江戸の隠れ里としての向島

墨田区は旧・本所区と旧・向島区が戦後合併して1つの区となったものである。南半分、両国駅周辺からスカイツリー周辺までが本所区、その北側が向島区であった。

本所は江戸時代から市街地化していた。1657年(明暦3)の明暦の大火が江戸をほぼ全滅させ、防火対策として1659年(万治2)に隅田川に両国橋が架けられ、本所は武家屋敷などの移転先に選ばれたからだ。水戸徳川家など、60ほどの武家屋敷が幕末に存在した。本所区となったのは1878年。

向島は江戸時代も農村地帯のままだった。向島区となったのは1932年である。
向島百花園(1808年開園)が江戸時代からあるくらいだから、自然を楽しむ場所だったのだ。1717年(享保2)には8代将軍吉宗が隅田川堤に桜100本を植えさせ、桜の名所となった。それで今も向島には有名な「長命寺桜もち」の「山本や」がある。

1733年(享保18)には両国の花火が始まり、1781年(天明元)には本所回向院で大相撲が始まるなど、隅田川沿いは一種の娯楽・観光の地となった。向島だけでなく本所の隅田川沿いにも料理屋が多く、ひなびた田園風景の中で料理を味わうことが、過密都市江戸の人々のストレス解消の場になったのである。いわば江戸の隠れ里である。
江戸の豪華な割烹に飽きた粋人たちが渋く遊ぶ場として料理店が栄えた。芸者は吉原や柳橋から連れていった。

こういうことは今もある。ちょっとスケールが小さいが、渋谷の雑踏を避けて代々木上原で食事をするとか、新宿はうるさいので荒木町で飲むとかいったことである。

本所区にあった武家屋敷  墨田区役所編『墨田区史』墨田区役所、1959本所区にあった武家屋敷  墨田区役所編『墨田区史』墨田区役所、1959

富裕層の別荘地

明治以降、向島は別荘地であった。幕末に、外交官の岩瀬忠震(ただなり)が隠居後住んだのが岐雲園という屋敷で、岩瀬の死後、幸田露伴の父が住み、露伴も1893年に住んだが、大正時代に三共製薬と住友ベークライトの工場となった。現在はトミンハイムになっている。
1878年には小野義真の別荘、八州園ができ、84年に小松島遊園として一般に開放された。

1899年には新橋の料亭花月の主であり、新橋演舞場の取締役でもある実業家・平岡権八郎が小松島遊園の北に「花月花壇」を建てて妾の元日本橋芸者のおとわと住んだ。5,000坪の土地に西洋式庭園をつくり、西洋料理が供されたという。

武家屋敷や庭園は明治、大正以降は工場になり、戦後はマンションや公園になっているし、隅田川沿いは高架の高速道路が走っているので、当時の面影を感じることはまったくできない。せいぜい桜もちを食べて往時を偲ぶしかあるまい。

花月花壇花月花壇

花柳界と映画撮影所の誕生

1912年になると、浅草の銘酒屋(めいしや)が警察の取り締まりの厳重化により、向島と玉ノ井に移転してきた。
銘酒屋とは、一見、酒を飲ませる店のふりをしているのだが、実は店の奥で売春が行われる店だったからである。近代都市を目指す東京の都心には、そうしたものはあってはならなかったのだ。
だが、向島でも銘酒屋は反対運動にあった。隅田川では東京帝国大学らのエリート学生がボートレースに来る。そこに銘酒屋があっては風紀上困るということで、学校側が銘酒屋撲滅運動を起こした。

かくして銘酒屋は営業停止。その代わり向島は1913年に三業地指定を受けて花街となった。当初は芸妓屋9軒、芸妓9人、待合2軒、料理屋2軒という小規模なものだったが、第1次世界大戦による好景気のために急速に発展した。
大財界人である大倉喜八郎は、向島に1912年に別邸「蔵春閣」を建築した。内部は秀吉の桃山御殿のふすま、杉戸を使い、狩野探幽の屏風も置かれる豪華なもので、海外の賓客を招いたという。
その別邸は戦後進駐軍の慰安施設となり、その後は船橋ヘルスセンターに移築されたというから、ずっと娯楽との関わりが深いと言える。

向島に花柳界ができたころ、1913年には日活の撮影所が現在の白鬚(しらひげ)東アパートのあたりに完成した。もともとは幻想文学作家・夢野久作(ゆめのきゅうさく)の父である杉山茂丸(すぎやま しげまる)の別荘だった。
杉山は政治運動家、実業家であり、明治、大正、昭和初期にかけて、山縣有朋・松方正義・井上馨・桂太郎・児玉源太郎・後藤新平・寺内正毅らの参謀役を務め、政界の黒幕などと呼ばれた人物。
撮影所は27年に太秦に移転するまで向島にあった。花柳界と映画の拠点があったのだから、ずいぶん華やかであっただろう。

バブル崩壊後は向島で遊ぶ人も減ったので、今は料亭も、それほどの賑わいはないらしいが、墨東通りの近く、街を歩いていると出勤中の芸者さんらしき着物の女性とすれちがったのはうれしかった。


参考文献
墨田区役所編『墨田区史 前史』墨田区役所、1978
墨田区役所編『墨田区史』墨田区役所、1959
「企画展図録 日活向島と新派映画の時代展」早稲田大学坪内博士記念演劇博物館、2011

明治期の向島明治期の向島

2019年 02月19日 11時05分