春先にかかりやすい五月病 六月病

なんだか気持ちが沈む、食欲がない、やる気がおきないなどの症状がある場合、「五月病」「六月病」かもしれないなんだか気持ちが沈む、食欲がない、やる気がおきないなどの症状がある場合、「五月病」「六月病」かもしれない

桜が散って仕事が忙しくなり始める五月、そして長雨でじめじめとした日が続く六月。この時期に、なんだか気持ちが沈む、食欲がない、やる気がおきないなどの症状があるなら、「五月病」「六月病」かもしれない。
「五月病なら知っているけれど、六月病なんてあるの?」と首をかしげる方も多いだろう。実はどちらも正式な病名ではなく、適応障害の一種。新入社員として配属されたり、新しい部署に移動したりと、環境に変化のあった人が、ストレスにさらされながら慣れない作業をこなしているうちに、心身に不調を感じるものだ。近年研修期間が延びたことや、IT化などで仕事に慣れるのに時間がかかるようになったため、発症が六月にずれ込む人が増えたと考えられている。

五月病・六月病の症状とは

身体的に現れる五月病 六月病の症状として、寝つきの悪さも挙げられる身体的に現れる五月病 六月病の症状として、寝つきの悪さも挙げられる

五月病、六月病の症状は、一般的に、次のようなものだと言われている。

気分や感情に現れる症状
・やる気がでず、作業能率が落ちる
・落ち着かず、集中力がなくなる
・判断力が低下する
・気持ちが沈む
・イライラして怒りっぽくなる
・不安や焦りを感じる

身体に現れる症状
・体がだるい
・疲れが抜けない
・動悸や息苦しさ、めまいを感じる
・頭や胃が重い、痛い
・寝付きが悪い
・食欲が落ちた

もし思い当たる症状があるなら、五月病、六月病にかかっていないか自問してほしい。

五月病・六月病の原因とかかりやすいタイプ

五月病・六月病の原因は、環境の変化によるストレス。几帳面な完璧主義者や、まじめで頑張り屋の人がかかりやすいとされる。慣れない職場でただでさえ緊張しているうえ、「ちゃんとしなくては」と、さらに自分にプレッシャーをかけるので、心と体に大きな負担をかけてしまうのだ。
五月病からうつ病に移行するケースも少なくはないので、症状を自覚したら、なるべく早い対処が必要だ。重症の場合は心療内科の受診がベターだが、軽い場合なら、ストレスの発散で改善されることも多い。そこで、自宅でもできる五月病・六月病対策を見てみよう。

精神を安定させるポイントは「セロトニン」

人間はさまざまなホルモンを分泌しているが、中でも五月病や六月病に有効なのは「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンだろう。睡眠周期を整えるほか、不安を取り去ってストレスに強くし、精神を安定させてくれる働きがある。
セロトニンは生活のリズムを整え、朝日を受けると分泌されやすくなるから、まずは朝の光をしっかり浴びる習慣をつけてみよう。疲れがたまっていて早起きが難しい場合でも、朝日を浴びれば良いのだから、雨戸やカーテンが閉まっていない、朝日の入る部屋で就寝すると良いだろう。最初は明る過ぎて早朝に目覚めてしまい、睡眠時間が短くなってしまうかもしれないが、セロトニンが分泌されれば寝付きもよくなるから、自然に早起きが苦痛ではなくなってくるはずだ。

また、セロトニン分泌量減少の原因の一つに、慢性的な運動不足がある。ジョギングや水泳などが効果的だが、運動不足の状態からいきなり激しい運動をすると、体調を壊してしまうかもしれない。まずは軽いウォーキングから初めてみよう。
しかし、中には家を出るのも億劫に感じる人もいるだろう。落ち込んだ気分のときに外に出て、人と会うのはなかなかつらいものだ。そこで、家の中でもでき、セロトニン分泌量を増加させるのに効果的な踏み台昇降を紹介しよう。
踏み台は15センチぐらいの高さで良い。二階建て以上の家なら、階段を利用すれば良いだろう。マンションやアパートなど、階段がない場合は、新聞紙や雑誌を重ね、紐などで縛れば台代わりになる。専用の台も市販されているから、部屋のスペースや予算が許すなら、購入しても良い。
やり方も難しくはない。まず台の上に右足を乗せ、続いて左足を乗せる。台の上で両膝を伸ばしたら、右足を降ろし、左足も降ろして両膝を伸ばす。次は左足から台上に乗せ、右足も乗せたら両膝を伸ばして左足を降ろし、続いて右足を降ろす。この繰り返しだ。いきなり長時間続けるのは大変なので、15分から始めてみよう。
ただし、効果を上げるには、いくつか気を付けてほしい点がある。まず、始める前にストレッチをして、体を動かす準備をすること。そしてつま先と膝を正面に向け、視線をまっすぐ前に向けて背筋をピンと伸ばすこと。筋肉は血管のポンプの役目があるので、量が増えれば血流がよくなり、精神にも良い影響を与えると考えられている。筋肉を鍛えるには正しい姿勢で運動をした方が良いのだ。また、つま先や膝を正面に向けることで膝を痛める危険性が低くなる。さらにリズミカルな動きがセロトニン分泌量の増加に効果的だと言われているから、「1.2.1.2」と、声を出しながらリズムをとると良いだろう。

食事面では、セロトニンの材料となるトリプトファンが多く含まれる肉や魚、大豆類を積極的に摂取しよう。

五月病や六月病に有効なセロトニンは、生活のリズムを整え、朝日を受けると分泌されやすくなる五月病や六月病に有効なセロトニンは、生活のリズムを整え、朝日を受けると分泌されやすくなる

周囲に五月病・六月病らしき人がいたら?

五月病・六月病は誰でもかかる可能性のある病気。親しい人に、「最近無表情になった」「口数が減った」「食事に誘っても乗り気でない様子」などの症状が見られる場合は、どのように対処すればよいのだろうか。
この病気は軽いうつ状態とも言えるから、「元気を出しなさい」と励ますのは逆効果。「何か心配事があるのなら、話を聞くから言ってね」と声をかけるのがベターだろう。症状が軽いうちなら、話を聞いてもらうだけでも改善する場合がある。
しかしもし、その状態が続くようなら、心療内科などの受診を勧めるべきかもしれない。

環境の変化は誰にでも起こるもの。ストレスが原因となってうつ病へ移行してしまう前に、まずはできることから始めてみよう。

2016年 05月06日 11時05分