インフルエンザとは

冬になると流行するインフルエンザ。いわゆる普通の風邪とはどう違うのだろう?どちらものどの痛み、鼻水、くしゃみ、咳、などの局所症状は同じだが、比較的ゆっくり発症する風邪に対し、インフルエンザは症状が現れるのが急速だ。なんだかだるいなと思ったら熱が出て、あっという間に筋肉痛や関節痛で動くのも困難になってしまう場合もある。

また、インフルエンザの発熱は38度以上と、体に負担をかける高熱だ。高齢者や幼児、薬が飲めない妊婦などは、肺炎や脳症を併発して重症化する危険もある。
インフルエンザとはインフルエンザウィルスが体内に侵入し、感染症を引き起こすこと。インフルエンザウィルスにはA型、B型、C型の3タイプがあり、どの型が流行するかは、その年によって違う。「今年のインフルエンザは高熱が出る」とか「今年はお腹にくる」など、年によって症状が違うのはそのためだ。
A型はもっとも症状が重く、高熱、喉の痛み、ひどい鼻づまりなどが主な症状。B型はA型ほど重症化しづらいが、消化器系に症状が出やすく、ひどい下痢になることも。A型、B型とも感染力が強いので、十分注意が必要だ。C型はほとんど症状が出ず、感染力も大きくはないので、あまり問題にはされない。
ただし、一年中かかる可能性がある風邪に対して、インフルエンザが流行するのはだいたい1~2月の寒い時期に集中する。年によっては秋から春ごろまで流行が続く年もあるが、ピークは寒い冬の時期であると考えて良い。
つまり、冬の間にしっかり対策をすれば、インフルエンザにかかる危険性を下げることができるわけだ。

インフルエンザの感染経路

外出時はなんといってもマスクが有効外出時はなんといってもマスクが有効

インフルエンザの感染経路は、飛沫感染と接触感染がある。飛沫感染は、感染者が咳やくしゃみなどと一緒に放出したウィルスを吸い込むのが原因。満員電車や学校、家庭や職場などが主な感染場所となる。接触感染は、感染者が手にウィルスをつけたままどこかに触れ、別の者がそこに触れて手にウィルスを付着させ、さらにその手で粘膜に触れることで感染する。したがって、多くの人が触れるつり革やドアノブなどが感染源となる場合が多い。つまり、家族全員が家の中から一歩も外に出ず、外からの訪問客も迎え入れなければ、インフルエンザに感染する可能性は低いが、それは現実的ではない。
外に出たらマスクがもっとも有効な予防法だが、帰宅してからは、どのように対策ができるだろうか。住まいの中のインフルエンザ対策を考えてみよう。

家に帰ったら手洗いは、インフルエンザ予防の基本

手洗いはインフルエンザ予防に有効だ手洗いはインフルエンザ予防に有効だ

マスクをして外出しても、手や体にインフルエンザウィルスが付着している可能性がある。また、盲点になるのがマスクの外側だ。ウィルスがたっぷりついたマスクをはずすとき、手にウィルスが移り、粘膜から感染してしまってはマスクの意味がない。まず家に帰ったらすぐマスクを外して洗濯機へ、使い捨てのものはゴミ箱に捨ててしまおう。そしてその後念入りに手を洗うと良いだろう。
洗い方は手全体を濡らしてから、石鹸をつける。まずは手のひらから洗っていこう。しっかり手のひら同士をこすり合わせるように洗ったら、次は手の甲。左の手の甲は右手のひらで、右の手の甲は左手のひらで、ごしごしと洗う。さらに手のひらにこすりつけるようにして両手の爪や指先を洗い、指を組み合わせて指の股を洗おう。そして親指は、反対の手で握り込むようにして洗う。最後は手首まで石鹸をつけてこすり、水で流す。そして洗った後は、清潔なタオルで拭くように。タオルがウィルスに汚染されていたら、念入りな手洗いが無駄になってしまうので要注意だ。また、自分自身はウィルスをシャットアウトしても、誰かが持ち込んでしまっては、家族の中で感染してしまうから、外ではマスク、家に入ったらすぐ手洗いを家族の習慣とすると良いだろう。

風邪予防にはうがいが良いと思われているが、実はインフルエンザにはあまり効果がないという説もある。うがいはウィルスや細菌を洗い流し、口の中を刺激して、殺菌成分を含む唾液などを分泌させる効果があるが、インフルエンザウィルスは粘膜に付着すると20分ほどで体内に侵入するので、家に帰ってからのうがいでは間に合わない。だからまず、粘膜にウィルスが付着しないよう、マスクをするべきということだ。
また、空気の乾燥を防ぐのも重要だ。のど粘膜の防御機能を有効に働かせるには、50~60%の適度な湿度が必要だと言われている。家の外で湿度を調整するのは難しいが、日ごろから粘膜を健康に保てば、外出時の免疫力も変わってくる。
免疫力が低下するとウィルスに感染しやすくなるので、室温を快適に保つのも効果的だ。また、睡眠を十分とるため、できるだけ部屋を暗くして寝よう。テレビなどの機器から漏れる明かりが気になる場合は、アイマスクを使用しても良い。そして食事のバランスにも気を付けて、ビタミンを多く含む野菜をたっぷり摂取しよう。
もちろんワクチンの接種も有効だが、流行する型が変わるので、毎年接種しなければならない。

インフルエンザになってしまったら

注意していても、インフルエンザにかかってしてしまうことはある。その際はまず、速やかに医療機関の受診を。そして自宅療養中は、こまめな水分補給を忘れないようにする。特に発熱中は脱水症状に陥りやすいので、家族が定期的に水を運ぶなどして、意識的に水をとるようにしよう。
咳が出るときはのどの粘膜を刺激しないよう、50~60%程度の湿度に部屋を保つと良い。古い報告では、21~24度の温度と50%前後の湿度を保てば、95%程度のインフルエンザウィルスが死滅したとする実験結果もあるが、現在ではウィルス死滅に効果があるかどうかは不明。ただし、のど粘膜の機能を正常にするためには、湿度管理が重要だという認識だ。
また、全員が倒れてしまっては、看病する人もいなくなってしまうから、家族に感染させない注意も必要だ。咳やくしゃみが出る間は、家の中でもマスクを着用した方が良いだろう。マスクのないときに咳やくしゃみが出そうな場合は、ティッシュなどで口を覆い、咳やくしゃみをした後はすぐにゴミ箱に捨てる。ティッシュがない場合は相手に飛沫がかからないよう手で口を覆い、顔をそむけるなどの工夫を。
インフルエンザは身近な病気だが、命を落とす危険性のある、怖い病気でもある。医師の処方を守って薬を服用し、十分に療養をとって、一日も早い回復を目指そう。

インフルエンザにかかってしまったら、速やかに医療機関の受診をしようインフルエンザにかかってしまったら、速やかに医療機関の受診をしよう

2015年 10月24日 11時00分