古代の国府と近代の陸軍の街。総合大学建設の構想もあった

市川は戦前から「東の鎌倉」と言われた高名な住宅地、別荘地であり、永井荷風、日本画家・東山魁夷、小説家・井上ひさしをはじめとして市川ゆかりの文化人は多い。

国府台は、その名の通り下総国(しもうさのくに)の国府があった場所である。今の和洋女子大学のあたりが国衙(こくが。国の役所)だったらしい。真間川から見上げると、女子大の高い建物があたかも古代の国衙の中心施設であるかのようにそびえている。
また国府台の東には国分寺も復元されており、歴史を感じる場所である。

国府台には明治時代に軍隊が置かれたが、軍隊が来る前には「国府台大学校」の建設計画があった。東京大学創設の2年前、1875年に文部省で計画されたもので、東京大学が外国から学ぶための専門分化した学校であるのに対して、国府台では、まず小中学校をつくり、その卒業生をさらに教育するための高等大学校、「真の大学校」という位置づけだったらしい。専門教育ではなく、より総合的な学校、より学究的な学校が狙いだったのかと推測されるが、詳しいことはわからない。

そうした学校をつくるには身体の健康に良く、都会の喧噪から離れた場所がよい。そこで最適地として選ばれたのが国府台だった。たしかに今も、千葉商科大学などのキャンパスや里見公園などがあり、高台らしいすがすがしい場所だ。
郊外の開発にはしばしば大学などの教育機関の移転、新設が大きな役割を果たすが、国府台大学校も実現していれば、文京区のお茶の水女子大や旧・東京教育大学のあるあたりのような街並みが国府台にできていたのかもしれない。

かつての下総国の国衙の位置に和洋女子大学がそびえるかつての下総国の国衙の位置に和洋女子大学がそびえる

三業地など娯楽も栄えた

しかし国府台大学校は、用地買収の途中で計画が中断され、土地は1884年に陸軍省に移管される。そこには陸軍教導団(下士官の養成機関。1899年廃止)ができ、その後、旅団司令部、野砲兵連隊、野戦重砲兵連隊などが駐屯することになる。

陸軍の誕生によって、足下の国府台駅(1914年開業)周辺の商業が発展した。松井天山が描いた1928年の地図を見ると、料亭、旅館、割烹、ビヤホール、カフェ、洋食屋、おしるこ屋、蒲焼屋、などが軒を連ねている。京成線の鉄橋のたもとには鈴木馬具店の名前も見え、古代以来の交通の要所としての歴史も感じさせる。

手児奈通りまで歩いてくると、林屋という寿司屋があった。明治7年創業と暖簾に書かれているのが気になって入ってみた。
初代の西山源次郎が、最初は千葉街道沿いの、辺り一面の松林の中に茶店をつくった。それで屋号を林屋とつけた。江戸川でとれたうなぎ、鯉、どじょうを料理して売っていたという。
店内に写真がある。店の前に大きな竜のような形をした立派な松がある写真だ。習志野の陸軍を謁見する途中にそこを通った明治天皇に松を賞賛されたという。
戦後割烹旅館となり、千葉街道拡幅により現在地に移転したのだそうだ。

三業地もあった。市川三業組合は1921年創立。1934年頃には置屋15軒、料理旅館3軒、料理屋10軒があった。真間にも中山にも三業地があったという。
市川の料理旅館の中で、「鴻月」(こうげつ)という旅館は、1922年創業であり、東京の鶯谷に江戸時代に創業した「料亭 志をばら」を移築したものだったという。鴻月からは富士山を臨むこともできた。「富士の白雪」「葛西の落雁」「武蔵の晴嵐」「利根の帰帆」「市川の夕暮」などを「鴻の台八景」といった。

それにちなんだのか、里見公園には、「里見八景園」という遊園地があった。演芸場、動物小屋、音楽堂、プール、大滑り台、茶店などからなる娯楽施設であった。里見八景園は1922〜24年ごろ開園。開園と同時に1000本の桜を植えたので春は花見客で賑わったという。娯楽の要素が郊外にも重要だったのである。

市川市の1928年の地図市川市の1928年の地図

精神科医にして芸術文化を深めた式場隆三郎

里見公園の北側には式場病院(旧・国府台病院)がある。精神科医・式場隆三郎の創設した精神病院である。それがどうしたと思うかも知れないが、たしかに普通は知らない名前である。私が式場隆三郎を知ったのは、『二笑亭綺譚』という本による。

二笑亭は門前仲町の地主の男性が自ら設計した個人住宅である。彼は関東大震災後次第に精神を病んだが、1925-1926年に世界一周旅行に出かけ、帰国後、自邸を改築しはじめた。設計図もないまま口頭で大工に指示を出して十数年間にわたり家を造り続けた。迷路のような間取り、使えない部屋、昇れない梯子などがある奇妙な家であった。渡辺の奇行に耐え切れなくなった家族は別居。その後渡辺は精神病院に入院させられた。

式場はこの家を精神病理学上珍しい資料であり、美学、建築学の観点からも幾多の問題を含むとして『二笑亭綺譚』をまとめたのであった(1958年初版、現在は筑摩文庫で読める)。式場は二笑亭を病院の庭に移築するという計画も持っていたが、家は壊されてしまい、式場は「この世の常識の波に沈められてしまった」と非常に残念がったという。

こうしたことからもわかるように式場は芸術への関心が強かった。特にゴッホを熱愛し、ゴッホについての著作を50冊も著した。ゴッホ関係書簡集や伝奇小説の翻訳も行うとともに、ゴッホの足跡と作品を訪ねて欧米を旅した。言うまでもなくゴッホも精神を病んだからである。

また式場は柳宗悦の民芸運動にも参加し、調査研究旅行にたびたび同行もし、展覧会の開催、雑誌の刊行も手伝ったという。そして1939年には式場病院敷地内に民芸の柳宗悦の基本設計、濱田庄司の実施設計、河井寛次郎も設計に参加したという式場邸が完成した。今回は内部を見ることができなかったが、「民芸理論を高度に実現させた」ものだという。

ちなみに式場病院の前身、国府台病院は、式場が1936年に開設したものである。ゴッホ研究が注目されて忙しくなり、勤務医が難しくなったため、自分の病院を持ったのである。
病院内にはバラ園を設けた。スイスのレマン湖畔の精神病院の庭園に感銘を受けたことが理由だった。精神病院らしい暗さをなくすためであった。

バラ園は広く知られるようになり、市川市内のバラ愛好家により「市川バラ会」が結成された。市川駅北口ロータリーには約300株のバラが植えられ、市内各地でもバラの植樹が盛んになるほどだった。

木内ギャラリー(上)と式場邸(下)木内ギャラリー(上)と式場邸(下)

クロマツ並木の高級住宅地

国府台の台地から真間川にくだりかけると、木内ギャラリーがある。これは明治・大正期の官僚・貴族院議員・京都府知事であった木内重四郎が明治45年から大正3年にかけて造った大邸宅の敷地がマンションになったため、邸宅のうち洋館部分が再築されて、市民ギャラリーとして活用されているものだ。旧邸宅の庭には池があり、そこから真間川を経由して江戸川に船遊びに行けたという大層なもの。木内の妻は岩崎弥太郎の次女、木内の次女は渋沢栄一の孫、渋沢敬三に嫁いだというサラブレッド。渋沢敬三は民俗学者でもあり柳宗悦ともつながっていたから、式場との交流もあったかも知れない。

真間川まで降りて、東に川をさかのぼり、文学の道という桜並木を南下すると、京成菅野駅方面に至る。菅野は大きなクロマツの並木のある高級住宅地として知られる。実際に行ってみるとたしかに立派な背の高い松並木が街のあちこちにある。
特に菅野駅の北東には、「クロマツ本通り」という通りがあり、古い酒屋もある。酒屋の外観は式場邸にも似ているように見え、もしかすると式場邸は意図的に市川らしい建築意匠になるよう設計したのかも知れないなどと想像する。
その通りを右折しても左折してもまたクロマツ並木があり、そこに隠れるように豪邸があるのだ。

松林の中にある邸宅。左上が酒屋松林の中にある邸宅。左上が酒屋

住宅地の中にはかわいいカフェも

住宅地の中にカフェがあった住宅地の中にカフェがあった

永井荷風は空襲で麻布の自邸を焼き出され、一旦東中野の早稲田通り沿いに住むが、その後、明石、岡山に避難する。東京に戻り市川に転居。最初は菅野6丁目に住み、その後何度か転居したが、最後は京成八幡駅近くで没した。

荷風は市川に転居すると、戦争前、あるいは震災前の東京にまだあった田園風景が残っていることに驚いたという。転居後一週間で、駅前くらいしかまだ歩いていないが、「松林深きあたり閑静」「すこぶる愛すべきところあり、世を逃れて隠れ住むには適せし地」であり「住民の風俗も渋谷中のあたり東京の西郊にて日常見るものとは全く相違して所謂インテリ風」ではないところを喜んでいる。

また、街を歩くと庭に梅の花が咲いていること、「むかしの向島を思い出させるような好風景の残っていた」ことを思いがけない幸せだと書いている(引用文の漢字、旧仮名遣い、送りがなは読みやすく直した箇所がある)。
市川はもちろん、向島のかつての姿も今からは想像しがたいが、緑や小川が残り、季節ごとに様々な花が咲く風景が広がっていたのであろう。

そう思いながら菅野駅に近づくと、ものすごく大規模な工事をしている。これは駅前にタワーマンションでもできるのかとびっくりしたが、東京外郭環状道路の工事であった。荷風が見れば腰を抜かすに違いない。
一方で、今回の散策途中、菅野付近では、小ぶりの古民家の一部をカフェにした家があり、国府台の北のじゅんさい池の北側にも、もう少しモダンなカフェを見つけることができた。

いずれも静かな住宅地なので、こうした店は珍しい。
環状道路ができると街の風景が大味になるだろうが、こうした店がポツポツ増えると、住民の、そして散策に訪れる現代のミニ荷風たちの潤いになろう。


*参考文献
田中由紀子『幻の大学校から軍都への記憶』萌文社
市川市文学ミュージアム『炎の人 式場隆三郎』
市川市文学プラザ『昭和の市川に暮らした作家』
市川市『下総国戸籍』
日本大学生産工学部『木内重四郎邸にみる近代のたてもの報告書』

2018年 01月27日 11時00分