20世紀初頭に浅草など第二下町の人口が増加

1928年、浅草区は15区の最大人口密度だった(資料:『日本地理風俗体系 第2巻 大東京篇』新光社より)1928年、浅草区は15区の最大人口密度だった(資料:『日本地理風俗体系 第2巻 大東京篇』新光社より)

明治以降、東京は近代都市化するにつれて人口が急増していった。江戸時代は100万人だったが、1900年の東京市15区の人口は191.1万人、20年は260万人と増加している。
しかし日本橋、京橋、神田という第一下町では人口は1900年から20年に減少。
対して浅草区では1900年の人口が15.6万人だったのが20年には25.6万人に増加。

また下谷区12.8万人から18.3万人、芝区13.5万人から17.9万人、本所区13.7万人から25.6万人、深川区11万人から18.1万人と、都心周辺の第二下町で人口が増加した。
浅草以下5区の人口を合計すると66.6万人から105.6万人に約40万人増加している。15区全体の増加70万人のうち40万人が第二下町で増加したことになる(したがって残り30万人弱は麹町、本郷などの西側山の手で増加した)。

また1920年の浅草区の人口密度は15区内で最大であり、1キロ平方メートルあたり約5万4千人だったというから、大変な密集ぶりである。(現在東京23区で最も人口密度が高いのは豊島区で2万1千881.5人)

江戸時代から栄えていた地域の人口は増えなかった

根岸にある人気居酒屋の鍵屋根岸にある人気居酒屋の鍵屋

では台東区の中のどこで人口が増加したのか。旧浅草区で1872年(明治5年)から1920 年(大正9年)にかけての人口変動を見てみよう。
まず人口があまり増えていない地域を見ておく。第一は田原町。1872年に2千人以上いたが、1920年もほぼ同数だ。
そして三好町、黒船町、諏訪町、新猿屋町、三間町など。これらは今で言うと浅草の南側の駒形、寿、蔵前のほうである。
それから茅町、榊町、新須賀町、旅籠町なども増えていないが、これは浅草橋のほう。
要するに今の総武線から浅草寺にかけての隅田川沿岸の一帯は、江戸時代から栄えていたので、明治以降は人口増があまりなかった。

旧下谷区では中根岸町が1872年以来3千人ほどで、1920年にはやや減少している。ここは今の根岸3丁目から4丁目で、古い居酒屋の鍵屋があったり、落語の林家三平師匠、俳人の正岡子規、書家の中村不折が住んだりと、山の手的な文化人の地域である。言問通りで根津からつながっており、文化的には「谷根千」から連続する地域と考えたほうがよい。

荒川区に近い側で人口が増えた

他方、人口が増えたのはどこか。
まず旧浅草区では、千束町が2万8千人ほど増えている。それもそのはず千束町はそれまでまだ湿地帯であった(湿地帯の一部を埋めてつくったのが今の吉原だが、ここでいう千束町には吉原の人口は含まれない)。
それから田中町(現・東浅草)が1万人、玉姫町(現・清川)が約6千400人、橋場町が約7千人増加している。
また旧下谷区では、入谷町が629人から約2.6万人増、竜泉寺町が635人から約1.8万人増,御徒町が約1.1万人増、竹町(現・台東2〜4丁目)が約1.1万人増などとなっている。
このように浅草寺の北側から上野駅東側にかけて、荒川区に近い低地で人口増加の激しい地域が多かったのである。そこに多くの労働者が住んだことは言うまでもない。

また旧浅草区では、向柳原町が約8千人、小島町が約8千人、元鳥越町が約6千400人、松葉町(現松が谷)が約6千人増加するなど、浅草から浅草橋にかけての山手線側でも人口増加の激しい地域が多い。

このように台東区でも、江戸時代はまだ栄えていたなかった地域に新しい人口が流入したのである。

台東区で1872〜1920年に5000人以上人口増加した町で1920年時点で人口5000人以上の町台東区で1872〜1920年に5000人以上人口増加した町で1920年時点で人口5000人以上の町

生活に密着した産業

下駄や鼻緒の問屋が多かった下駄や鼻緒の問屋が多かった

次に台東区の人口を産業別に見てみる。
1898年の東京市勢調査によると、従業者自体が多かったのは、菓子類販売業(お菓子屋)であり2千420人いた。
次いで被服類販売、コメ販売、酒・味噌・醤油類販売、野菜及び果物販売、書画骨董類売買などが1千300人以上と多い。

台東区が東京15区全体に占める割合が高い業種を見てみると、台東区にしか存在しない仲買業種として、陶器仲買商、皮革仲買商、空樽仲買商(酒の樽の空いたものを醤油業者などに転売した)、紙屑仲買商の4業種があった。
また下駄材料仲買商は93%が台東区。以下、麻袋、小間物、廃物、薪炭、下駄、紙、酒、牛馬、古着の仲買商は、東京市の5割以上が台東区にあった。台東区は生活必需品の問屋街だったと言える。

その他の商業で台東区の割合が高いものとしては、皮革屑商88%、襤褸(ぼろ)商80%、古麻袋商76%、廃物商67%、硝子(ガラス)屑商64%、護謨(ゴム)屑商57%、毛屑商56%など、いわばリサイクル業者の多くが台東区にあった。

児童文化の台頭と台東区のおもちゃ産業

東京一の娯楽地である浅草を有しているので娯楽関係産業も多い。囲碁会所営業は東京市全体の67%、活動写真業は55%、演劇興行は42%を台東区が占めた。
また料理店及びその他の飲食店が6千751人であり、東京市全体では2万4千420人だったから4人に1人が台東区にいたことになる。

玩具および遊戯品販売業も東京市の33%が台東区であった。
玩具類販売は大正時代になっても台東区の有力産業であり、1919年には東京市の48%に増加した。
玩具が伸びたのは、当時、日本橋三越などの百貨店が子ども向けの商品の開発に力を入れており、毎年児童博覧会を開催するほどであったことが影響しているらしい。

1910年には東京玩具研究会が設立されて、学者なども協力して良質な玩具の研究開発が行われたという。明治末期から大正時代にかけては、住宅でも子どもを重視する傾向が台頭し、赤い鳥など児童文学も栄えた時代であるが、そのことが台東区のおもちゃ産業にも大きな影響を与えたのである。

おもちゃの製造についても当初は台東区内にも多かったが、その後は荒川区、葛飾区などへと製造現場が移転拡大していく。お菓子の製造工場も墨田区、荒川区、足立区などへと移転拡大していったのである。

昭和38年(1963年)におけるお菓子工場の分布(資料:足立区立郷土博物館「東京東部のおもちゃづくり」より)
昭和38年(1963年)におけるお菓子工場の分布(資料:足立区立郷土博物館「東京東部のおもちゃづくり」より)

2018年 12月13日 11時05分