花粉症の有効な対策とは

少しでも症状を楽にするため、花粉を排除しよう少しでも症状を楽にするため、花粉を排除しよう

花粉症の原因となる植物は、スギやヒノキなど多岐にわたる。ブタ草などは秋がシーズンだが、スギやヒノキのほかにもイネ科など、特に花粉症を発症する人が増えるのは春だろう。
花粉症の恐ろしさは、いきなり症状があらわれるところ。アレルゲンを少し吸引しただけではなにも支障がないので、無自覚のまま体内に取り込み続けると、ある日いきなりくしゃみや目の痒み、皮膚疾患などの症状があらわれるのだ。
花粉症になった人は、できれば何の花粉がアレルゲンなのか調べてもらい、どの季節に対策をすべきか確認するのがベターだろう。

アレルゲンがわかれば、対策は大きく分けて、
①花粉を家の中に持ち込まない
②入りこんでしまった花粉はなるべく取り除く
の二点なる。

次に、どのように対策すべきか、具体的にみてみよう。

外出先から花粉を持ち帰らないために

緑なす杉も、花粉症の人にとっては厄介な存在だ緑なす杉も、花粉症の人にとっては厄介な存在だ

外を歩けば、そこら中に花粉が舞っていると考えてよい。それらを吸い込まないように、マスクやメガネで防備するのはもちろんだが、なるべく持ち帰らないのも花粉症対策の第一歩。衣服はフリースやウールなどを避け、化学繊維や皮などのつるつるした素材の上着を着るようにしたい。髪の毛にも花粉がつきやすいので、できれば帽子やスカーフなどで覆うとよい。
その上で、家の玄関には小型の掃除機などを用意しておき、帰ったらすぐに洋服と髪の毛の花粉を吸い取る。この際、掃除機は、排気がクリーンなものを選ぶのを忘れずに。また、部屋でくつろぐ前にシャワーを浴びることで、家内に持ち込む花粉の量をさらに減らすことができるだろう。

掃除や洗濯で花粉を家の中にいれないために

また、日頃の家事にも、家内に花粉を入れてしまう原因がある。代表的なものが布団干しや洗濯だ。布団を干せば、シーツに花粉がたっぷりついてしまうから、花粉のシーズンはなるべく布団を干さないのが一番だが、そういうわけにもいかないという方もおられるだろう。
そこで花粉の飛散が少ない時間に布団を干すことを考えよう。花粉は日の出とともに飛散を始め、午後3時ごろにピークを迎えると言われている。だから、朝早ければ早いほど空中にある花粉の量は少ないわけだ。つまり、日の出と同時に布団を干し、なるべく早く取り込むと良いのだ。
また、風向きも考慮にいれよう。アレルゲンがスギやヒノキの花粉である場合、花粉は山の方角から飛んでくるものがほとんど。だから、風が山から家に向いて吹いているときではなく、家の方向から山へ向いているときに干せば、花粉の吸着量は最小限で済むのだ。もちろん、乾いた布団を取り込む前にはシーツをよくはらい、なるべく家の出口に近いところで掃除機をかけ、花粉を取り除こう。
洗濯物も同様で、取り込む前にできるだけ花粉を取り除くのが大切だ。
送風運転で花粉を飛ばす機能がついた洗濯物乾燥機なども販売されているので、あまりにも症状がひどい人は、購入を検討するのもよいだろう。

また、掃除の際の換気も最小限に。家の換気扇を花粉除去フィルター付きのものに変えるなど、窓から入ってくる花粉をなるべく減らす工夫をしよう。

花粉を除去する掃除の仕方

ベッドカバーで花粉をシャットアウトベッドカバーで花粉をシャットアウト

夜、人が寝静まると、空気の対流がとまり、家の中を舞い飛んでいた花粉も床に落ちる。つまり、人が動き出す前に床掃除をすれば、多くの花粉を除去できるわけだ。もちろん、ただ掃除をすればよいというわけではない。排気がクリーンな掃除機を使ったり、雑巾や床ワイパーなどを使ったりして、花粉がなるべく舞い上がらないように気をつけながら掃除をしよう。
また、ベッドに降り積もった花粉が、夜間の花粉症をひどくさせることもあるので、なるべくベッドや布団に花粉がつかないようにしたい。そのためには、ベッドカバーを利用するのがよいだろう。朝、掃除機などでシーツや布団の花粉を除去した後、ベッドカバーをかけてしまう。ベッドカバーがなければ使っていないシーツを利用してもよい。
そして就寝直前にカバーをそっととりはずし、花粉を飛び散らさないように気をつけながら丸めて、洗濯機に放り込んでしまう。乾燥まで自動でしてくれる全自動洗濯乾燥機なら、夜に洗ったベッドカバーは朝には乾いているから、朝起きたらまたベッドにかける。これで寝苦しい思いが、少しは低減できるのではないだろうか。

加湿器を有効利用しよう

家の中の花粉量を減らせるわけではないが、加湿器を使うと、花粉が舞い上がるのを押さえられる。花粉は湿気を吸い取るため、重くなって床に落ちるのだ。また、湿度が呼吸器の粘膜を保護してくれるため、呼吸が楽になるという利点もある。
当然、加湿器をつければダニやカビの発生原因となり、別のアレルギーを発症する可能性もあるから、60%ぐらいに管理するとよいだろう。

いやでも毎年やってくる花粉の季節。一度花粉症を発症すると、完治は難しいから、なるべく花粉を排除して、少しでも快適に過ごしてほしい。

2016年 03月06日 11時00分