低地に広がる下町的地域

庶民的な赤羽の街は漫画でも人気庶民的な赤羽の街は漫画でも人気

北区はいわゆる下町としてはあまり取り上げられない区だが、荒川区に隣接しており、ほぼ荒川区と並んで関東震災後に急速に発展した地域であった。台地の上の住宅地は別だが、荒川沿いの低地には下町的な地域が広がっている。

北区の人口は旧・滝野川町(現在の地名では上中里、昭和町、田端、中里、西ヶ原など)が1908年に1万3,858人、旧・王子町(王子、十条、豊島など)が1万7,793人だったのが1917年には滝野川町は33061人、王子町は3万3,348人に増加。さらに1935年には滝野川町は11万4514人、王子町は17万1047人に激増した。

人口増加の原因は主に工場の建設である。30年に滝野川区の職工数は2,660人だったが1937年には6,756人、王子区は6,702人から1万4,998人に増加した(1932年に東京市は35区となり、滝野川町は滝野川区に、王子町、岩淵町は王子区になった)。

対して旧・岩淵町(現在の地名で赤羽、赤羽北、赤羽台、赤羽西、赤羽南、岩淵町、浮間、神谷、桐ヶ丘、志茂、西が丘)は1908年の6,056人から1917年は8,972人にしか増えなかった。

赤羽に飛行機の工場があった

その間、岩淵町も人口が増加したが、その理由はやはり工場の建設である。
現在の赤羽駅から東に延びるすずらん通りの南側は(なお戦前の駅は今より北にあった)、大正時代以前は田んぼだったが、ここに1915年、日本製麻の赤羽工場ができたのだ。
今の赤羽公園からダイエー、岩淵中学などがある広大な一帯である。

赤羽小学校の南には職工の社宅が並び、工場を取り巻いて社員のための住宅が増加した。赤羽小学校の南というと今は飲み屋街である。この辺に職工の住宅があったのだろうか。
それまでも赤羽には今のUR赤羽台団地の場所に軍の被服工廠(こうしょう=工場)があったが、工廠に勤める職工はあまり町に金を落とさなかったらしく、日本製麻のような民間企業の社員や職工のほうがずっと町で金を使ったらしい。

さらに1916年には日本製麻の東側の隅田川に至るまでの田んぼが埋め立てられて、赤羽飛行機製作所が設立された。ここは、飛行機の試作機を飛ばす場所だった。毎日飛行機がぶんぶん飛んだので、ようやく農村から抜け出しつつあったばかりの岩淵町の人々はかなり驚いたという。赤羽にそんな場所があったとは知らなかった。

戦時中の赤羽駅周辺。帝国製麻(日本製麻)赤羽工場が広大な敷地を占めていた。飛行場は帝国製麻の右手の道路を越えた一帯にあった。左上の細長い建物が被服工廠で現在の赤羽台団地(資料:井口悦男編『帝都地形図 第1集』/之潮、2005年)戦時中の赤羽駅周辺。帝国製麻(日本製麻)赤羽工場が広大な敷地を占めていた。飛行場は帝国製麻の右手の道路を越えた一帯にあった。左上の細長い建物が被服工廠で現在の赤羽台団地(資料:井口悦男編『帝都地形図 第1集』/之潮、2005年)

王子や十条の商店街が栄えた

1914年、第1次世界大戦が勃発すると日本の産業はますます発展し、東京の各地に工場がさらに増え人口も増えた。北区でも赤羽、豊島堀船、滝野川町などに新しい住民が増えた。それらの町は「新町」と呼ばれることが多かった。
滝野川町の人口は1913年には2万142人だったが1917年にはたった4年で3万3,061人にまで急増したほどであり、林や畑が切り開かれてどんどん住宅地ができていったのである。

さらに震災後になると、1927年には王子電車が開通し、王子駅北東部の神谷町、志茂町にかけては急速に工場地帯になった。また、荒川放水路の完成により水害が減ったため、田んぼや畑を整地した住宅地もできていった。

滝野川区の昭和町や尾久の操車場一帯も、かつては「貝塚」と呼ばれる7万坪もある湿地帯であり、西ヶ原から駒込、染井の墓地あたりまでも一面の田んぼだったが、ここにも工場が増え、住宅も増え、震災前には大部分が住宅地に変貌した。芸術家、芸能人も住むようになり「文化の滝野川」と言われるほどであった。
隣接する田端新町はかつては金魚の養殖も盛んであったが、明治通りに沿って、旋盤、プレスなどの工作機械、銅鉄、アルミなどの資材、各種工具などの販売店が集まっていった。

王子駅の東口は、明治時代に王子製紙ができてから近代化した。都電通りに沿って店が増え、王子地区の中心的存在となった。都電通りの東側には、戦前から豊島三業地があり、王子の石神井川沿いの料亭とともに栄えた。料亭に上がる芸者は豊島三業地から派遣された。
第2次世界大戦後も、飲食店、酒場、バー、キャバレー、トルコ風呂、パチンコ、劇場などの娯楽施設が集積していたことが地図からわかる。王子製紙はボウリング場となって今も王子駅前にある。

王子駅前の商店街(北区『新修北区史』1971年)
王子駅前の商店街(北区『新修北区史』1971年)

いろいろな同潤会住宅地が見られる

桜並木のある同潤会住宅地の跡地界隈桜並木のある同潤会住宅地の跡地界隈

震災後の北区の住宅開発で忘れてはならないのは同潤会である。立地的には丘の上なので下町ではないが、せっかくなので触れておく。

まず赤羽駅の南西の台地の上、現在の西が丘につくられた勤め人向け分譲住宅地。道は広く格子状に整備され、桜並木が美しい。
もうひとつは赤羽西四丁目に、職工向け分譲住宅と賃貸の普通住宅地がミックスした住宅地がつくられた(普通住宅とは、一軒の家に2、3世帯の家が住む2階建てで、今で言うメゾネット)。
さらにそこから南の谷を下りてまた上ったところにある十条仲原にも普通住宅地がつくられている。このように北区は同潤会をたくさん見られるところなのだ。

普通住宅だけで赤羽には431世帯、十条には387世帯があったからかなり大規模である。赤羽の普通住宅地は扇形の放射状の街路を持ち、住宅地の中には銭湯、公園、テニスコートなどの施設があった(十条仲原にもテニスコートがあった)。この住宅地のある丘が鶴ヶ丘というので、10数年前まで鶴ヶ丘湯という銭湯があったが、今は住宅になってしまった。

赤羽駅から南西に行く道を弁天通りという。弁天通りは高台に挟まれた谷で、その昔には亀が池谷と呼ばれていた。鶴ヶ丘に対して亀が池なのである。
亀が池は今は埋め立てられ、ごく小さな池が弁天池という名前で残り、亀が甲を干している。その弁天池の反対側に三日月坂という坂がある。坂の途中には「道灌湯」という、これも素晴らしい銭湯があったが10年ほど前になくなり、マンションに変わった。
銭湯は普通いきなり道に面していることが多いが、道灌湯は玄関までが坂で、細い階段になっていた。階段の両脇には植木があり、楓の木などが植えられていて、まるで温泉旅館のようだった。

道灌湯というからには太田道灌に由来している。赤羽は16世紀まで太田道灌が治めていた。その名残が赤羽西1丁目にある静勝寺であり、太田道灌が築城したといわれる稲付城の城跡として都の旧跡に指定されている。

戦後は団地の街になった

戦後の北区では赤羽を中心に団地が増えた。赤羽駅西口の丘の上、被服工廠のあったところは1960年ごろに住宅公団の赤羽台団地、都営桐ヶ丘団地ができ、当時は新しいライフスタイルを実現する場所だった。

桐ヶ丘団地はデザインも素晴らしく、メゾネットが2つ重なっている建物だった。つまり1〜2階がメゾネットで、その上に3〜4階もメゾネットなのである。これはル・コルビュジエのユニテダビタシオンの模倣であろう。

赤羽台団地は過去20年近く建て替えが進んでいるが、通称スターハウスといわれる団地(正式にはポイント型住棟という)3棟と階段室型団地1棟が2019年度に登録有形文化財として答申された。スターハウス1棟の部屋の中も1962年の竣工当時の様子が再現されており、今後は一般公開が期待される。

このように赤羽など北区には、戦前から戦後にかけて工場だけでなく多くの実験的な住宅がつくられ、それぞれの時代において先駆けとなっていたのである。

スターハウスとスターハウスの中に再現された1962年当時の室内スターハウスとスターハウスの中に再現された1962年当時の室内

2019年 10月20日 11時00分