高度成長期に生まれたカプセルホテル

カプセルホテルの外景。2階へ登るステップは、寝台列車を参考にしたカプセルホテルの外景。2階へ登るステップは、寝台列車を参考にした

カプセルホテルと言えば、ベッドルームのみで宿泊料金が安く、少し窮屈なイメージがあるが、当初は最先端の建築理念を取り入れた施設であったことをご存じだろうか。実はその、「世界初」のカプセルホテルは大阪にある。1979年2月1日に誕生した、大阪の東梅田にあるカプセル・イン大阪だ。今回は、店長の本多眞一氏にお話を聞くことができた。

カプセル・イン大阪の母体であるニュージャパン観光株式会社は、当時はサウナ営業を主体とする企業だった。日本は高度成長期であり、残業で終電を逃してしまったサラリーマンが主な客層だったという。しかし、特に国鉄のスト前夜などは、仮眠室が満室になり、通路に寝る人も多く、経営者の中野幸雄氏は、「なんとかできないか」と考えていた。そこで思い出したのが、1970年に大阪で開催された国際博覧会で見かけた黒川紀章氏のカプセル住宅だったのだ。

高度成長期、日本は急激な人口増加、特に都市への人口集中への対応を余儀なくされていた。そこで、黒川紀章氏ら若手建築家は、人口増に合わせ、生き物のように成長する都市や建築を提唱。これが「メタボリズム」運動だ。カプセル住宅はその一端で、部屋などのユニットを入れ替えることで、人口増や住人のニーズに応えられる仕様となっている。その一つとして、東京に中銀カプセルタワービルが現存しているが、ボックス型の住宅を積み上げたような、ユニークな建物だ。

そこで中野氏が黒川氏に相談すると、「通常の倍以上集客できるカプセル式のホテルはどうだい?」と提案された。つまり、カプセル住宅の宿泊所版として具現化したのが、カプセルホテルなのだ。

その後はニュージャパン観光の社員も開発に加わり、全国の旅館やホテル、寝台列車を視察。最低限必要な設備は何か、寝やすい形状はと検討した。たとえば、2階へ登るステップは、寝台列車を参考にしている。

日本初のカプセルホテルに課せられた試行錯誤

創業当時の5階ラウンジ。英国風のデザインだった創業当時の5階ラウンジ。英国風のデザインだった

日本初のため、開業までは試行錯誤の連続だった。また法律の適用に関しても、日本初であるがゆえの紆余曲折があったようだ。
「大阪は、消防法も保健所のチェックも厳しい条例を施行しています。たとえば、建物の強度や照明、避難経路、スプリンクラーなど、それぞれに基準が厳しく、何度も役所に足を運んだと聞いています」と、本多氏。宿泊施設業界からの反発も大きかったとか。

開業時の客室数は415部屋。設備はベッドのほかにテレビやラジオ。デザインは当時としては珍しく丸みを帯びており、入り口の窓も四角ではなく、角に丸みを持たせている。疲れている企業戦士に、優しい雰囲気の中でリラックスしてもらおうという心遣いだろう。
各階にロビーがあり、3階は光と風のイメージをまとめた南欧風、4階はウッディな北欧風、5階は格調高い英国風、ブラインドやベッドカバーは北欧のデザインと、宿泊料は安く抑えながらも、高級感を大切にした。

時代の流れによる工夫にも迫られた。近隣にインターネットカフェや漫画喫茶、カラオケボックスなど、朝まで滞在できる施設が増え、オープン当初は100%、その後10年前後90%以上が続いた稼働率が下火になったのだ。

そこで、窮屈さを払拭するため、4階のカプセルを一回り大きなワイドカプセルに入れ替えた。低反発マットレスを入れて寝心地を改善し、それまでラジオやテレビの音はイヤフォンで聞かねばならなかったのを、耳元にスピーカーを設置して、臨場感のある音を楽しめるようにした。また、テレビも折りたたみ式の液晶にするなど、快適さを追求したという。
さらにWi-Fiを完備し、スマートフォンが普及すると、大阪で一番早くコンセントをとりつけ、充電できるように対応している。

インバウンド観光客を大量受け入れできない理由

店長の本多眞一氏店長の本多眞一氏

日本中でインバウンド観光客が増えているが、カプセル・イン大阪では、2割程度に押さえている。
「5カ国語に翻訳できる機能もありますし、英語や韓国語、中国語を使えるスタッフもいるのですが、サービス面やマナー面での対応が難しいのです。海外からのお客様の中には自転車やお土産物など、大量の荷物を持ち込む方もおられて、預かるスペースを確保できません。それに文化が違いますので、大声で話す方のが普通だと感じておられる方もおられます。当店は歴史が古く、お客様の多くが常連できてくださる方たちです。最大の目的は、忙しいお客様にリラックスしてゆっくり寝ていただくことですから、今のところ、インバウンド観光客の割合を増やすことは考えていません」と、老舗ならではの事情があるのだ。

カプセル・イン大阪が誕生してから40年弱。大阪北区エリアだけでも、昨年一年でカプセルホテルを含めたビジネスホテルが20軒も開業しており、五輪開催まではこの傾向が続くと予想される。しかし、ライバルはカプセルホテルやビジネスホテルだけではない。
「近年はラブホテルも出入り自由、男性同士や女性同士もOKで、朝食つき。インバウンドに対応すれば国からの援助金が出るので、観光客を多く集客しています。また、当ホテル創業者のコンセプトが、『帝国ホテルやホテルオークラを意識して、サービスは見劣りのないように』でしたから、高級ホテルにも目を配り、カプセルホテルだけを過剰に意識してはいません。むしろ、気になるのは民泊です。違法民泊が多く、安全面が徹底されていないので、今に大きな事故が起きるのではと心配しています」と、業界全体に対する危機意識があるという。

時代を追いかけるのではなく、基本に忠実に

創業当時と変わらず、現在でも会社帰りのサラリーマンの利用が多く、何年も泊まり続ける常連客もいるというが、今後はどのように進化するのだろうか。
「時代に合わせて進化しようと試行錯誤するのは大切なことです。しかし、たとえば衛星放送が始まったときはWOWWOWの導入を、インターネットの時代がやってきたときは、パソコンの設置を考えましたが、今やスマートフォン一台あれば、なんでもできる時代になり、過剰な設備は不要です。時代を追いかけすぎると、それからまた時代が変わったときに取り残されてしまうのです。ホテルに一番大切なのは、安全、安心、そして快眠。セキュリティを万全にし、眠りやすい枕に取り替えたり、においに気をつけたりして、リラックスできる空間作りを追求していきたいと考えています」

カプセル・イン大阪は男性専用だが、生きた建築ミュージアム フェスティバルでは、「生きた建築」の一つに選ばれ、一般に開放される日もあるとか。興味のある人は、機会を見つけて、見学してみてはいかがだろう。

創業当時の部屋内部。現在との大きな違いは、テレビがブラウン管なことだ創業当時の部屋内部。現在との大きな違いは、テレビがブラウン管なことだ

2017年 10月28日 11時00分