「土用の丑」の「土用」とは

鰻を食べる日として定着した「土用の丑」鰻を食べる日として定着した「土用の丑」

今年の夏は暑いらしい。夏バテの時には、食欲が落ちるため、できるだけ栄養のあるものを取りたいところ。「土用の丑」というと、一般に“鰻を食べる日”として認識されているのではなかろうか。

ところで「土用の丑」の「土用」は日常で聞く機会の少ない言葉であり、意味をよく知らない人も多いだろう。そこで、「土用」についておさらいしておこう。
「土用」は、中国の五行由来のもので、季節の移り変わりを知るために設けられた暦日のひとつ。五行は木・火・金・水・土の5つの要素からなり、さまざまな事物に当てはめられた。たとえば方角では東が木、南が火、中央が土、西は金、北は水。味覚なら、辛さは木、塩辛さは火、苦さは土、甘さは金、酸っぱさは水といった具合だ。

季節では、春は木、夏は火、秋は金、冬は水であると考える。土だけがどの季節にも振り分けられないため、季節の変わり目を「土旺用事」と言った。「旺」は「盛んになる」を表す字で、「土旺用事」は「土の気が盛んになり、事を用いる」の意味になる。これを略して「土用」と呼んだわけだ。

具体的には立春、立夏、立秋、立冬直前の約18日間で、春の土用や秋の土曜、冬の土用も存在する。2018年は冬の土用が1月17日から2月3日、春は4月17日から5月4日、夏は7月20日から8月6日、秋は10月20日から11月6日に相当。土用初日を「土用の入り」、最後の日を「土用明け」という。

「土用の丑」とは

土用三郎が雨なら、その年の土用中は雨が多く凶作になり、晴れならば豊作になると信じられた土用三郎が雨なら、その年の土用中は雨が多く凶作になり、晴れならば豊作になると信じられた

次に、「土用の丑」とは、土用の期間に巡って来る丑の日のこと。
十二支は子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥で12日だから、「夏の土用の丑」が二度ある年もある。2018年も7月20日と、8月1日の2回で、20日を「一の丑」1日を「二の丑」と呼ぶのだ。

ちなみに、夏の土用の3日目を擬人化して「土用三郎」といい、彼岸の初日の「彼岸太郎」、八専2日目の「八専次郎」、寒の入りから4日目の「寒四郎」と合わせて農家の4厄日とされる。

厄日とは天災が起きやすい日のことで、一部の農村などでは、この日の天候で、豊作か凶作かを占われてきた。
たとえば土用三郎が雨なら、その年の土用中は雨が多く凶作になり、晴れならば豊作になると信じられたのだ。「八専」は聞きなれない言葉だが、陰暦で壬子(みずのえね)の日から癸亥(みずのとい)の日までの12日間のうち、丑・辰・午・戌の4日を除いた8日を指し、年に6回ある。この期間は、結婚や神仏に関する行事が避けられていたようだ。

土用の期間のタブーと「間日」

土用の期間は土の気が盛んになるから、土の神(土公神)の怒りに触れないよう、土を害する作業が避けられる。たとえば土用に穴を掘ったり、土を運んだりすると、祟りがあると考えられた。

また土はどの方角にも当てはめられていないため、移動はよくないと考えられ、引っ越しや旅行も避けられてきた。
どの方角に動いてもよくないが、特に悪い方角もある。これを「土用殺(どようさつ)」と呼び、特に注意すべきと考えられてきた。春の土用は南東、夏の土用は南西、秋の土用は北西、冬の土用は北東とされているので、縁起を担ぐ人は、旅行先などを考えるときに気にするとよいかもしれない。

仕事の場合はそれだと支障が出てしまうので、「間日」の考え方が生まれる。間日には土公神が天上界に出かけるので、地上に目を配れず、祟りも起こらないと考えられた。春の土用の間日は巳・午・酉の日、夏の土用は卯・辰・申の日、秋の土用は未・酉・亥の日、冬の土用は寅・卯・巳の日だ。

なぜ土用の丑に鰻が食べられるのか

あんころ餅は「土用餅」とも呼ばれるあんころ餅は「土用餅」とも呼ばれる

土用は季節の変わり目で、体調を崩しやすい時期でもある。特に夏の土用は夏バテになりやすいから、精のつくものを食べた方が良い。そんな事情もあって、「丑」の「う」にちなんで、「うのつく食べ物を食べれば夏バテしない」という俗説が生まれたようだ。

つまり本来、土用の丑に食べるのは梅干しで良いし、瓜やうどんでも良かった。
土用の丑に鰻が定番になったのは、鰻屋によるプロパガンダによると言われている。鰻に脂がのる旬は夏ではなく冬。ただでさえ身が痩せる上、夏バテ気味の季節に脂のある鰻は売れにくかった。そこで、土用の丑に鰻を食べる風習を作り、売り上げを保とうと考えたのだろう。一説には鰻屋から相談を受けた平賀源内が「本日土用の丑」と貼り紙をさせ、大繁盛したのが始まりだともいわれている。

土用に食べられてきた食べ物はほかにもある。たとえばあんころ餅は「土用餅」とも呼ばれ、夏の土用に食べる地域がある。また、夏と冬が旬の蜆は、夏と冬の土用によく食されるので、この時期に出回るものを「土用蜆」という。

「土用干し」という言葉を聞いたこともあるだろう。夏の土用の時期に、衣類や書物を陰干しすると、虫やカビを防いでくれるというのだ。また、田の水を抜いて乾かすのを「田の土用干し」と呼ぶ。土が乾くと、稲は水を求めて根を深くし、台風が吹いても倒れにくくなるのだ。

土用入りに水浴をすると病気にならないという俗信は、猛暑のころに冷たい水で体を冷やし、英気を養ったことから生まれたのだろうか。土用灸は、土用に灸治療を行うこと。理由は不明だが、他の季節より効き目が高いと信じられてきた。

丑の日以外には、土用を意識することはあまりないが、さまざまな風習があった。今年の土用の丑に鰻を食べるなら、土用の意味や風習を思い返してみてほしい。

■参考
柏書房株式会社『現代こよみ読み解き事典』岡田芳朗・阿久根末忠編著 1993年3月10日発行

2018年 06月16日 11時00分