御節(おせち)料理の由来

本来の「御節」は、節句などの年中行事が行われる日のことで、次第にその日に作るご馳走やお供えの餅を指すようになったとされる。
また、「御節」の語源は「節供(せっく)」であるとされ、節供とは、季節の節目にあたる「節日(せちび)」に、宮中で神前に神饌を供えたことを言う。奈良時代に中国の「五節供(ごせっく)」が伝わったもので、節日は年に五回ある。それが一月七日の人日(じんじつ)の節句、三月三日の上巳(じょうし)の節句、五月五日の端午の節句、七月七日の七夕の節句、九月九日の重陽(ちょうよう)の節句だ。
それが次第に、人日の節句ごろに食べられる正月料理のみを「御節」と呼ぶようになり、江戸時代の武家が現代の形の基礎を作り上げたとされる。

御節料理は歳の初めに訪れる「歳神様」を迎えるものなので、祝い箸で食べる。祝い箸は両端が細くなっており、片方で人間が、片方で神様が食べると考えられているからだ。御節料理は、神様が食べたものを人間も食べる、古来の「神人共食」にのっとっており、一年を神の守護のうちに過ごせるよう、祈るものなのだ。

お節料理は祝い肴三種・焼き肴・酢の物・煮しめの三種から構成されるお節料理は祝い肴三種・焼き肴・酢の物・煮しめの三種から構成される

現代の御節料理

現代のような御節料理の形が生まれて全国的に認知されるようになったのは、料理番組の影響が大きいと言われ、それまでは定まった形はなかったようだ。
ここでは、現代風御節の構成について説明しよう。御節のお重は、外側が黒、内側が赤の重箱を使うことが多い。段重ねは四段が主流で、これは、四季を意味すると言われている。しかし、本来は五段重ねであったとも言われるし、略式の二段重や三段重も決して珍しくはないので、家族構成などに合わせればよいだろう。
料理は、祝い肴三種、焼き肴、酢の物、煮しめの四種類から構成される。祝い肴は三つ肴、口取りとも呼ばれる手軽なもの。黒豆や田作り、かまぼこなどだ。黒豆は「マメに働けるように」のごろ合わせで、田作りは五穀豊穣を祈る意味がある。焼き肴は海老や魚を焼いた物。鰤などの出世魚や、「めでたい」のごろ合わせがある鯛、背骨が曲がるまで長生きできるという縁起物の海老が使われることが多い。そして酢の物は、大根とにんじんを用いた紅白のなます、レンコンの酢の物など。レンコンは穴が開いているので「見通しが良い」と、縁起が良いのだ。そして煮しめは、くわいや、昆布巻、金柑などが多い。くわいは大きな芽が出ることから、「芽が出る=出世する」縁起物とされ、芽の出たものが使われる。昆布は「よろこぶ」のごろ合わせ、金柑は「金の冠」に通じると考えられているからだ。
その他にも縁起が良いとしてよく使われる食材は、子孫繁栄を願う「数の子」、勝負に勝つための「搗(か)ち栗」などがある。

「よろこんぶ」のごろ合わせがある昆布巻「よろこんぶ」のごろ合わせがある昆布巻

御節料理と一緒にいただく御屠蘇(おとそ)とは

漆器製の屠蘇器漆器製の屠蘇器

御節料理と共にいただく飲み物と言えば、御屠蘇だろう。御屠蘇の「屠」は「ほふる」と読み、悪鬼を倒す意味がある。「蘇」は魂を蘇らせるという意味だとも、悪鬼の名前だとも言われておりはっきりしないが、どちらにせよ年の初めに邪気を祓い、一年を息災に過ごし、長寿を願おうとするものだ。
薬草をお酒に浸して作るが、薬草の種類は蜀椒、細辛、防風、肉桂、陳皮などで、地域によってさまざまだが、胃腸の働きを助け、風邪予防に効果があるとされる薬草ばかりだ。そしてそれらの薬草を合わせたものを「屠蘇散」と呼ぶ。
屠蘇器は、お銚子と大中小の三枚の杯、そして杯を載せる台、それらをすべて載せる盆でひと揃え。漆器製や陶磁器製はもちろん、ガラス製のものもある。
屠蘇は唐の時代に始まったと考えられるが、日本にいつごろ入ったかはわかっていない。ただ、紀貫之の土佐日記の承平四年(じょうへいよねん・西暦935年)師走廿九日(しわすにじゅうくにち・12月29日)条に、「くす師ふりはへて屠蘇白散酒加へてもて來たり」とあり、平安時代には飲まれていたことがわかる。この頃はまだ貴族だけの習慣だったようだが、江戸時代までには庶民に広がり、年末に医者が屠蘇散を配る風習も生まれたようだ。

主婦をいたわるための習慣でもあった御節料理

「まめまめしく働ける」に通じる黒豆「まめまめしく働ける」に通じる黒豆

縁起物を詰め込んだ御節料理は一年の初めのお正月にふさわしいものだが、元旦だけでは食べきれないほど大量につくるのには意味がある。
お正月に火や刃物を使うと縁起が悪いとされており、大晦日のうちに大量の料理を作って、お正月の間は調理を休もうと考えたのだ。なぜ火や刃物を使ってはいけないのかには諸説あるが、古来竃には神様がいると考えられており、お正月から神様を働かせるのはよくないからというのが定説だ。しかしもっと現実的な理由もある。火を使えば火傷をすることもあるし、刃物を使えば大けがをするかもしれない。昔のお医者様は正月から開業していなかったから、焼けどや怪我をしたら大変だからという配慮があったのだろう。また日ごろ忙しく働く女性たちを、お正月くらいは休ませてあげようという思いやりの心もあるとされている。
現代では、御節料理を自宅で作らず、スーパーで買ってきたお惣菜を詰めるだけとか、既にできあがった御節料理を買ってくるだけのご家庭も多いだろう。しかし、昔ながらの風習を廃れさせてしまうのも、残念だ。来年のお正月はゆっくり休むと決め、家族全員で御節料理に挑戦してみるのも良いかもしれない。

2015年 12月25日 11時06分