実は、クリスマスは「イエスキリストの誕生日」ではない?

クリスマスは、ゲルマン人などによる冬至祭りの「ユール」が起源クリスマスは、ゲルマン人などによる冬至祭りの「ユール」が起源

12月25日はクリスマス……クリスマスはイエス・キリストの誕生日だと考えている人は少なくないだろう。しかし、キリスト教においてクリスマスは「イエスキリストの誕生日」ではなく「イエスキリストの生誕を記念する日」とされている。

実は、聖書にはキリストが生まれた日についてはっきり書かれていない。三賢人が東の空に星を見つけ、救世主の誕生を知ったという記述から、さまざまに推察されてはいるが、12月25日に生まれたという説もないのだ。

むしろクリスマスは、ゲルマン人などによる冬至祭りの「ユール」が起源と考えられている。実際、北欧では今でもクリスマスをユールと呼んでいるのだ。
日本でも冬至を「太陽復活の日」ととらえ、さまざまな祭りが開催されていたから、クリスマスを受け入れるのに抵抗はなかったのだろう。そこで次に、日本でクリスマスが祝われるようになったのはいつからなのか、見ていこう。

日本におけるクリスマスの歴史

イエズス会宣教師で、フランシスコ・ザビエルとともに日本で布教したコスメ・デ・トレースが、1552年に現在の山口県において降誕祭を行ったのが、日本における最古のクリスマスだと考えられている。しかしその後、徳川家康がキリスト教を禁教としたので、クリスマスも途絶えてしまう。

天草などには隠れキリシタンもいたが、クリスマスが祝われていたかどうかはわかっていない。ただ長崎の出島など、外国人が出入りしていた場所では、「冬至祭り」として祝われていたようだ。
明治時代になると、銀座の明治屋がクリスマスの売り出しを始め、庶民の間にも普及するが、本格的に浸透したのは昭和になってからと考えられている。

戦前は天皇の誕生日とともに崩御の日も祝日としていた。そして大正天皇が1926年12月25日に崩御したため、1948年に国民の祝日に関する法律が施行されるまで、12月25日は「大正天皇祭」として祝日となったのだ。この期間にクリスマスが定着したと考えられている。このころ既に、東京のカフェや喫茶店でクリスマスの特別メニューが提供され、店員たちもクリスマスの仮装をしていたようだ。

太平洋戦争のさなかは英語が禁止され、欧米風の祭りも自粛はされたが、クリスマスツリーの写真が残されており、クリスマスを厳しく禁止したわけではないようだ。

クリスマスの風習は、国によってさまざま

ドイツでは、ドライフルーツや油脂をたっぷり使ったシュトーレンと呼ばれるパンをクリスマスまで少しずつ食べる習慣もドイツでは、ドライフルーツや油脂をたっぷり使ったシュトーレンと呼ばれるパンをクリスマスまで少しずつ食べる習慣も

キリスト教宣教師は、布教の際に各地のイベントを採り込んで、クリスマスやハロウィンなどのキリスト教の祭りとしていった。そのため土着の風習の痕跡も残っているし、プロテスタントとカトリックではクリスマスの意味も微妙に違う。クリスマスの祝い方も国によって違いがあるので、見てみよう。

まず、ゲルマン文化を残すドイツでは、プレゼントを運んでくるのがサンタクロースではなく、ヴァイナハツマンと呼ばれる男性だ。ヴァイナハツマンは、古くからゲルマン人が信じてきた妖精で、良い子にはプレゼントを、悪い子には鞭を贈ると信じられていた。また、2週間ほど前からドライフルーツや油脂をたっぷり使ったシュトーレンと呼ばれるパンを焼き、クリスマスまで少しずつ食べていく習慣がある。ドライフルーツの味がパン生地に移っていくにつれ、クリスマスへの期待が高まっていくのだ。

カトリック系の国であるフランスやイタリアでは、1月6日までクリスマスが祝われる。カトリック教会において1月6日は、救世主イエス・キリストがこの世に現れたことを記念し、公現祭と呼ばれる祝日だ。
カトリック系とはいえケルトやゲルマン文化の影響が残るフランスでは、ブッシュ・ド・ノエルという切り株を模したケーキが、クリスマスの定番だ。ケルト人やゲルマン人は冬至祭りに太い薪を燃やして周りに家族が集まり、ご馳走を食べる習慣があった。ブッシュ・ド・ノエルはその名残なのだ。
また、イタリアではなんと、魔女のベファーナがプレゼントを配るのだそうだ。ベファーナは優秀な家政婦だったが、イエス・キリストの誕生を祝うため一緒に行こうと三賢人から誘われたのを断った。しかしそれを後悔し、今もキリストを探し続けていると信じられているのだ。聖書にはない伝承が伝わっているのは、土着信仰の名残かもしれない。

プロテスタント系のイギリス国教会信者が多いイギリスでは、クリスマスは家族で祝う日とされている。イエス・キリストの降臨を待ち望む期間を意味し、11月下旬から始まる「アドベント」の時期にはツリーやリース、アドベントカレンダーを飾り、クリスマス当日は家族そろって食事を楽しむ。また、クリスマスケーキではなく、クリスマスプディングを食べる。プディングは必ずしも甘いものではなく、小麦粉や油脂、卵を混ぜた生地にさまざまな具を入れて、蒸したり煮たりしたもので、家庭ごとに味があるようだ。
アメリカもイギリスと似た風習で、家族でプレゼントを交換しあう習慣もある。

家族で楽しいクリスマスを

日本では、12月にもなると、街がイルミネーションで飾られ、クリスマスソングが流れる。
日本のクリスマスケーキは、華やかに飾られたものが多いが、華麗なクリスマスケーキは日本独自のもののようだ。日本ではじめてクリスマスケーキを発売したのは不二家で、1922年のこととされている。
また、昭和後期から平成初期ごろまでは、クリスマスは家族で過ごすより、恋人と過ごす日というイメージも強かったが、近年は、クリスマスを家族で過ごす人も増えた。

日本ではまだ歴史の浅いクリスマス。プロテスタントやカトリックの信者でないのなら、その祝い方に決まりはない。ドイツ式にシュトーレンを焼いて少しずつ食べたり、アメリカ式に七面鳥を焼いたりと、工夫をこらしている家庭も多いようだ。また、多くの教会でミサが開かれており、信者以外も迎え入れてくれることも多い。
さまざまな国のクリスマスを参考にしながら、家族で楽しいクリスマスにしてほしい。

街にクリスマスイルミネーションが溢れる時期…。家族と共に幸せなクリスマスを街にクリスマスイルミネーションが溢れる時期…。家族と共に幸せなクリスマスを

2016年 12月16日 11時05分