お釈迦さまの誕生日といわれている4月8日

4月8日は各地のお寺で花祭りが行われる4月8日は各地のお寺で花祭りが行われる

何かをつくるのに失敗したときや壊れてしまった時など「お釈迦になる」と表現することがある。
これは江戸の鋳物師の隠語で、一説には、「火が強かったから失敗した」と言うはずが、「ひ」が「し」になる江戸っ子なまりで「しがつよかった」になり、「四月八日(しがつようか)」に通じるから、「お釈迦になる」とシャレたのだという。何故、釈迦の表現を使ったのかというと「しがつようか=4月8日」はお釈迦さまの誕生日とされているからだ。

しかし、お釈迦さまがいつ生まれたのか、明確に記録した資料はないようだ。
お釈迦さまが生まれた年でさえ、紀元前11世紀から紀元前4世紀の広い範囲で諸説あるほどで、誕生の日は伝統的にそう信じられてきた日であるとしか言いようがない。たとえばユーラシア大陸の中央から東部にかけた地域で信仰されてきた大乗仏教(北伝仏教)では、中国暦の4月8日であると伝えられており、スリランカやミャンマー、タイなどに伝わった小乗仏教(上座部仏教)では、インド太陽太陰暦の2月15日をお釈迦さまの誕生日としている。

インド太陽太陰暦の2月15日はウェーサーカ祭りと呼ばれる仏教の大切なお祭りで、ウェーサーカは「第二の満月」の意味。お釈迦さまが生まれたのも、悟りを開いたのも、涅槃に入定した(死去した)のも、この日だと信じられており、タイやインド、ネパール、カンボジアなど小乗仏教の国では、盛大な祭りが行われる。国際連合の「国際的に認知されるべき祝祭」としても認定されており、国際的なイベントが開催されることもあるようだ。

中国暦の4月8日はどうかというと、現在の中国ではあまり大きな祭事ではないが、5世紀の『洛陽伽藍記』に記載されている内容には、釈迦像を神輿に載せて行列を作り、町中を練り歩いたことが記されているという。

日本における灌仏会とそのほかのお祭り

京都雨宝院の花まつり京都雨宝院の花まつり

日本では大乗仏教が主流だから、4月8日をお釈迦さまの誕生日とし、灌仏会(かんぶつえ)を開く寺院が多い。
別名は「降誕会(ごうたんえ)」や「仏生会(ぶっしょうえ)」「浴仏会(よくぶつえ)」「龍華会(りゅうげえ)」。桜の花の開くころと重なることから「花祭り」「花会式(はなえしき)」と呼ぶこともあり、寺院の入口にポスターが貼られているのを目にしたことがある人も、少なくないだろう。
ただし、お釈迦さまの生まれたルンビニ園に花が咲き乱れていることに由来して「花祭り」や「花会式」と呼ぶようになったとする説もあるから、「花」が桜を意味するとは限らない。灌仏会は大乗仏教系の寺院で行われ、参詣者は自由に参加できることが多いが、日蓮正宗など、お釈迦さまを本仏としない宗派では開かれない。

日本で灌仏会が最初に行われたのは、推古天皇14(606)年のこと。
『日本書紀』には、この年の4月8日に、銅と繍(ぬいもの)の丈六(1丈6尺、約4.85m)の仏像がそれぞれ完成したことや、この日に開かれた斎会に、数えきれないほどの人が参集したことが記録されている。また、飛鳥寺の金堂に仏像を安置しようとしたが、戸よりも大きかったため戸を壊して入れようとしたところ、鞍作鳥(くらつくりのとり)が工夫をしてどこも壊さずに安置したともある。
鞍作鳥の仏像はアルカイックスマイルと呼ばれる微笑を特徴とし、法隆寺の釈迦三尊像も彼の作品。飛鳥寺での灌仏会は、腕の良い仏師に2体もの仏像を作らせるほど、重要な祭りとして始まったのだろう。丈六は仏像の高さとしては一般的で、繍の仏像とは曼荼羅などの布に刺繍された仏像を指すようだ。
ちなみに盂蘭盆会が始まったとされるのも同じ年だから、この時代に仏教の祭事が日本に定着したと思われる。

ウェーサーカ祭りを開催する小乗系の寺院もあり、「ウェーサーカ」が転訛して「ウエサク」あるいは「ウエサカ」と呼ばれることも。有名なのは鞍馬寺で5月の満月の夜に開催される「五月満月祭」の秘儀、「ウエサク祭」だろう。古来天から強いエネルギーが降り注ぐと信じられてきたこの日、満月に清水を捧げ、すべての目覚めと平安のために祈られている。

灌仏会と甘茶

お釈迦さま誕生の際、九頭の龍が天から清らかな水を降り注いで産湯としたとする伝説から、日本の灌仏会では、右手を天に向け、左手を地に向けている釈迦像に甘茶を掛けて祝うならわしがある。

「灌仏桶」と呼ばれる浅い器に甘茶を満たしてあるので、参詣者は柄杓で甘茶をすくい、真ん中に安置された釈迦像に掛ける。この像が何故右手を天に向け、左手を地に向けているというと、お釈迦さまは母親の摩耶夫人の脇から生まれ、そのすぐ後に七歩進んで、「天上天下唯我独尊」と、天と地を指して唱えたという伝説による。
この言葉は、「この世界で我ただ一人が尊い」という意味であるが、「お釈迦さまが俗界で苦しむ人々を救うために誕生したから尊いのだ」と説明されることもあり、「この世の人はすべてただ一人の人だから、すべて等しく尊い」と解釈することもあるようだ。

大きな寺院では、参詣者に甘茶が振る舞われることも多く、このお茶をつけて赤ちゃんの頭を撫でると丈夫に育つと信じられている。また、このお茶で墨をすって習字をすると字が上達するほか、白い紙に「千早振る卯月八日は吉日よ 神下げ虫を成敗ぞする」と書き、逆向けにして柱に貼ると、害虫除けになるとも信じられているようだ。

甘茶とはユキノシタ科の落葉低木落葉性の低木アジサイの変種の若い葉っぱを蒸してからもみ、乾燥させたものを煎じて飲む。甘味成分のフィロズルチンとイソフィロズルチンを含有しており、ショ糖の400倍以上の甘さがあるとか。ただしあまり濃い甘茶を飲むと中毒を起こすので、厚生労働省は2~3グラムの甘茶葉につき1リットルの水で煮出すことを推奨している。

もう少しすれば水も空気も暖かくなり、外出に最適な季節となる。4月8日に花見をするなら、そばの寺院にも足を延ばして参詣し、灌仏会に参加してみてはいかがだろうか。

厚生労働省のサイト
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000082119.html

お釈迦さまは母親の摩耶夫人の脇から生まれ、そのすぐ後に七歩進んで、「天上天下唯我独尊」と、天と地を指して唱えたというお釈迦さまは母親の摩耶夫人の脇から生まれ、そのすぐ後に七歩進んで、「天上天下唯我独尊」と、天と地を指して唱えたという

2018年 03月21日 11時00分