「一人暮らしだから、自分の物がたくさん持てる!」は間違い

限られた空間でいかに快適に暮らせるかは「物」の量が大事限られた空間でいかに快適に暮らせるかは「物」の量が大事

この春から新居に移り、一人暮らしを始めたという人も多いだろう。いざ生活を始めてみると、身の回りにはどんどん物が増えていく。収納は生活用品でいっぱいになり、広く感じていた部屋も物で溢れ始めていた。そんな事態にお困りではないだろうか?
今回は、つい溢れてしまうクローゼットの整理方法についてお伝えしよう。

一人暮らしは思った以上に物が多い。
実家ではいくら物が増えても自分の部屋に収まっていたはずなのに、一人暮らしになると収まりきらない。それは今まで「自分の持ち物」だけで成り立っていたからだ。しかし一人暮らしともなると今までの持ち物に加え、キッチンやトイレ、タオルやトイレットペーパー、食品、掃除道具などの生活用品のすべてが「自分の持ち物」となる。良く考えれば当然の話であるのだが、なぜか「今までと同じ量なら収納できるだろう、むしろ一人ならもっと増やせるのではないか」などと、つい思ってしまうのだ。
一人暮らしだからといって、自分の物が多く持てるわけではないのである。

そしてその「自分の持ち物」をなんでも詰め込んでしまいがちになるがクローゼット。
ファミリー向けの家であれば生活動線にあわせた収納が、洗面、トイレ、廊下などの各所にも確保されていることが多い。しかし一人向けのワンルームともなると、優先されるのは部屋の広さであり、収納スペースはクローゼットだけ、というケースも珍しくない。そのため、クローゼットには洋服やバッグだけでなく、書類や文房具、生活雑貨等「いろんなもの」を入れる保管庫になりやすい。多くのものが収納されているので、片づけづらい上に取り出しにくいこともネックだ。

小さな部屋だからこそ機能的に使いたい、必要な事はまずは「整理」

整理をする上でのポイントを押さえていこう。

1.物の量を最適化しよう
不要なものをひとつでも減らすという積み重ねにより、物の量がだんだんと適量になっていく。なによりも今の自分に必要なものだけと暮らすので、ストレスフリーで暮らしやすい空間になる。

2.全ての物を確認しよう
最適化のためにも要不要をひとつずつ確認し、仕分けしていこう。もちろん「もったいない」と思う気持ちもあるが、持っているだけでは自己満足にすぎない。物は使ってこそ価値がある。限られたスペースを、使用していない物のために確保するのはもったいない。家賃だって発生している。不要なものを残しておくのは結果的に、物にも自分にもハッピーなことではないのだ。

仕分けの判断目安を挙げていこう。あなたの部屋にこんなものはないだろうか?

・衣類
1年以上着ていない服、今シーズン着なかった服、履かない靴下やストッキング、多すぎるハンカチタオル

・化粧品
使わない色の化粧品、複数本持っているリップやグロス、使いかけのファンデーション、使用しないサンプル品

・書類、本
不要な家電説明書類、DM、必要のない資格本、読み返さない本、仕事で出た不要な書類

・掃除用具
使わない個別用途の掃除用具

・キッチン
使わない食器や調理器具、好みではない食器、増えすぎたコンビニ袋や割り箸等、賞味期限切れの食材、使用しない調味料

・洗面所
多すぎるタオル類

・玄関
必要以上にある傘、履かない靴、余分な靴の箱

ハンカチやタオルは洗濯回数に合わせた枚数だけ持っていれば十分であるし、家電の説明書は最近、インターネットで確認が可能なものも多い。掃除グッズは使用場所や掃除方法によって細かく分けて販売されているので、ついつい購入しがちになるが、重曹など1本で様々に使い分けられる物を選び、できるだけコンパクトにまとめたい。

3.「整理」で空きスペースの確保
不要な物を整理することで、今までいっぱいだった場所に余裕ができる。無駄なスペースがいかに多かったことかと発見し、スペースがなくてどうしても置けなかった物が移動できることも。収納スペースが確保されることで、家全体に「良い流れ」を生じさせる。

部屋の中でのゾーン分け

物が「整理」できたらゾーン分けをしていく。
限られたスペースの中で、片づけやすい収納にするために大切な収納ゾーンの配置。部屋に合わせて先に決めてしまうのもいいが、一人暮らしの場合は使用頻度による「定位置」を大事にしたい。キレイにすっきり収納させることもポイントではあるけれど、使い勝手が悪いと元に戻す手間ばかり増え、結果的に出しっぱなしになってしまう。家の中でどこに何を配置すれば、出しやすくて戻しやすいかを考えて配置する。

間取りに合わせた、暮らしやすい動線に沿って定位置を決める間取りに合わせた、暮らしやすい動線に沿って定位置を決める

クローゼット収納のポイント!

ひとり暮らしクローゼットの中は様々なものが混在するので、クローゼットの中でもゾーン分けが大切ひとり暮らしクローゼットの中は様々なものが混在するので、クローゼットの中でもゾーン分けが大切

家の中でゾーン分けができたらいよいよクローゼットに収納していこう。
クローゼットにもいろいろな種類があるので、そのサイズや機能によって収納方法も様々ではあるが、ポイントをまとめると次のようになる。

1.使用頻度が高い物は手前に置く
取り出しやすく、戻しやすい配置を徹底する

2.ゾーン分けをしよう
クローゼットの中でもゾーン分けを行う

3.クローゼットの中を見える化
通常、扉を閉めておくクローゼット。中をすっきりさせるために多様な収納ケースを使ってしまいがちだが、これは使い勝手を悪くする。ぱっと見てどこに何があるかを把握できるようにしておきたい。

一人暮らしの部屋へは、洋服や趣味のグッズなど今まで自分の部屋を占領していた物をしっかりと整理したうえで持ち込まないと、最初から物で溢れる部屋になってしまいかねない。また、キレイに整理をして余裕があったはずの部屋も、生活をするにつれて物は増えていく。家事を効率的に行うことも大切だが、増える予定の物を考慮して、常に「満杯」にならない生活を心がけたい。

2015年 06月03日 11時07分