時代とともに変化してきた初詣

新たな年を迎えて一年を祈願する初詣。全国の寺社が人手賑わう様子はお正月の風物詩ともいえる新たな年を迎えて一年を祈願する初詣。全国の寺社が人手賑わう様子はお正月の風物詩ともいえる

新年を迎えて最初のイベントともいえるのが初詣。新たな年の平穏無事を祈願してお参りに行くものである。各地の有名な寺社は大勢の人で賑わい、その光景はお正月の風物としてテレビなどにも頻繁に登場している。
そんな初詣はいつから行われていたかご存じだろうか?歴史からみる初詣と、知っておきたい参拝作法などについて見ていこう。

初詣というのは年が明け、初めて神社やお寺に参拝することを指す。

その起源は諸説あるが、ひとつは神道の儀式だと言われている。大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神様の社へ籠りその年を祈願した「年籠り」が、やがて大晦日の夜の「除夜詣」と元日の朝の「元日詣」の2つに分かれ、元日詣が今の初詣の原型になったという説。
もうひとつは、元日に恵方の神社へ参拝してその年を願う「恵方参り」が変化したという説もある。恵方とはその年の幸福をつかさどった歳神様がいる方角のことで、毎年変わる。その年の節分で恵方巻きを食べる方角といえば、聞き覚えがあるかもしれない。

いずれにしても、年籠りや恵方にとらわれない正月に自由な参詣をする、という現在の形の「初詣」が根付いたのはそう古い話ではなく、明治の中期頃から交通の発達とともに広まったとみられている。

お寺と神社、どちらに行くのが正しい?

さて、毎年の初詣参拝者数ランキングに並ぶ顔ぶれを見ても、明治神宮、成田山新勝寺、伏見稲荷大社…など。神社とお寺が入り混じっているようだ。いったいどちらへ参拝するのが正しいのだろうか。

正解は「どちらも正しい」である。

日本は古来より土着の神を信仰していた。そこには八百万の神が存在し、木や石など生活に密着した自然物も信仰の対象であった。そこへ仏教が伝来したものの、八百万信仰の日本では仏もひとつの神として受け入れられ、ほどなく同列のものとして信仰されていく。
この「神仏習合」により、初詣に限らず寺社への参詣に神社・寺院の区別はないとされた。その名残を受け、初詣の参詣場所にも正解がなく、どちらへ参詣してもよいとなっている。
後世の明治になると"神道と仏教を明確に区別すること"という「神仏判然令(神仏分離)」が発令されたが、初詣の習慣においての影響はあまりなかったようだ。

ただひとつ、神社よりも寺を訪れたほうがよいケースがある。それは忌中の時である。理由はそれぞれの性質の違いにある。
神社とは神道に属し、日本古来の神、天皇やその先祖を主に祀っている場所。お寺とは仏教に属し、仏像をそえて仏を祀り、僧侶たちが修行や勉強に励む場所である。
なかでも大きく違うのは神社とお寺の「死」に対するとらえ方。お寺が死後の極楽浄土を説く場所なのに対し、神社は「死」を穢れ、忌むものとして扱う。そのため近親者に不幸があった時には、神社にまつわる慶事を避けた方がよいとされている。
忌中時の初詣をひかえる必要はないが、神社ではなく寺を選ぶようにしたい。

一年の祈願は正しい参拝方法で

お参り前に身を清める手水舎。そこにも作法があるお参り前に身を清める手水舎。そこにも作法がある

初詣は「松の内」に済ませるという考え方が一般的だ。松の内とは門松などのお正月飾りを飾る期間で、地域によって差はあるが、関東あたりでは1月7日までとするところが多い。遅くて悪いことはないのだが、歳神様がいらっしゃる松の内に済ませておきたいものだ。

参拝までの手順の見ていこう。境内までの流れは神社もお寺も大きな差はない。

鳥居や山門で一礼してから中へ進み、手水舎(てみずや)で身を清めていく。
1.右手で柄杓を持ち、左手を清める。
2.左手に柄杓を持ち替え、右手を清める。
3.右手に柄杓を持ち替え、左手に水を注ぎ、口をすすぐ。柄杓に直接口をつけてはいけない。
4.最後に左手を再度清める。
5.柄杓を立てて残った水で柄を洗い、元の位置へ戻す。
尚、一連の動作は1度の水汲みで行うこと。

身を清め終わったら境内へ進み、いよいよ参拝だ。
そして、ここからの参拝の仕方が神社とお寺で違ってくる。

【神社の場合】
6.軽く会釈
7.賽銭を投じたら鈴を鳴らす。これは自分が来たことを神様達に告げる意味がある。
8.二礼二拍手一礼…神前で2回おじぎ・パンパンと2回柏手を打ち祈願したら、最後に一礼しよう。

【お寺の場合】
6.ロウソクや線香をあげる。その際、他の人のロウソクから火をもらうことは「業を受ける」ことになるため、やってはいけない。献灯用の場所が設けられていない場合は省略して構わない。
7.本堂へ入ったら賽銭を納め、静かに胸の前で合掌し祈願しよう。
8.終わりに一礼を。お寺で柏手を打つのは失礼にあたるため、気を付けておきたい。

これらは一般的な作法であるが、独自の参拝方法を持つ寺社もある。例えば出雲大社では「二拝四拍手一拝」でお参りするそうだ。最近は境内に参拝の手順が示されていることもあるので、ぜひ確認をしてから一年の祈願をしていただきたい。
また、帰りに寄り道をすると福を落とす…とも言われているで、道草はほどほどにしたほうがよいようだ。

おみくじは結ぶもの?持ち帰るもの?

おみくじを引くのは初詣の楽しみといえる。一年の吉兆を掛けて一喜一憂するのもまた楽しい。
良し悪しの順番は「大吉・中吉・小吉・吉・末吉・凶・大凶」という7段階に分けられていることが多く、前にいくほど縁起がよいとされる。何回引いてもいいが、その度に解決したいこと、知りたいことをきちんと思い浮かべておくこと。凶だったからといって何度も引き直すのは、情緒にも欠けるのでやめておこう。

ところで、引いたおみくじはどのように処理するのがいいのだろうか。
それがどんな結果であっても、持ち帰るのがよいそうだ。大吉だからよい、凶だから悪いという判断はせず、全体の内容を読み取ることが大切。天からのメッセージとしてその結果を受け止め、気を引き締めて一年を過ごすとしよう。
また、おみくじを結ぶという風習は「凶をとどめて吉へ転じるように願う」意味と「縁結びを願う」意味から生じた物である。もし寺社へ結んで帰る場合でも、決められた場所へ納めること。みだりに結び付けて、木を痛めることがないようお願いしたい。
持ち帰ったおみくじは保管してもいいし、「松の内」が終わった後に、正月飾りや前年のお札、お守りと一緒に焚き上げてもらうという方法もある。

2016年は申(さる)年。
干支にちなんだ寺社を訪れるのもよいだろう。たとえば、猿を神の使いとしている「日吉大社(滋賀)」、これは全国に2000ほど点在する「日吉・日枝・山王」神社が分社となっている。その他「猿丸神社(京都)」「栄閑院(通称:猿寺・東京)」など猿に縁のある寺社は各地に数多く存在しているようだ。
猿は「去る」と掛け、厄や病が去るとして縁起のよい動物とされている。神獣として寺社に祀られているのもそのためだ。ちなみに申年は「赤い下着を贈ると病が治る」「申年に贈られた下着を身に着けると元気になる」という面白い風習が伝わる年でもある。
この新年は干支参りでスタートし、縁起のよい一年を願ってみてはいかがだろうか。

三重県伊勢市の伊勢神宮内宮の近くにある猿田彦神社。干支参りに訪れてみたい場所だ三重県伊勢市の伊勢神宮内宮の近くにある猿田彦神社。干支参りに訪れてみたい場所だ

2015年 12月30日 11時00分