新しい「人生100年時代」の生き方 ~ ウィークデイと週末で違う生活をする、二地域居住が現実的に

人生100年時代と言われて久しいが、働き方改革や副業解禁の動きなどの社会の動きと合わせて、昨今では暮らし方の選択肢も増えている。

例えば二地域居住。昔は「田舎暮らし」というと、都会で働く若い世代には、少し遠い将来の目標みたいなものだった。働けるうちは都会でバリバリ働き、リタイア後に自然豊かな地方に移り住んで心身ともに豊かな生活をする、というようなステレオタイプのイメージが普及していたものだが、「人生100年時代」となった現在は違う。
20代や30代の若いうちから、車で2時間程度の地方に畑付きの家を借りたり、格安で古民家を購入して、週末ごとに通って過ごすという、いわゆる”二地域居住”という暮らし方が普及しはじめている。例えば、生活の拠点・軸足は都会に残したまま、週末に地方の空き家を活用して余暇や自然を楽しみつつ、少しずつ住まいをリノベーションしていく。リフレッシュにもなるし、そこで広がった人脈や経験をウィークデイの多忙な生活に還元することも可能だ。都会での生活が多忙であればあるほど、二地域居住という暮らし方は魅力的に映る。

背景として、まずは空き家問題で地方の物件が気軽に活用しやすくなったことが挙げられる。
国による空き家バンクの整備や、民間企業による地方の空き家とそこで暮らしたい人をつなげる動きなどもあり、誰でも気軽にネットを通じて地域の住まいを探せる環境が整ってきた。また、わざわざ都会に通勤せずとも「どこでも働ける環境が整ってきた=テレワークの普及」も、二地域居住の普及に拍車をかけている。
総務省の平成29年通信利用動向調査によると、日本企業におけるテレワークの導入率は13.9%。テレワーク導入企業のうち在宅勤務の導入率は29.9%、モバイルワークの導入率は56.4%となっている。

さて、いざ二地域居住を始めるとしても、何から始めたらいいのか戸惑う人も多いだろう。
身近にすでに二地域居住を実践している人がいればいいが、いくら対象者が増えているとはいえそう簡単に見つかるわけではない。そこで、LIFULL HOME'S PRESS編集部ではこれから二地域居住をやってみたい人向けにおすすめの記事をPick Upした。
すでに二地域居住を始めている人の事例や、実際に住み替える際に役に立つであろう法制度の整備状況などを、過去の記事の中から改めて紹介する。

新しい「人生100年時代」の生き方 ~ ウィークデイと週末で違う生活をする、二地域居住が現実的に

2020年 03月18日 11時05分