西日本最大級のニュータウン「泉北ニュータウン」

日本では、第二次世界大戦後の住宅不足、その後の高度経済成長期をむかえ、都市の労働人口が増えた時期に多くの住宅が造られた。また、この時期を経て都市の過密化を回避するために多くのニュータウンが市街地とともに誕生している。

マスタープランに基づいて、大規模な都市基盤整備工事の実施で誕生したニュータウンは、東京都市圏の「多摩ニュータウン」「港北ニュータウン」や大阪都市圏の「千里ニュータウン」「泉北ニュータウン」などが代表的な例としてあげられるだろう。高度経済成長期に開発されたこれらニュータウンは、約50年を経て、住民の少子高齢化や若者の人口流出、建物の老朽化などの問題が数多く生じはじめている。

「泉北ニュータウン」は、1967年に誕生した開発面積1557ヘクタール・計画人口18万人を誇る西日本最大級のニュータウンだ。独立行政法人都市再生機構(※以下、UR都市機構)と堺市は連携し、泉北ニュータウンの課題に対応するため、若者世代が魅力を感じ、多様な世代が快適に将来も住み続けることができるまちをめざし、泉北ニュータウン内のUR賃貸住宅のリノベーション事業に取り組んでいる。

今回、新たなリノベーション住戸が誕生するというので、UR都市機構と堺市の担当者にお話を聞いてきた。

昭和47年の開発中の泉北ニュータウン。当時は暮らしの最先端として団地暮らしは注目を集めた(写真提供:堺市)昭和47年の開発中の泉北ニュータウン。当時は暮らしの最先端として団地暮らしは注目を集めた(写真提供:堺市)

泉北ニュータウンの若年層の転入促進を

今回、お話を伺った堺市 市長公室 ニュータウン再生室の井上さん(左)、UR都市機構 西日本支社 大阪エリア経営部 企画課の浅見さん(中)と峯尾さん(右)今回、お話を伺った堺市 市長公室 ニュータウン再生室の井上さん(左)、UR都市機構 西日本支社 大阪エリア経営部 企画課の浅見さん(中)と峯尾さん(右)

お話をうかがったのは、UR都市機構 西日本支社 大阪エリア経営部 企画課の浅見さんと峯尾さん、堺市 市長公室 ニュータウン地域再生室の井上さんだ。

「泉北ニュータウンは、戦後の高度経済成長期以降、大阪の発展とともにベッドタウンとして機能してきた都市です。全国のニュータウンでも見られますが、少子高齢化の流れは止めらず泉北ニュータウンは転出超過による人口減が続いています。そこで、まちを築いてきたこれまでの建物をリノベーションするストック活用により、泉北ニュータウンの豊かな住環境を活かした若年層の転入促進を進めています。そのひとつがUR都市機構さんとのリノベーション事業です」と、井上さん。

「泉北ニュータウンのUR賃貸物件は、築50年を経て、建物の修繕や設備のリノベーションはこれまでも行ってきています。しかし、堺市さんとプランする中で若年層にもっと魅力を感じてもらおうと通常のリノベーションだけにとどまらず、間取りや内装の設計・改修に力を入れたプランをつくっています。これまでも泉北茶山台二丁団地の“MUJI×UR”や泉北鴨谷台三丁団地の“ぐるり”など、現代のライフスタイルにあわせたプランを発表し、いずれも人気を得てきました。
今回の泉北城山台三丁団地のリノベーションプランは、分譲マンションレベルの79m2~88m2という広さを生かして、自身のプランニングをもっと楽しめるように可変性をもたせた“変化する間取り”と“多様な暮らしへの対応”がポイントです」とUR都市機構の浅見さんはいう。

2つのプラン、「みんなのワンルーム」と「Wリビングの家」

今回発表されたプランは2つ、「みんなのワンルーム」と「Wリビングの家」だ。
「みんなのワンルーム」は79m2。もとは2つの和室を含む3LDKだが、仕切り壁を取り払うことで1LDKとして広々としたワンルームのような空間を実現した。可動間仕切りやパネルカーテン・建具や家具を入れることで1LDK~4LDKまで自由に間取りのコーディネートができる。
「2人暮らしの時は広々とした空間、お子さんが生まれたら間仕切りによって子ども部屋をつくったり、趣味の部屋に利用したりとアイディアやライフスタイル、暮らしのイメージによって可変が可能なプランとなっています」(UR峯尾さん)

また、「Wリビングの家」は88m2の4LDKをこちらも間仕切りや廊下を無くすことで、広々とした空間を南側と北側に実現。可動間仕切りによる間取りの追加は可能なほか、贅沢に家族と一緒のリビングだけでなく趣味のリビングや広々とした書斎として使うことも可能だ。
「ITなどの進化・働き方などの改革によって、趣味の時間が増えたりリモートワークが増えていく…など時代の変化も考えると、いままでのような寝るだけのプライバシーを考えた間取り設計だけでなく多様な間取りに変化できることはこれからの暮らしのニーズの一つだと思います」(堺市 井上さん)

いずれもプランも「ライフステージが変わったから引っ越すのではなく、住み続けてもらえるような工夫を入れました」(UR 浅見さん)と、いう。

和室2間の押入れを取るなどして間取りを変更。Afterは、開放的に使えるようになった「みんなのワンルーム」の使用イメージ例和室2間の押入れを取るなどして間取りを変更。Afterは、開放的に使えるようになった「みんなのワンルーム」の使用イメージ例

建物も環境も…ニュータウン再生の鍵は「住まう人の豊かさ」

UR都市機構と堺市では、新たな間取りプランの提供だけでなく割引制度や補助制度も準備している。UR都市機構では、近居割WIDEや子育て割、学生も申し込みが可能なU35割、そのママ割など若年層や子育て世代などの負担を軽減する割引プランを用意。
堺市でも、若年夫婦・子育て世帯向けに月額最大2万円を60ヶ月の家賃補助制度を設けている(※平成29年度 泉北ニュータウン住まいアシスト事業補助金 ※平成30年度は堺市の予算成立が前提。詳しくは堺市HPを参照)。

今回のリノベーション住宅のオープンルーム公開は2/24~3/4まで。プラン住戸の抽選会は3/5となっている。詳しくはUR都市機構のHPを確認してほしい。

ストック住宅問題の中でも、明らかに規模が大きいのがニュータウンである。約50年前と人々の暮らしは変わり、社会も変化してきた。しかし、ニュータウンはもう一度、その環境の豊かさと住居としての機能を見直すことで、また魅力ある住まい方のひとつとなり、再び多くの住まい手に選ばれる可能性を秘めているのかもしれない。

リノベーションやまちづくりをきっかけとして、「住まう人の豊かさ」を如何に引き出せるかが今後のニュータウン再生の鍵となりそうだ。

■取材協力・関連情報■
▼2/24(土)~泉北ニュータウンで堺市と連携した若年層向け先進的リノベーション住宅を抽選募集
https://www.ur-net.go.jp/chintai/information/2018/02/175.html
▼スマホ版
https://www.ur-net.go.jp/chintai/sp/information/2018/02/175.html

開放的な空間を自由なプランニングで楽しめる「みんなのワンルーム」。写真は、コーディネート例(※写真提供 UR都市機構)開放的な空間を自由なプランニングで楽しめる「みんなのワンルーム」。写真は、コーディネート例(※写真提供 UR都市機構)

2018年 02月23日 11時04分