になったそうだ。壁は崩した壁土を再利用して塗り直している。

左上/庭から見た茶室 右上/一畳台目の茶室。左ににじり口、正面に貴人口、右に床の間がある 下2点/煎茶用と思われる広間。大きな床の間が特徴だ。次の間には梅鉢型窓と円窓がある。「どちらかというと中国風で、煎茶で好まれる意匠です」左上/庭から見た茶室 右上/一畳台目の茶室。左ににじり口、正面に貴人口、右に床の間がある 下2点/煎茶用と思われる広間。大きな床の間が特徴だ。次の間には梅鉢型窓と円窓がある。「どちらかというと中国風で、煎茶で好まれる意匠です」

真行草になぞらえた3棟を眺める苔庭。池の水は糺(ただす)の森から流れくる

広大な庭は、改修直前は荒れ果てていたが、幸い大正時代の図面や昭和初期の写真が残っており、復元の資料とすることができた。

「近代的な庭と伝統的な茶庭を両方採り入れてアレンジしている点が特徴です。茶人・藪内節庵が作庭を監修しているので、藪内家の好みが反映されているのかもしれませんね」。
主屋から眺めると、目の前に苔地が広がり、その向こうに石橋を架けたひょうたん型の池がある。奥の築山は芝だ。

「池の水は下鴨神社の糺の森を流れる泉川から引いています。昔の土管は壊れていたので、今回の改修で同じ位置に新しく塩ビ管を入れました」。

庭には園路が巡り、見学者も散策を楽しむことができる。庭から見る建物の姿も見どころだ。
「ふつう、和風住宅では外観はさほど重視されません。けれども、ここでは建物も庭の一部として、3棟が並んだときに美しく見えるよう、周到に配置したと思われます。書や茶の湯に真・行・草という格式がありますが、これを別邸の建築にあてはめれば、庭から見ていちばん左の玄関棟が真、主屋が行、茶室が草といえるでしょう」。


現在、「旧三井家下鴨別邸」は京都市が管理し、京都市観光協会・賀茂御祖神社(下鴨神社)・曽根造園・三井不動産レジデンシャルサービス関西の4社によるコンソーシアムが運営を担っている。観光施設としての一般公開に加え、能楽講座などイベントの開催や、お茶会や会合の場としての貸し出しも行う。ただ見るだけでなく、使って体験できる歴史的建造物として、次の世代への継承を目指す。

旧三井家下鴨別邸 https://ja.kyoto.travel/tourism/article/mitsuike/

建物の南側に広がる庭。大小の樹木の間を縫うように園路が巡る。池にはつがいのカモが毎日のように遊びに来るそうだ建物の南側に広がる庭。大小の樹木の間を縫うように園路が巡る。池にはつがいのカモが毎日のように遊びに来るそうだ

2019年 07月11日 11時05分