一年を締めくくる最後の「晦日」が「大晦日」である

今年も残りわずか。あっという間に大晦日がやってくる今年も残りわずか。あっという間に大晦日がやってくる

子どもの頃から誰しも使い慣れた言葉であっても、いざ本来の意味や由来を考えてみると意外と知らないものである。周知のとおり「大晦日(おおみそか)」は12月31日を指す言葉であるが、もとは「晦日(みそか)」からきていることはご存知だろうか。

晦日は旧暦の月の動きと大きく関係している。「晦」は月の満ち欠けが変化する様子を表わす言葉の1つで、月が隠れることを意味している。また、晦日は別名「つごもり」とも呼ばれ、同じく“月が隠れる”という意味の「月隠り(つきごもり)」が転じた読みである。

旧暦は月の満ち欠けで暦が決まっていた。新月を1日とし、月が隠れる「晦」の頃がおおよそ30日であったことから、30日を晦日と呼ぶようになったのだ。今でも30歳を“みそじ“ということがあるように、“みそ“がもともと30の読みであることをみるとわかりやすい。ところが新暦に変わると、ひと月が30日(または29日)で終わらず、31日まである月も出てきた。こうして晦日は、月の最終日となることが多かった“30日”という意味から、“月の最終日”という意味に変化したのである。

つまり、実際の日付が30日でなくとも毎月の末日を「晦日」と呼び、晦日の中でも1年を締めくくる12月には大をつけて「大晦日」と呼んでいるのだ。

大晦日は歳神様を迎え入れる準備をし、来訪を待つ日だった

大晦日の歴史はかなり古く、平安時代まで遡る。昔、大晦日は正月に迎え入れる歳神様(としがみさま)をまつるための準備の日であった。歳神様とは、稲の豊作をもたらすとされている神様のことで、農作物が豊かに実り、食べるものに不自由することなく暮らせるようにと、昔から大切に扱われてきた神様である。また、歳神様は各家庭にやってくることから、家を守ってくれる祖先の霊とも考えられていたようだ。

昔は1日が夜から始まって朝に続くとされており、大晦日の日暮れからすでに新年の始まりであった。そのため、大晦日の夜は歳神様を待ち、一晩中寝ずに起きておくという習わしがある。もしうっかり早く寝てしまうと、白髪になる、シワが寄るなどという女性にとっては恐ろしい言い伝えもあったそうだ。

新年を気持ちよく迎えるための大晦日の行事ごと

大切なお客様である歳神様を迎えるにあたって、家の掃除は不可欠である。大掃除は、地域によって異なるが、12月13日から始め大晦日までに終わらせるのが本来の時期だ。ただし12月29日は9という数字が苦に繋がることから縁起が悪いとされていて、掃除をしてはいけない。また、その年最後の掃き掃除のことを「掃き納め」と呼ぶが、元日に掃除をしてしまうとせっかく招いた歳神様を掃き出してしまうことになるため、新年に掃除は行わない。その他にも大晦日には伝統行事があり、身と心を清め新年を迎える準備をする。

◉除夜の鐘
大晦日は「除夜」とも呼ばれており、大晦日の夜から1月1日にかけて鳴らす除夜の鐘は今でもよく知られている。鐘を撞く回数は人の煩悩の数を示す108回で、寒空の下で響く鐘の音に誰しも一度は耳を傾けたことがあるように、煩悩を取り去り、正しく清らかな心で新年を迎えることができるようにするものである。

◉年の湯
大晦日の夜にお風呂に入ることを「年の湯」と言い、ここでしっかりと一年の垢を落とし、気持ち良く新年を迎える。今と違い、毎日入浴することが当たり前でなかった時代は、大晦日の入浴が特別なものであったに違いない。

◉年越し蕎麦
「年越し蕎麦」を食べる習慣は比較的新しく、江戸時代から始まったと言われている。別名「つごもりそば」、「三十日そば」とも呼ばれ、細く長い見た目から長寿や健康を願って食べられるようになった。また、蕎麦の麺は切れやすいことから「一年の災厄を断ち切る」という意味もある。
現在では、一部地域で年越し蕎麦の代わりにうどんが食べられていることもあり、蕎麦、うどんともに、一年のうち12月31日に最も多く購入されている。(総務省統計局「家計簿からみた365日~日別集計結果より」参照)

年越し蕎麦を食べるタイミングは、一般的に年が明ける前がいいと言われている年越し蕎麦を食べるタイミングは、一般的に年が明ける前がいいと言われている

いよいよ新年の幕開け。大晦日の夜は家族みんなで祝う時間

今年の大晦日は自宅でゆっくり年越しを迎えてみては今年の大晦日は自宅でゆっくり年越しを迎えてみては

昔は新年を迎えると、数え年で1つ年をとっていた。そのため新年に変わる大晦日の夜から、お頭付きの魚や雑煮などの縁起のいい食事を囲んで、一年の無事を感謝し、共に祝いながら家族団欒の時間を過ごしていたそうだ。

このように昔の大晦日は家族全員が集まることが当たり前であったが、今は全国各地でカウントダウンなどのイベントが行われるようになり、友人や恋人と過ごすという人も増えているように思う。しかし、一年の節目となる日だからこそ、今度の大晦日は自宅でゆっくりと過ごしてみてはどうだろうか。家族揃って一年を振り返り、新年の抱負などを語り合うのも、家族の絆を深める良い機会となるはずである。

2016年 12月18日 11時00分