ワンストップサービスで中古リノベーションの普及促進

「Beat HOUSE」では、不動産売買からインテリアデザイン、ファイナンスまでトータルにお任せできるワンストップサービスが実現する。まるでカフェを思わせるキッチンなど、感動レベルのリノベーションが行われている「Beat HOUSE」では、不動産売買からインテリアデザイン、ファイナンスまでトータルにお任せできるワンストップサービスが実現する。まるでカフェを思わせるキッチンなど、感動レベルのリノベーションが行われている

人気を集めるリノベーションだが、実際に中古マンションを購入してリノベーションを行うとなると、不動産会社、工務店など複数企業に窓口が存在し、購入者としては複雑なやりとりをしなければならない。

そこで登場したのが「不動産売買→デザイン→リノベーション→インテリア→ファイナンス」までをワンストップで行うサービスだ。

2013年に誕生した中古物件のリノベーションサービス「Beat HOUSE(ビートハウス)」は、どんな部屋に住みたいのか、そこから逆算し不動産を探し、デザイン・リノベーションはもちろんのこと、インテリアの細部までをコーディネート。さらにローンの組み立てなどファイナンスの面倒までをみてもらえるワンストップソリューションだ。

しかし、「Beat HOUSE」が狙うのは単にリノベーションにかける購入者の手間暇を削減することだけではない。感動的なワクワクする住まいを提供することだという。果たしてワクワクする物件とはどのようなものなのだろうか? 「Beat HOUSE」を展開する株式会社和久環組にお話をうかがった。

日本の住まいはワクワクできない!?

株式会社和久環組 代表取締役 鎌田友和氏。こちら横浜にあるオフィスももちろん自社によるリノベーション案件だ。カフェのようなインテリアで、同社でセレクトしたこだわりのインテリア雑貨なども購入できる株式会社和久環組 代表取締役 鎌田友和氏。こちら横浜にあるオフィスももちろん自社によるリノベーション案件だ。カフェのようなインテリアで、同社でセレクトしたこだわりのインテリア雑貨なども購入できる

「なぜ、『Beat HOUSE』を立ち上げたか? 単に不動産の業界でワクワクすることを追求していたら、この中古物件リノベーションのワンストップソリューションに行き着きました」と語るのは、2年前にこの新規事業形態を立ち上げた株式会社和久環組 代表取締役 鎌田友和氏だ。

人生のテーマが“ワクワクすること”だという鎌田氏は、不動産業界を経験していたことから住宅産業でもっとワクワクできることはないか?を追求したという。その結果見えてきたのが、中古物件の流通促進であり、リノベーションであったという。

「日本における“衣・食・住”を見たときに“住”ほど不自由なものはないと感じていました。賃貸であればまさに自由が利かず文字通りの不自由さを味わい、購買物件であっても画一的な部屋を選ぶことに。新築物件であれば大金を支払っているにもかかわらず、住まいに個性をなかなか出すこともできない。日本の住まいは貧しい。ワクワクがない。そう思っていました。
何がいけないかを考えてみると、新築物件からの脱却が日本はできていないんですね。中古物件を自分なりにリノベーションしたい。そうしたニーズがあっても企業側としては中古は儲からないからと力を入れられない。それならば中古物件を扱う魅力のある収益モデルを考えようと行き着いたのがワンストップソリューションの形式でした」

不動産、デザイン、リノベーション、など一つひとつの工程を別々の事業者がおこなっていたのではとてもビジネスモデルとして成り立たない。この工程すべてを自社で行うことにより利益を産める体制となり、お客様にとってもスピード、コストの点などで数多くのメリットを提供できるという。

「中古物件を購入してリノベーションを行う場合、①新築より安く買える、②流通量が新築より多く選択肢が豊富、③自分らしいリノベーションが行える、といったメリットがそもそもあります。ここに我々のサービスはさらに“感動”をプラスしています」

個性のある部屋が新築の2/3程度の費用で実現

施工事例、A:Before、B、C:After写真。床には天然無垢材の「杉」を使用。ガラスブロックを使用し、リビングの陽当りをベッドルームでも享受できるように工夫されている施工事例、A:Before、B、C:After写真。床には天然無垢材の「杉」を使用。ガラスブロックを使用し、リビングの陽当りをベッドルームでも享受できるように工夫されている

「Beat HOUSE」はどういった部分が特徴的なのか? まずは、スムーズな不動産購入を促すワンストップソリューションが特徴だ。

「不動産業界というのはスピードの世界です。よさそうな物件があったとしても、リノベーション的に自分たちが望んでいる改修に適している物件か、通常のルートで工務店などに問い合わせていると時間がかかり過ぎます。当社ではそうした不動産の購入と建築部門の連携が即座にできるので、よい物件も逃さず的確に購入するサポートが行えます」

この不動産購入の部分だけでなく、すべての工程が1社で行われるため、全体的にスケジュールも短くなる。物件を見つけたら、ほとんどの顧客が2ヵ月半~3ヵ月の間にリノベーションを済ませて入居しているという。

また、不動産の購入はなかなか素人では判断がつかないところだが、同社では不動産部門のプロが介在してくれるのも安心材料の1つだ。

そして、同社の魅力は徹底的に顧客の要望に合わせた個性的な部屋を作りあげるデザイン力とコーディネート力だ。インテリアデザインまでを見通してのリノベーションプランになるため、いざ入居後のインテリアと室内のミスマッチという事態を防げる。

一から全て顧客オリジナルでリノベーションデザインを行うこともできるし、顧客がイメージしやすいようにある程度テイストを絞ったパターンからカスタマイズしていく方法もある。このセミオーダーの形式は「7-feel」という商品で、例えば海辺の家をイメージした「BEACH」、北欧の家をイメージする「NORDIC」など7つのテイストを最初の足掛かりにカスタマイズをしていく。

しかも室内に使う素材や小物一つにとっても、“本物を探し、提供する”ことを信条としており、細かいことでも相談にのってくれるという。

気になる費用だが、同じような広さ・立地の新築物件と比較し、全体として2/3程度の費用に収まるという。

ワンストップソリューションの全国展開もスタート

かわいらしい「ワクワクの森」のロゴ。こうした社会還元型の活動も行いながら、同社では「リノベ不動産」のノウハウを全国展開へ。現在相互助成を目指したチェーンVC(ボランタリーチェーン)加盟は40社になるかわいらしい「ワクワクの森」のロゴ。こうした社会還元型の活動も行いながら、同社では「リノベ不動産」のノウハウを全国展開へ。現在相互助成を目指したチェーンVC(ボランタリーチェーン)加盟は40社になる

すでに現在、同社の本社がある神奈川エリアでは数多くの中古リノベーション事例を輩出しているが、今後は全国展開を行っていくという。

「社会課題となっている既存住宅の流通やお客様にワクワクしてもらうことを考えたら、私たちのこれまでの経験、ノウハウを自社で握っているわけにはいきません。全国の工務店や様々なところと提携して我々のワンストップサービスやノウハウを全国展開していきます」

同社では、これまで横浜を中心とした「Beat HOUSE」ブランドを展開していたが、そのビジネスモデル、ノウハウを引き継ぐ全国展開ブランドとして「リノベ不動産」を立ち上げている。また、5月18日にはグリーの子会社「セカイエ」と提携。6月1日からは、両者の強みを生かしての全国規模での中古リノベーションのワンストップサービスを展開していく。

さらに、同社では神奈川県が行う森林再生事業へ参加協力し、「未来につなぐ森づくりを進めるため」県との覚書を締結し、森林再生パートナーとして、森林整備費用の寄付も行っている。同社の寄付で再生が進められる森林は、その名も「ワクワクの森」だという。

ライフスタイルの提案も楽しめる

毎月第三日曜日に定期開催されている「横濱・地元野菜マルシェ」。こうしたイベントで豊かなライフスタイルの提案を行っている毎月第三日曜日に定期開催されている「横濱・地元野菜マルシェ」。こうしたイベントで豊かなライフスタイルの提案を行っている

「ワクワクの創造」を企業理念に掲げる同社。取材前にはワクワクって具体的にはどういうこと? と思っていたが、インテリア雑貨のギャラリーとも思える同社のオフィスにうかがい、鎌田氏の熱意あるお話を聞いていると、とにかく「ワクワクできるんだな」と妙に納得してしまった。

「我々の本当の目的は事業を行うことではありません。お客様にワクワクしていただくことが目的、そしてそれを循環させて社会に良い環(わ)をつくっていきたい。そういう意味では当社の人事評価制度も変わっています。失敗した事例を表彰していますから。やらされ仕事をしているからポテンシャルがなくなるんです。当社のスタッフは自らワクワクできることを探して、そしてお客様へ提供しています」

同社の横浜のオフィスでは、単に見込み客に向けたイベントではなく、地域に開かれた本物を提供するイベントとして「横濱・地元野菜マルシェ」や「コーヒーのオリジナルブレンド作り」などを定期的に開催している。

住まいに限定せず、こうした暮らしそのものを大切にしている方々に自分の住まいをコーディネートしてもらえたらなんて素敵だろう。思わずそんなことを考えてしまう取材だった。

2015年 06月09日 11時06分