熱中症とは?

火を使う台所は、室内で熱中症にかかりやすい場所の一つ火を使う台所は、室内で熱中症にかかりやすい場所の一つ

暑い夏がくると、食欲が落ちて体がだるくなる。いわゆる夏バテという症状だ。夏バテ自体は珍しいものではないが、「いつものこと」と放置しておくと、熱中症になってしまう可能性があるので注意が必要だ。
熱中症とは、高温多湿の環境下で身体に起こる適応障害の総称で、汗によるミネラルの不足や脱水、さらには脱水により血液が脳に十分に行きわたらないことなどが直接の原因になる。

「インドア派だから熱中症とは無関係」と勘違いしている人もいるが、外に出なければ大丈夫というわけではない。家の中にいながら熱中症にかかり、救急車で運ばれる人が毎年後を絶たないからだ。高齢者がベッドの上で熱中症にかかって緊急搬送され、そのまま死亡したというニュースを目にしたことはないだろうか。
つまり、安静にしていても、熱中症にかかってしまうことがわかる。台所などの火の気がある場所や、西日の差す部屋などは特に要注意。暑い部屋で長時間を過ごしていると、体内の水分が汗となって排出されてしまい、もし水分を有効に補給しないままでいれば、脱水症状を引き起こしてしまう。そうなれば体温調節機能も働かなくなってしまうので、家の中でも意識的な水分補給を心がけたいものだ。また、入浴中も熱中症の危険が高いので、入浴の前にコップ一杯の水を補給しよう。

熱中症になりやすい人とは

学生時代、炎天下の運動場や体育館で行われる朝礼などで、倒れる生徒を見たことがあるだろう。一般に、発育期の子どもは体温調節機能が十分に発達しておらず、体の容積に比較して表面積が大きいので外気の影響を受けやすいことから、大人に比べて熱中症にかかりやすいと言われている。特に乳幼児は注意が必要だ。
他に熱中症になりやすいのは、高血圧、心臓病、慢性肺疾患など、内分泌疾患の持病を持つ人が挙げられる。持病はなくても体調が悪ければ、体温調節機能の低下がおきやすく、熱中症になる可能性が高くなる。夏は特に体調管理を徹底しておきたい。

汗をかきづらく、体温調節機能が低下している高齢者も熱中症にかかりやすい。さらに喉の渇きに鈍感になっているため、水分補給が遅れがちだから、喉が渇いたと感じなくても、定期的な水分補給を心がけた方が良い。家族に高齢者がいる人は、定期的にお茶や水を飲むよう薦めよう。
他にも肥満の人は、運動による発熱が多いうえ、脂肪により熱の発散が遮られるため、熱気が体内にこもってしまい、熱中症になりやすい。頑張りすぎてしまう性格の人も、調子が悪いことに気づくのが遅れることがあるので、おかしいなと感じたらすぐの水分補給を忘れずに。

また、人間に比べて汗腺が少なく、毛皮に覆われているペットは、熱中症になりやすいと言われている。人間が平気だとしても、ペットには過酷な環境になっている場合があるので、気を付けたい。またこのとき、扇風機だけで暑さ対策をしようとしても、犬などの汗をかきづらい動物は、気化熱を奪われないので意味がない。クールシートなどを利用し、ペットが快適に過ごせるような環境を作ってあげよう。

熱中症の症状とは

熱中症の症状は、軽症のⅠ度から、重症のⅢ度まで三段階に分類され、以下のような症状が出る。

Ⅰ度:めまい・立ちくらみ・こむら返り・大量の汗など
Ⅱ度:頭痛・吐き気・体がだるい・体に力が入らない・集中力や判断力の低下など
Ⅲ度:意識障害・けいれん・運動障害など

それに対する対応は、Ⅰ度なら涼しい場所へ移動して安静にした上で水分を補給。Ⅱ度の患者は涼しい場所へ移動して安静にしながら体を冷やし、水分と塩分を補給する。これらの症状で、体調が改善すれば医療機関での受診は必要ないが、もし症状が改善しない場合は、速やかに受診しよう。
また、Ⅲ度の患者を発見した場合は、ためらわず救急車を要請しなければならない。救急車が到着するまでの応急処置としては、涼しい場所へ移動させ、安静にさせながら保冷剤や氷などを使って体を冷やすと良い。

熱中症にならないために

入浴前にコップ一杯の水を飲むなど、水分補給を心がけよう入浴前にコップ一杯の水を飲むなど、水分補給を心がけよう

夏を健康に乗り切るために、まずは熱中症にならないための予防が大切だろう。熱中症予防に有効な対策にはどんなものがあるだろうか。

最も有効なのは、やはり室温の管理だ。エアコンなどを使って、室温が28℃を越えないように管理するのが効果的だと言われている。設定温度を28℃にした上で、扇風機を使って気化熱を奪うなど、省エネしながら涼しく過ごす工夫をすると良いだろう。また、遮熱シートを窓に貼ったり、遮熱シェードを取り付けたりすれば、室外の温度があがっても、室内は比較的涼しさを保つことができるので、ご家庭に合った方法で対策をしよう。
しかし、いつもエアコンのある場所にいられるわけではない。入浴中や調理中などは、いつもよりコマメな水分補給を心がけたい。また、体を締め付ける衣服を着ていると、血液の循環が悪くなり、熱中症にかかりやすくなると言われている。家の中ではなるべくゆったりとした衣服を身に着けると良いだろう。

そして、直接的な対策ではないが、なんといっても日ごろからの体調管理が重要。栄養バランスを考えて食事をし、軽い運動をするなどして、暑さに負けない体づくりをしておけば万全だ。
気象庁の季節予報によれば、今年は平年並みの暑さだと言われているが、それでも真夏には35℃を越える猛暑日が続くだろう。今のうちから熱中症の知識を得て、対策をしておいてはいかがだろうか。

2015年 07月05日 12時12分