SDGsとはSustainable Development Goals=持続可能な開発目標の略

最近、ニュースやウェブサイトで見かけるようになったSDGs(エスディージーズ)もしくはグローバル・ゴールズという言葉。

これは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、加盟している193ケ国が2016年から2030年の15年間で達成するべく掲げた国際的な目標のことだ。何を目標として掲げたのかというと、具体的には17の項目(ゴール)と169のターゲットが示され、「地球上の誰一人として取り残さない」ことが目的とされている。

ゴール=大目標を順に列挙すると、
1. 貧困をなくそう:あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ
2. 飢餓をゼロに:飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の安全を確保するとともに、持続可能な農業を推進する
3. すべての人に健康と福祉を:あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し、福祉を推進する
4. 質の高い教育をみんなに:すべての人に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
5. ジェンダー平等を実現しよう:ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る
6. 安全な水とトイレを世界中に:すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する
7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに:すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する
8. 働きがいも経済成長も:すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセントワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する
9. 産業と技術革新の基盤をつくろう:強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る
10. 人や国の不平等をなくそう:国内および国家間の格差を是正する
11. 住み続けられるまちづくりを:都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする
12. つくる責任 つかう責任:持続可能な消費と生産のパターンを確保する
13. 気候変動に具体的な対策を:気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る
14. 海の豊かさを守ろう:海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する
15. 陸の豊かさも守ろう:陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の促進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る
16. 平和と公正をすべての人に:持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する
17. パートナーシップで目標を達成しよう:持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

17の項目(ゴール)17の項目(ゴール)

これらは開発途上国だけでなく、先進国においても達成されるべき目標として掲げられている

上記の通り、貧困、飢餓、健康など人類が解決すべき最優先事項に加えて、気候変動や経済的不平等、イノベーション、消費、平和と正義などの分野も盛り込まれている。特定の目標を達成するために別の目標と関連する問題にも取り組まねばならないことが多いという点で、目標は相互の関係性が強い目標といえる。

SDGsは、現在正しい選択をすることで将来の暮らしを持続可能な形でより良くしていくことを目指している。繰り返し登場する「包摂的な」とは、社会的に弱い立場にある人も含めて全体で支え合うという意味が込められている。つまり国や社会全体で支え合い、共通の目標と共通の認識をもとに団結しようという呼びかけでもある。世界のどこかで発生している気候変動や貧困、飢餓、不平等などを解決し、また解決するためのノウハウを共有することで17のゴールを達成しようという地球規模の目標となっている。

日本でも日々生活していく上でSDGsに掲げられた目標を取り入れ、街づくりに活かそうという動きが広がりつつある。日々漫然と暮らすのではなく、解決するべき課題を意識して持続可能に生活していくことで将来の地域、国、社会、世界、地球がより良いものになるという考え方だ。

それだけ貧困や災害、気候変動、経済的影響などはどこかで発生しても、急速に地球規模で広がってしまう可能性が考えられ、また危惧されているということなのだろう。

日本におけるSDGsの取り組み

国連サミットでの採択を受けて、日本でも2016年5月に総理大臣と閣僚をメンバーとする「持続可能な開発目標推進本部」が設立され、会議も定期的に開催されている。
既に経済、社会、環境の分野における8つの優先課題と140の施策を盛り込んだ実施指針が公表されている。

また、推進本部での決定により、日本は国債保険の推進と難民問題への対応のため合計9億ドルの支援を行い、女性が輝く社会に向けて総額30億ドルの取り組みを実施することを公表している。日本は円に換算して約4000億円もの投資を行うSDGs積極推進国なのだ。

さらに、2019年には「SDGsアクションプラン2019」も公表し、
1. SDGsと連携する「Society(ソサエティー)5.0」の推進
2. SDGsを原動力とした地方創生、強靭かつ環境にやさしい魅力的なまちづくり
3. SDGsの担い手として次世代・女性のエンパワーメント

を骨子として、経済、地方創生、女性活躍推進、高校無償化、高齢化対策などを推進するとしている。

17の国際目標ゴールの特徴17の国際目標ゴールの特徴

住宅や地域から考えるSDGsとは

SDGs を住宅や地域=地方創生といった視点から考えると、11番目に「住み続けられるまちづくりを」というゴールが設定されていることに注目したい。
これは日本に当てはめると、SDGsアクションプラン2019で公表された「地方創生」の観点から主に語られることとなる。

SDGs推進本部が設置された2016年以降、各地域ではSDGsという課題設定を積極活用して地方創生を実現するのことが大きな流れとして考えられる。2019年7月には2018年に引き続いて全国31の地域が「SDGs未来都市」に選定され、そのうちの10地域(地図緑色に表記された都市)には予算も交付されている。

「SDGs未来都市」は特に持続可能な街づくりを目標に掲げる自治体を全国から選び、国としてサポートする仕組みとして機能している。

全国31の地域が「SDGs未来都市」に選定された全国31の地域が「SDGs未来都市」に選定された

「SDGs未来都市」に共通するキーワードは経済、社会、環境

これら選定された未来都市の持続可能な街づくりには様々なテーマが設定され、目標が掲げられている。

一例を挙げると、福島県郡山市では「SDGs体感未来都市こおりやま」とのテーマで、健康をキーワードに経済、社会、環境において持続可能な街づくりに取り組むとしている。
具体的にはオープンデータを活用した広域医療分析、ICTを活用した健康寿命延伸対策によって医療・健康産業の集積、健康寿命延伸による医療費抑制、環境負荷の少ない快適な生活環境の確保などを掲げている。

また、熊本市も熊本地震の経験と教訓を活かし、地域防災力を高めて循環型地域経営モデルの確立、多文化共生社会への対応などの課題解決に向けて国際化、地域内外連携、人材育成を図るとしている。

これらのモデル事業に選定された地域に共通するのは、地域固有の環境やインフラを保全・有効活用して、地域経済と地域社会の活性化を促進しようとしていることだ。

つまりキーワードは「経済」「社会」「環境」の3つ。
この3つのキーワードをバランスよく、地域によってはいずれかをやや重視して持続可能な=将来にわたって地域住民が安心して住み続けられる街づくりをしようとしているのが共通する取り組みである。

これは、環境に負荷をかけるようなことは極力避け、また環境に付加を与える企業に投資せず、地域環境を保全しつつ法人と個人が活動できる社会を育成するためのプラットホームを作れば、循環型の地域社会が育成できるという健全な考え方に基づいている。

SDGsとは何も難しいことではなく、街に将来にわたって人が住み続けていくためにどうすれば良いか、そのための視点を示唆してくれる「チェックリスト」と考えるべきだろう。

2019年 08月29日 11時05分