「明治日本の産業革命遺産」8エリアのうち、製鉄業の確立を示す最終エリア

「明治日本の産業革命遺産」官営八幡製鐵所について説明する北九州市世界遺産課課長の河邉健さん(右)と世界遺産担当係長の西井田智枝さん(左)。「世界遺産はものづくりの街・北九州の原点。今につながっていることを知って欲しい」と語る。「明治日本の産業革命遺産」官営八幡製鐵所について説明する北九州市世界遺産課課長の河邉健さん(右)と世界遺産担当係長の西井田智枝さん(左)。「世界遺産はものづくりの街・北九州の原点。今につながっていることを知って欲しい」と語る。

北九州市の玄関口、JR小倉駅の中央コンコースには「世界遺産のある街 北九州市」という大看板が掲げられている。メインビジュアルは赤レンガの重厚な建物「官営八幡製鐵所 旧本事務所」。しかし市内の世界遺産はこの建物だけではなく、同じ工場敷地内にある「修繕工場」や「旧鍛冶工場」も含まれる。これらはみな、明治時代の日本が近代的な製鉄技術を確立した足跡を示す産業遺産だ。

2015年に世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」は、九州・山口を中心に、8エリア23資産で構成される「シリアル・プロパティ(関連性のある遺産群)」だ。ひとつひとつの資産の文化的価値もさることながら、焦点は、幕末から明治にかけて日本が成し遂げた、めざましい産業化のストーリーにある。23の構成資産は、そのストーリーを裏付ける証拠品なのである。

「明治日本の産業革命遺産」を構成する23資産は、「製鉄・製鋼」「造船」「石炭産業」という3つの重工業分野と、幕末の1850年代から産業基盤が確立する1910年までの時代区分によって分類される。北九州市の3つの建物はまとめて1つの資産「官営八幡製鐵所」にカウントされ、隣の中間市にある「遠賀川水源地ポンプ室」と合わせて、「製鉄・製鋼」のストーリーの掉尾を飾る8番目のエリアに当たる。

幕末から明治にかけて、非西洋圏の国として自ら産業革命を成し遂げた軌跡

幕末、大国清がアヘン戦争でイギリスに敗れた衝撃から、幕府や諸藩は大砲の鋳造に乗り出した。日本には古来、日本刀に象徴される「たたら」という伝統的な製鉄技術がある。しかし、これは砂鉄を材料とするもので、大砲の鋳造には不向きだった。

そこで、佐賀藩や薩摩藩、長州藩などで、製鉄・製鋼分野の産業近代化への試行錯誤が始まる。「明治日本の産業革命遺産」のエリア1・萩、エリア2・鹿児島、エリア3・韮山(静岡県)には、1850年代(安政年間)につくられた“反射炉”と呼ばれる金属熔解炉やその跡が残っている。

日本における近代製鉄発祥の地は、国内最大の鉄鉱山を有する釜石だ。盛岡藩士・大島高任は、舶来の技術書を読み解いて洋式高炉を建設した。エリア4・釜石の「橋野鉄鉱山」には、鉄鉱石の採掘場や運搬路、高炉など、当時の鉄の製造工程が分かる一連の遺構が残っている。

1880年、明治政府はその釜石に官営釜石製鐵所を開所し、銑鉄の生産を開始した。しかし、西洋の先進技術も原燃料の異なるわが国ではうまく機能しなかったこと、当時まだ鉄の需要が少なかったことから、経営は困難を極めた。結局、3年後には民間に払い下げられ、以後は釜石鉱山田中製鐵所として再出発を図ることになる。現在の新日鐵住金釜石製鉄所の前身だ。

日清戦争の勝利を挟んだ1895年、明治政府は改めて官営製鉄所の設置を決める。新たな建設地に選ばれたのが、当時の八幡村だ。燃料の石炭を産する筑豊に近く、海に面して輸送に便利で、地価も安かった。このとき技監に任命されたのが、前出の釜石・大島高任の息子、大島道太郎だった。

工場の建設に約4年の歳月を費やし、官営八幡製鐵所は1901年2月、第一高炉に火入れを行い、操業を開始する。

その跡地には今も、「1901」と大書された「東田第一高炉」がそびえ立つ。北九州市ははじめ、この高炉も世界遺産に推したが、10代目の改修高炉であるため条件を満たさなかった。世界遺産は「オリジナル」であることが絶対条件なのだ。現在「東田第一高炉」は市の史跡公園として公開されている。

北九州市の指定史跡「東田第一高炉跡」。明治の創業から10代目の改修高炉で、1962年に火入れし、10年間操業した。現在は史跡公園として公開されており、内部見学できるほか、歴史を表したパネルや、高炉で溶かした銑鉄を運ぶ貨車などの展示が
見られる北九州市の指定史跡「東田第一高炉跡」。明治の創業から10代目の改修高炉で、1962年に火入れし、10年間操業した。現在は史跡公園として公開されており、内部見学できるほか、歴史を表したパネルや、高炉で溶かした銑鉄を運ぶ貨車などの展示が 見られる

重厚な赤レンガ建築「旧本事務所」、現存国内最古の鉄骨造建築「修繕工場」

世界遺産の構成資産となった、官営八幡製鐵所の「旧本事務所」「修繕工場」「旧鍛冶工場」「遠賀川水源地ポンプ室」は、いずれも創業時から鋼材生産が軌道に乗る1910年までに建てられている。

節目と目される1910年は、ロンドンで日英博覧会が開催された年だ。官営八幡製鐵所は「建造物、船、橋などに使うあらゆる種類の鉄鋼製品」をはじめとした様々な工業製品のカタログを出展し、工業国日本の台頭を世界に印象づけた。

4つの施設の中で最も古いのは「旧本事務所」である。生産設備より早く、1899年に建設された。設計者は明らかになっていないが、熊本や金沢に重要文化財建築を遺した建築家・山口半六がかかわった可能性があるという。

「旧本事務所」は中央にドームを載せた左右対称の建物で、国産の赤レンガと白御影石のコントラストが美しい。このレンガは“イギリス積み”と呼ばれる明治後期の方法で積まれている。レンガの向きを段毎に互い違いに積む方法で、強度が高くなるそうだ。屋根の構造は洋式だが、瓦は和瓦を使っている。海のそばに建てるため、基礎には潮水に強い松杭を打ち、レンガのアーチで建物を支えている。

建物内には、ここが国の重要機関だったことを示す「長官室」をはじめ、「技監室」「顧問技師室」などが配置された。しかし、床面積1023m2と規模が小さく、工場や組織の発展によって手狭になったため、1922年に本事務所としての役割を終えた。

「修繕工場」と「旧鍛冶工場」は1900年にドイツのグーテンホフヌンクスヒュッテ(GHH)社によって建設された。現存するものとしては国内最古の鉄骨造建築物だ。「旧鍛冶工場」は現在は史料室になっているが、「修繕工場」は今も現役。創業時に設置された天井クレーンが、110年の歳月を超えて稼働し続けている。

「修繕工場」は生産量の拡大に伴って3度の増築を重ねた。最初の建築部分の鋼材にはGHH社の刻印があるが、一番新しい部分の鋼材には「YAWATA(八幡)」と刻印されており、鋼材の生産技術が確立したことを示している。

製鉄所から少し離れた中間市の遠賀川べりに建つ「遠賀川水源地ポンプ室」も、設備こそ更新されたが、建屋は今も現役だ。現・新日鐵住金八幡製鉄所の用水の約7割はここから供給されているという。

旧本事務所外観。竣工当時、正面玄関は海に向いていた(写真提供:北九州市)旧本事務所外観。竣工当時、正面玄関は海に向いていた(写真提供:北九州市)

「旧本事務所」眺望スペースではVR見学ツアーも。現地では改修工事が進む

八幡の世界遺産はいずれも稼働中の工場の敷地内にあるため、残念ながら一般の人が訪れることはできない。そこで北九州市では、工場の敷地の一角を借りて、「旧本事務所」の外観が望める「眺望スペース」を設けている。

「眺望スペース」にはボランティアのガイドスタッフが常駐しており、希望すれば最新のヴァーチャル・リアリティー(VR)機器による擬似見学ツアーが体験できる。まるで「旧本事務所」の中を実際に歩いているかのような感覚で、前後左右はもちろん、床から天井まで、360度見渡せる。

ほかにも、創業時の様子を記録した貴重なガラス乾板写真を元に、官営八幡製鐵所の歴史や、往時の「旧本事務所」「修繕工場」へのタイムトリップなどのVRコンテンツが用意されている。

現在、「旧本事務所」では、往時の内装を再現するべく、改修工事が進められている。完成まではおよそ2年半かかる見込みだそうだ。1901年の最初の火入れから約120年、日本製鉄史の節目を象徴する世界遺産がその全容を再生する。

北九州市の世界遺産HP http://heritage.sangyokanko.com/
官営八幡製鐵所旧本事務所眺望スペース
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/soumu/01901014.html

参考文献:
「世界遺産 明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業 推薦書ダイジェスト版」
岡田晃「明治日本の産業革命遺産 ラストサムライの挑戦!技術立国ニッポンはここから始まった」集英社

官営八幡製鐵所旧本事務所眺望スペース。デッキ上にパーゴラが設けられており、実物の旧本事務所を前にVRツアーが楽しめる(写真提供:北九州市)官営八幡製鐵所旧本事務所眺望スペース。デッキ上にパーゴラが設けられており、実物の旧本事務所を前にVRツアーが楽しめる(写真提供:北九州市)

2018年 08月25日 11時00分