花王、ライオン、資生堂ができた

花王の石鹸工場の様子 『日本地理風俗体系 大東京篇』(新光社)より花王の石鹸工場の様子 『日本地理風俗体系 大東京篇』(新光社)より

隅田川沿いの別荘地であった墨田区も、明治時代には工場地帯に変わっていく。1892年には、精工舎が本所石原町で掛け時計の生産を開始。同じ92年には本所緑町に石鹸工場の芳誠舎(後の玉の肌石鹸)ができている。1911年にはミツワ石鹸の製造販売も開始。

ライオンは、埼玉県与野出身の小林富次郎が向島小梅の石鹸製造業会社の職工となり、1891年、本所小泉町で石鹸製造業を営んでいた甥の小林与助の工場の一隅を借りて小林富次郎商店を開いた。1896年「獅子印ライオン歯磨き」を発売、富次郎の死後は、養子の徳治郎が1910年、向島須崎に合資会社ライオン石鹸工場を設立した。

花王石鹸は1896年、まず向島須崎に工場をつくり、ついで1903年、本所の吾嬬村に新工場を建設。22年に吾嬬村小村井にさらに新工場を設立し、吾嬬村工場を吸収した。
また1907年にはミヨシ石鹸の前身の三木石鹸工場が吾嬬村に設立するなど墨田区には石鹸工場が集まった。

カネボウの誕生

1908年 花王石鹸のポスター。赤坂の芸妓・萬龍を起用。日露戦争の際に、出征兵士のために慰問用絵葉書で大人気を博し、1908年に『文芸倶楽部』誌の「日本百美人」投票で一位になった。『花王石鹸八十年史』より1908年 花王石鹸のポスター。赤坂の芸妓・萬龍を起用。日露戦争の際に、出征兵士のために慰問用絵葉書で大人気を博し、1908年に『文芸倶楽部』誌の「日本百美人」投票で一位になった。『花王石鹸八十年史』より

石鹸工場は1902年には日本全体で175あったが、うち東京都が46、大阪府が33であり、非常に大都市集中の業種であった。石鹸や歯磨きを使う生活は当時はまだ大都市の中流以上の階級だけの新しいライフスタイルだったからであろう。

舞台は戦後だが、有名な映画「下町の太陽」では主人公の倍賞千恵子が京成曳舟駅前(住所は京島)の資生堂の石鹸工場で働いている設定だ。その工場跡は今はイトーヨーカドーになっている。

鐘淵紡績(かねがふちぼうせき。後のカネボウ)ができたのは1887年。隅田村の通称・鐘ヶ淵に東京綿商社として創立し、紡績工場を89年に完成させるなど、工場が次第に増えた。
花王、ライオン、資生堂、カネボウであるから、日本の女性の美容とファッションは墨田区なくしてはありえないというくらいのラインナップだ。

ついでに言うと墨田区には優秀な縫製職人がいるため、イッセイミヤケの洋服の縫製も墨田区の企業が何社か担当している。だから、スカイツリーのショッピングモールである「東京ソラマチ」には「プリーツプリーツイッセイミヤケ」が出店しているのだ。

鉄道の発達と工場の増加

工場の増加に合わせて鉄道も発達した。1894年には総武鉄道が佐倉~本所(今の錦糸町駅)間を開通させ、1904年には両国橋(両国駅)まで延伸した。
1902年には東武鉄道が久喜〜吾妻橋(スカイツリー駅)間を開通させた。05年には東武鉄道本社が八重洲から両国に移転。11年には押上に移転した。

また1912年、京成電鉄は、押上~柴又間を開通させると、順次東側に延伸し、21年には千葉まで到達した。鉄道といっても当時はまだサラリーマンの通勤用ではない。貨物運送が主である。総武鉄道が開通した1894年は日清戦争開戦の年でもある。軍需があり、工場がますます増えたのだ。

その他、東洋ゴムの設立、宮田製銃所による自転車製造開始、札幌麦酒東京工場、凸版印刷工場の発足もこの頃である。工場で働く人手が不足したので、墨田区には新潟、福島、栃木などからたくさんの人が集まってきた。

ちなみに札幌麦酒工場の土地は、幕末は秋田藩佐竹家の屋敷であり、邸内の庭が1890年から一般公開され「浩養園・佐竹の庭」として有名だったが、札幌ビールはここに札幌ビール園というビヤホールをつくったという。
この工場は後に大日本麦酒吾妻橋工場となり、今は墨田区役所・アサヒビール本社などになっている。

明治末期の東京の工場分布 ※出所『日本地誌 東京都』より
明治末期の東京の工場分布 ※出所『日本地誌 東京都』より

おもちゃ、お菓子、タバコ

昔のアサヒビールのトレードマークのある弁当屋さん昔のアサヒビールのトレードマークのある弁当屋さん

また、台東区の記事で書いたが、セルロイド製のおもちゃの工場も大正時代に台東区から墨田区などに分散した。1931年には墨田区内のセルロイド加工業者は310で、従業員2,868人という大きな産業を形成するまでになった。セルロイド玩具工場は向島に、金属玩具工場は本所に多かった。

菓子製造業は、幕末には日本橋方面や本所、深川方面に多く、明治半ばから関東大震災以前までは神田の岩本町あたりに集中していた。それが震災後に台東区芝崎町(現在の西浅草3丁目付近)や、本所の錦糸町、太平町の陸軍、鉄道省、大蔵省の用地に集団移転してきた。
そういえば駄菓子の「うまい棒」のやおきん本社は錦糸町駅前だ。1960年に太平町で菓子卸売・販売業の八百金食品として発足したものだという。

1959年でも、菓子製造業が多かったのは、墨田区250軒、台東区が239軒、荒川区126軒、足立区が111軒だった(ただし荒川区の日暮里菓子玩具問屋や組合加盟の製菓会社など52軒は含まれない)。

専売公社(現・JT)も1924年に紡績会社の土地を買って材料置き場として使っていたが、1932年に浅草区からタバコ工場を移転した。現在、JT生産技術センターがある。
おもちゃ、お菓子、タバコと、生活に密着した嗜好品、娯楽品が墨田区で生産されたというのは、いかにも下町風で、何か心がなごむ。

かつての工場はほぼマンションなどに建て替わり、工場が残っているにしても、もう煙突はないし、騒音もない。ただし、なんとなく古いタバコ屋の看板が目立つ気がするし、アサヒビールの昔のトレードマークを目にするくらいか。下町にすら、もう昭和らしさは消えつつある。

参考文献
墨田区役所編『墨田区史 前史』墨田区役所、1978
墨田区役所編『墨田区史』墨田区役所、1959
サッポロビール株式会社広報部斜視編纂室『サッポロビール120年史』サッポロビール株式会社、1996
ライオン油脂株式会社『ライオン油脂60年史』ライオン油脂株式会社、1979
花王石鹸株式会社資料室『花王石鹸八十年史』花王石鹸株式会社、1971

2019年 02月27日 11時05分