中銀カプセルタワービルをより多くの人に知ってもらうために、プロジェクトを立ち上げ

建築家の故黒川紀章氏の代表作のひとつとして知られる、東京・銀座の「中銀カプセルタワービル」。11階建てと13階建ての2棟で形成され、カプセルタワービルの文字通り140ものカプセルがボルトで固定された、かなり個性的なデザインの建物だ。カプセルは着脱可能で、メタボリズム(新陳代謝)という建築理念を象徴する、世界的にも高い評価を受けている建築物だ。

この中銀カプセルタワービル、老朽化による解体か、それとも保存・再生の道を辿るか、価値ある建築物ゆえにその狭間で揺れている。ビルは1972年に完成。建築後45年近く経ち、老朽化が進んでいることも事実だ。一方で、世界的にも評価が高いこのビルを保存・再生しようと考える有志も数多い。

「プロジェクトの発足は2014年11月です。保存派のオーナーや住人、外部の有志の方など30人ほどで活動を行っています」と語るのは、「中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト」代表の前田達之さん。自身もこのビルに13部屋を所有するオーナーで、ビルの管理組合の理事も務めている。
「私が理事になった時、管理組合は基本的に建て替えを前提に動いていました。保存したいと考えるオーナーが増えてきていましたが、個人個人で保存を訴えてもなかなか難しいと感じ、保存プロジェクトみたいな形で集まって活動をすれば、このビルとビルの現状を多くの人に知ってもらえるのではないかと考えました」と、プロジェクト立ち上げのきっかけを話す。

左・右上/エレベーターシャフトのある2本の尖塔に140個のカプセルが取り付けられた、中銀カプセルタワービルの特徴的な外観。丸窓も印象的。メタボリズムを表現した、世界的にも有名な建物。竣工は1972年 </br>右下/濁点がなくなるなど、歴史を感じさせる建物表示左・右上/エレベーターシャフトのある2本の尖塔に140個のカプセルが取り付けられた、中銀カプセルタワービルの特徴的な外観。丸窓も印象的。メタボリズムを表現した、世界的にも有名な建物。竣工は1972年 
右下/濁点がなくなるなど、歴史を感じさせる建物表示

現在は、建て替えも大規模修繕工事もままならない、宙ぶらりんな状況

それでは、現在の中銀カプセルタワービルの現在の状況はどうなのだろうか。
「このビルは大規模修繕工事が行われていません。大規模修繕を行うには議決権の半数以上が必要なのですが、議決権の約3分の1を持つ中銀さんが建て替えたいと考えていることもあり半数に届きません。同時に、建て替えに必要な5分の4以上の賛成も得られないため、建て替えもできない状況です」と前田さん。

現在、140のカプセルのうち80~90が稼働中という。住まいとして使っている人はもちろん、事務所やセカンドハウス、音楽を楽しむための趣味部屋としてなど、様々な用途で使われている。
「4年前に六本木ヒルズでメタボリズム展があり、それを見てこのビルに興味を持ち、住みたいと考えた人が多かったようですね。建築関係やアートに興味のある人などが多いように思います」

クラウドファンディングによる書籍「中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟」の出版などプロジェクトメンバーによるPR活動の効果もあり、賃貸の場合だと空き物件が出ればすぐに埋まるという。また、購入希望者をプールする「カプセルバンク」には40名ほどの登録があり、売り物件が出れば購入希望者が列をなして待っているという状況だ。

ちなみに、前田さんはどうしてこのビルに興味を持ったのだろうか。
「会社が近くにあるため、毎日のように見ていて強く印象に残っていました。2007年に建て替えが決まったと聞いて『もう入れないのかな』と残念に思っていたのですが、ビルの裏手でたまたま『売りカプセル』の捨て看板を発見しまして。すぐに連絡して衝動買いをしてしまいました」

ペンキや漆喰の塗装、床の手入れなど傷んだ内装を自身でリノベーションするうちにすっかりその作業が楽しくなり、13部屋を所有するほどこのビルに「はまった」そうだ。

左/大きな丸窓から光が入る室内。部屋の広さは約10m2。オーディオ機器などは当時の最先端の物が使用されていた。</br>床や壁などは前田さんがリノベーションを行いきれいに仕上げている</br>右/扉の奥に浴室やトイレが収まる。住居や事務所などのほか、セカンドハウスや趣味部屋として使う人も多い左/大きな丸窓から光が入る室内。部屋の広さは約10m2。オーディオ機器などは当時の最先端の物が使用されていた。
床や壁などは前田さんがリノベーションを行いきれいに仕上げている
右/扉の奥に浴室やトイレが収まる。住居や事務所などのほか、セカンドハウスや趣味部屋として使う人も多い

「世界遺産の候補になれば、保存活動がより活発になると思います」

お話を伺った、中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト代表の前田達之さん。「修繕積立金はかなりの額が貯まっています。議決権の半数を確保して大規模修繕工事を行い、建物の寿命を延ばしたいですね」お話を伺った、中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト代表の前田達之さん。「修繕積立金はかなりの額が貯まっています。議決権の半数を確保して大規模修繕工事を行い、建物の寿命を延ばしたいですね」

「メタボリズムという、日本発で世界に広がった建築思想による代表的な建物。壊してしまったら、同じ物は二度とつくれないでしょう。このビルは、日本よりも海外でより高い評価を受けているように感じています」と、ビルの存在意義を語る前田さん。建築を学ぶ外国人学生のツアーなどの問い合わせも数多くあるといい、カプセルを用いた斬新な建築に魅せられたファンが連日のように見学に訪れる。

昨年は数多くの映画に出演するハリウッドスターが見学に来たほか、一昨年には著名な映画監督が夫人同伴で見学に訪れた。前田さんが建物の中を案内したところ「すごい!」と感激されたそうだ。

「昨年秋にICOMOS(文化遺産の保存、保護を目的とする原理、方法論、保存科学技術の研究・ 応用、そして、世界遺産登録の審査、モニタリングの活動を行っている)の方々が来られました。その時に『今はコルビュジエだが、その次は代々木体育館と中銀カプセルタワービルを世界遺産にしたいと考えている』と話していました」との前田さんの言葉からも、世界中で高い評価を受け、保存に値する建物であることが伺い知れるだろう。

中銀カプセルタワービルの存在をアピールする様々なイベントを企画

もっと多くの人に中銀カプセルタワービルを知ってもらいたい。それが保存・再生への道につながると考える前田さん。昨年はクラウドファウンディングによる本の出版を行い、さらに今年は「中銀カプセルアートプロジェクト」と命名し、PR活動やイベントなどを積極的に実行していくという。
 
まず8月には、「中銀カプセルガール」と題した写真展を開催。中銀カプセルタワービルは、国内外を問わずアーティストから人気が高いものの、住居やオフィス空間ということもありカプセル内を見学できる機会は非常に少ない。そこでわずか10m2のカプセルにモデルを入れてアーティスティックに撮影し、中銀カプセルタワーの「今」を紹介しようとする試みだ。カメラマンは山本華漸さん。8月25日から28日まで、東京都文京区の「Gallery NIW」にて開催される。

第2弾は、世界の映画祭で数々の賞を受賞したドキュメンタリー映画「ミリキタニの猫」の原画展をカプセル内で開催予定。さらに来年3月には、想いを込めたメッセージを書いて窓辺を彩る、「窓をアートにするプロジェクト」を計画中。ほかにも、イラストレーターの企画展や映像プロデューサーによる展示会、トークイベントなども考えているそうだ。

「当初賃貸住宅として貸し出す予定が、分譲マンションとして売り出したことで、修繕が進まなかった一方、今でも残っているという運命を感じますね。
より多くの人にこのビルを知っていただき入居者が増えることで、保存の方向にうまく舵が切れればと考えています。まずはこのビルをより多くの人に知っていただけるように、活動を行っていく予定です」と前田さん。

このビルの保存に興味のある人は、今後ますます活発になるであろう中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクトの取り組みを応援していただきたい。

■中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト/
http://www.nakagincapsuletower.com/

■中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト(フェイスブック)/
https://www.facebook.com/NakaginCapsuleTower/

■Gallery NIW
http://gallery-niw.jp/

今年8月に行われる写真展「中銀カプセルガール」の撮影の様子。</br>わずか10m2のカプセルの中で撮影された芸術を味わっていただきたい今年8月に行われる写真展「中銀カプセルガール」の撮影の様子。
わずか10m2のカプセルの中で撮影された芸術を味わっていただきたい

2016年 08月01日 11時05分