日本古来のたなばた物語とは

現代の七夕は、笹に織姫や牽牛への願い事を書いた短冊を吊るすイベントだが現代の七夕は、笹に織姫や牽牛への願い事を書いた短冊を吊るすイベントだが

牽牛(彦星)と織姫の悲恋物語は中国伝来のもので、天川に隔てられて暮らす二人が、一年に一度七夕の夜だけ逢瀬が許されることで知られている。
日本にも室町時代に成立した『御伽草紙』(おとぎぞうし)に「たなばた物語」というタイトルがあるが、牽牛と織姫の物語だろうと想像して読んだ人は、まったく違うストーリーなのに驚くに違いない。

日本版たなばた物語のあらすじはこうだ。
日照り続きに悩む庄屋が「なんとか雨を降らせてほしい」と祈ると蛇が現れて、「お前の三人の娘のうち、誰か一人を私の嫁にくれるなら降らせてやる」と答える。庄屋がそれを承知するとその夜から雨が降るが、長女と次女は蛇の嫁になることを拒み、末娘が蛇に嫁ぐことになる。蛇の指示通り、川のほとりに建てられた小屋の中で末娘が待っていると、蛇が現れて、「私の頭を切りなさい」と命令する。言われた通りにすると、蛇は美しい男性に変身し、「私は天稚彦(あめのわかひこ)だ」と名乗った。末娘は幸せに暮らしたが、ホームシックにかかったため里帰りを願うと、天稚彦は「必ず1週間以内に帰ってきなさい」と言って送り出してくれる。しかし、意地の悪いお姉さんたちが末娘の幸せを妬み、1週間以内に返してくれなかったため、娘が夫のもとへ戻ってきたとき、家は無人だった。そこで末娘は天に昇り、天稚彦を探し出す。舅は鬼だったので、「蜂のいっぱいいる部屋で一晩を過ごす」など、過酷な試練を与えるが、末娘は夫の支援を得てそれをクリア。舅は「ただし、会えるのは1年に一度だけ」と条件をつけ、手に持っていた瓜を割る。すると大きな川ができ、天稚彦と末娘を隔ててしまった。

中国の七夕物語より、美女と野獣や、ギリシャ神話のプシュケーとキューピット神話によく似ているが、「川のほとりに建てた小屋で乙女が神(蛇)と出会う」というモチーフは日本独自のもの。民俗学者の折口信夫は、著作『水の女』の中で、古来、田植え前に聖なる機織り娘が川辺の小屋で神迎えをしたと述べ、その機織り娘を「棚機女(たなばたつめ)」と呼ぶとしている。そして、日本版たなばた物語は、この行事を物語化したものだとも考えられているのだ。

古代中国の七夕

中国において7月7日は、乞巧奠(きこうでん)が斎行される日であった。既に3世紀の書物にはその名がみえ、8世紀にはもっとも栄えたと言われている。この祭りは織姫の技能上達を祈るもので、最古の記録で既に、牽牛と織姫の物語と関連づけられていたようだ。

この乞巧奠が日本に輸入されたのは平安時代で、朝廷における行事でも、天皇が牽牛と織姫の邂逅を祈ったというから、貴族の間において七夕の物語と言えば、中国伝来の牽牛と織姫の物語だったのかもしれない。しかし、御伽草紙に物語が残っていることからわかるように、庶民の間では日本古来のたなばた物語がイキイキと語られていたようだ。

また、日本古来の七夕には、もっとさまざまな側面がある。例えば、日本の国技とされる相撲が、最初に執り行われたのがいつなのか、ご存知だろうか。実は日本書紀に日付けが記されている。垂仁天皇七年七月七日、1世紀の前半のまさしく七夕の日だ。
なぜ七月七日に開催されたのだろうか。最古の相撲の次第を次に見てみよう。

最古の相撲も七夕のイベントだった?

この日、垂仁天皇は野見宿禰(のみのすくね)と当麻蹴速(たいまのけはや)を戦わせるのだが、野見宿禰は蹴速の背骨を踏み砕いて殺してしまう。残虐なようだが、これは生贄の儀式の一種だったと考えられている。つまり、7月7日には、重要な神祭りが行われていたということだ。それはいったいどんな神だろう?

この質問に答えを出す前に、日本の伝統行事を思い出してほしい。江戸時代までは、7月7日から15日のころに家の中に棚を設けてお供え物をし、先祖をまつる風習が全国的にあったのだが、現代でもそれに近い行事が行われているはず。そう、お盆だ。太陰暦から太陽暦に変わったときにお盆だけが旧暦でおこなわれたため、現代ではご先祖が帰ってくるのは8月15日という認識になってしまったが、江戸時代ごろまで、たなばたは先祖迎えの日でもあったのだ。

6月30日を「夏越の日」と呼ぶが、これは一年の半分が終わった日を意味する言葉で、大晦日と同じような意味があった。元日に年神様(ご先祖)を迎えるように、7月初旬にもご先祖が帰ってくると考えられていたといわれている。先祖へのお供え物を飾る棚を「精霊棚」と呼び、今でもお盆には精霊棚をしつらえる地域が残っているが、「たなばた」という名称は、この棚から来ているとも言われている。
また、先祖は村や田を守る存在でもあったから、田の神としての性格も持ち合わせるようになった。先祖の霊が山から下りてきて田に宿り、豊作をもたらすと考えられたのだ。そこで、日本版たなばた物語でも、神は田の神である蛇の姿で現れたのだろう。

笹は門松と同じ意味

仙台の七夕まつりは全国的に有名だ仙台の七夕まつりは全国的に有名だ

各地に残るたなばたやお盆の風習をよく見てみると、お盆と七夕の関連性を見てとれるものが多い。
たとえば、現代の七夕飾りと言えば、笹に願い事を書いた短冊を飾るものが一般的だが、なぜ笹なのだろうか。
和歌山や大阪などにおいて、古い時代の盆踊りでは、踊り手たちは手に笹を持ち、顔に面をつけることがある。面をつけるのは、踊りの輪に故人が混じっても、気づかれないように。笹は依り代で、先祖は踊り手たちが振る笹を目当てに帰ってくると考えられていたからだという。
つまり七夕の日に笹を飾るのは、門松と同じ意味があったのだ。そこに短冊を吊るすようになったのは、江戸時代以降のことだとされている。貴族の行事が庶民にまで広がったもので、当時は習い事の上達を祈るものが主流だったようだ。また、だからこそ日本人にとっても七夕といえば牽牛と織姫逢瀬の日という認識が広がったのだろう。

日本古来のたなばたが、お盆の先祖迎えと深い関係を持つことがわかったが、その名残は各地の七夕行事に残されている。例えば信州ではたなばた人形を飾る風習があるが、これは夏越の日の禊祓いに使われる「人形(ひとがた)」の名残だと言われている。また、関東地方の一部では藁で作った馬や牛を飾るが、これも、お盆の茄子の牛や胡瓜の馬と意味は同じ。ご先祖様を乗せる牛や馬だと考えられている。

とはいえ、私たち現代人にとっての七夕は、牽牛と織姫が、一年に一度のデートを楽しむ日だろう。残念ながら梅雨のシーズンでもあるので、天気に恵まれない可能性もあるが、仙台の七夕まつりだけでなく、各地でライトアップやイベントなどが開催される。

家庭で七夕を祝うなら、花屋などで笹を購入してきて玄関に飾り、願い事を書いた短冊を吊り下げると良い。折り紙を星形に切り取ったり、提灯を作ったりして飾っても華やかだ。
また、平安時代の乞巧奠では、「索餅」という菓子が食べられた。これは小麦粉を練って揚げたりしたもので、素麺の元祖となったと言われているから、七夕の日の夕食は、素麺にするのも一つのアイデアだ。
今年はご先祖様のことを思いながら、七夕を祝ってみてはいかがだろう。

2015年 05月23日 11時59分