昭和の高度経済成長期を支えてきた「団地」

昭和45年の団地の様子(洋光台団地)昭和45年の団地の様子(洋光台団地)

第二次世界大戦後、日本の住宅不足は深刻であった。またその後の第一次ベビーブーム(団塊の世代)、高度経済成長を通して、都市部に人口が集中し、住宅供給の問題は待ったなしの状況となった。そこで、1955年に日本住宅公団が設立され、1960~1980年前後に都市部で働くサラリーマンに良質な住宅を大量に供給するため、都市近郊を土地開発し、集合住宅の建築を行った。いわゆる公団住宅…「団地」である。規模としては数百戸から数千戸を超える大規模住宅もでき、団地内に集会所だけでなく、商店、銀行、郵便局など生活に必要な施設があるものも出来た。

日本住宅公団では当時、分譲した公団住宅も供給されたが、現在では主に賃貸の集合住宅を独立行政法人都市再生機構(UR都市機構 ※以下、UR)が「UR賃貸住宅」として引き継いでいる。

昭和40年代前後、水洗トイレ・お風呂・ダイニングキッチン・ベランダなどを取り入れた団地は、当時の人々にとって近代化・欧米化住宅の象徴であり、憧れの住宅として受け入れられた。

現在、多く建築された団地は、建設当時の住宅供給課題とは反対で、築40~50年という老朽化、設備・間取りの古さ、また、住民の高齢化という多くの課題を抱えている。

URの団地リノベーションの取り組み

落合団地(神戸市須磨区)のダイニングキッチン。写真右にMUJI×URで共同開発された壁付け専用のカウンターキッチン落合団地(神戸市須磨区)のダイニングキッチン。写真右にMUJI×URで共同開発された壁付け専用のカウンターキッチン"持ち出しキッチン"が採用されている。脚がないので、カウンター下が自由に使える。天井は天井クロスをはがしたそのままの風合いを生かしている

76万戸の団地を有するURのストックは老朽化等の課題がある一方、敷地や環境の豊かさ、まだまだ使える建物スペックなど、ストックを生かす方法を模索している。

"まちづくりと一体となった団地再生の推進"をもとに、これまでにも団地再生のデザインコンペや、リノベーション会社とのコラボレーションによるシェア型賃貸住宅や、退去時の原状回復義務を一部緩和し壁紙や棚付けなどを自由に行えるDIY住宅などを展開してきた。少子高齢化の進む社会の中で、高齢者の住みやすさと、子育てしやすい環境が両立するために様々な取り組みを行っているのだ。

その中に、無印良品との団地リノベーションプロジェクトがある。シンプルでデザイン性に優れたものづくりを行う無印良品とURとの共通点は「暮らし」である。
これからの団地の住まい方を考える「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」は平成24年6月に発足した。当初UR西日本で3団地17戸から始まったプロジェクトは次年度新たにUR西日本で2団地追加の58戸を供給し、東日本にて1団地15戸供給。そして、3年目に入る今年度は西日本、首都圏、千葉、埼玉、名古屋へエリアを拡大し、14団地19プラン累計187戸を供給する見込みである。
エリア拡大を機として、昭和40年まだ家庭にお風呂があることが贅沢だった時代に建てられた吹田市の千里青山台団地と、昭和53~56年高度経済成長により電化製品の「三種の神器」(テレビ・洗濯機・冷蔵庫)が普及し始めたころに建てられた神戸市の落合団地の内覧会に参加してきた。

MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクト

千里青山台(吹田市青山台)のモデルルーム。柱、鴨居はそのままに襖を取り払って広々とした空間にリノベーションされている。昔の千里青山台(吹田市青山台)のモデルルーム。柱、鴨居はそのままに襖を取り払って広々とした空間にリノベーションされている。昔の"床に座って過ごす"スタイルにあわせて窓が低い位置に設けられておりレトロさが逆に新しさを感じる

昭和40年代前後で建てられた団地の間取りは、収納や襖で仕切られた3DKの間取りが多い。細かく区切られた空間で"食事をする部屋""寝る部屋"などわけて過ごした昔と比べて、現在のライフスタイルは部屋の用途や導線が自由である。また、布団を片づけていた押入、細かいものを入れていた天袋なども現在の生活にあわせると、便利とはいえない。

MUJI×URの団地リノベーションは、「生かす、変える、自由にできる」ということを基本としている。
全体の構造体、柱、鴨居など大きな空間をつくる部分はできるだけそのまま残し、把手や一部の扉などレトロな風合いがある良いものはそのまま引き継ぐ。

変える部分としては、導線を確保するため、収納だった部分を抜いて部屋をつなげ、3DKを1LDKや2LDKに変更。押入は襖をはずして大きな収納として洋服をかけたり、収納ボックスを入れたり、机を入れてコーナー書斎として利用したり…と工夫を凝らしている。
また、畳には丈夫で触れ心地のよい麻畳を採用。襖は軽い段ボールふすまや柔らかな光を生み出し圧迫感のない半透明ふすま、組合せキッチンや脚がないため下が自由に使える持出しキッチンなど無印良品の暮らしのコンセプトとURの76万戸の管理経験から生まれた共同開発のアイテムが生きている。

住み手が自由に工夫できる部分も多い。ユニットシェルフを組み合わせたり、シンプルだからこそインテリアで自分流に部屋を変えたりできる。まさに「自由に編集できる暮らし」が楽しめそうだ。

内覧会に参加して思ったのは、窓から見える敷地の豊かさである。
千里青山台団地、落合団地とも4階建の低層階であるが、敷地にゆったりと建物が建てられていることもあり、窓からの景色は抜けて見え、気持ちがいい。また今回内覧したプランでは、千里青山台団地が3面に窓があり、落合団地も2面に窓があるため、採光がよく部屋の中は明るく、陽がさすと暖かさを感じる。

「新しい暮らし」を紡ぐ団地へ…

現在、多く建てられているマンションは、高層の建物も多く、また容積率いっぱいに建てられているものもある。ロビーやエントランスは高級感のあるつくりとなっていて、最上階にラウンジがあるなど、“ホテル”を思わせる建物が多い。それはそれで、ある意味での現代的な快適さを追求した結果だとは思う。
一方で、敷地がゆったり取られ、公園や小路がつくられ、季節を感じる樹木が植えられている団地は、今見ると高級マンションとは別の贅沢な敷地条件と住環境で建てられているのかもしれない。

76万戸あるということは、昭和の団地で育ってきた人も多いはずだ。
窓から小学校に通う子供たちの雨の日の黄色い傘が連なる情景を見たり、公園で遊んでいるとベランダから「夕食ですよ」と母親に呼ばれた記憶など、懐かしい「暮らしの風景」が思い出として蘇る人もいるだろう。また、たしかに団地全体では棟や住戸数が多かったものの、玄関が向かい合っていることもあり“お隣さん”の感覚があり、階段を共有することから同じ棟では顔見知りばかりで「おはようございます」「いってきます」の挨拶から、「暑いですね」「寒いですね」からはじまる会話など“ご近所”の感覚があったように感じる。

MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクトはその活動を「団地の良さを見直し、優れた部分を上手に生かしながら、そこに無印良品が積み重ねてきた知恵や工夫を掛け合わせて、これまでにない賃貸住宅をつくる活動」としている。

集合住宅の本当の暮らしの楽しさ、醍醐味はどこにあるのだろう?
このプロジェクトを通じて人々の暮らしを紡いできた団地が、新しい住まい手によって愛着を持って長く住みつないでもらうことで、「暮らしの新しいスタンダード」を生み出していくのかもしれない。

今回の新プランは、年明けからそれぞれ募集を開始する。
参考までに今回紹介した千里青山台と落合のスケジュール(UR西日本)を紹介すると
・募集予定戸数 千里青山台1プラン6戸、落合2プラン12戸
・募集開始    平成27年1月24日~(初日のみ抽選)
となっている。(※西日本以外の募集詳細については、別途HP等で確認してほしい)

神戸市須磨区の落合団地。団地の敷地内には多くの木々が植えられており、季節ごとに自然の移り変わりを感じられる神戸市須磨区の落合団地。団地の敷地内には多くの木々が植えられており、季節ごとに自然の移り変わりを感じられる

2015年 01月05日 11時09分