建築途中の「古新築」は新築だった

「古新築」の建築現場「古新築」の建築現場

建築途中の「古新築」物件、Mさんのお宅を見に行く。

Mさんの建築現場は都内の閑静な住宅街。
「閑静な住宅街」というのはよく使われる表現だけど、Mさんのお家周辺の「閑静」ぶりといったらない。「閑静オブ閑静」だ。閑静度を測れる閑静計があったら、間違いなく100%を指すと思う。

最寄りの駅を降りてしばらく歩くと見えてきた。

「おおー!建築現場だ~」

今は足場が組まれ、シートで覆われて外からはあまりよく見えない状態だ。
手前の道路側に向いて、店舗になる部屋が見える。
ハワイのパン屋さんのイメージを形にしたショーケースもあった。

「あれ?でも、古新築…?」
今の時点では古っぽい感じはないな、むしろ新築そのものだ、
と思ったのだが、良く考えたらそれは当たり前。
だってこのお家は新築だから。
今作っているのは、お家の中身の部分なわけで、
この段階で古く見えたらそれは変だもんね。
今後、普通の新築とはちょっと違うなにかが見えてくるのだと思う。

家の外側は、屋根ができあがり、サッシが取り付けられ、防湿シートを貼った状態。
家の中はこれから断熱材を入れるなど、内装の下地工事の段階だ。

探しに探して手に入れた逸品とは

Mさんご夫婦Mさんご夫婦

Mさんご夫婦も今日は打ち合わせのためにいらしていた。
今日は主に電気のスイッチの位置を再確認するのだそう。

お二人は、アメリカのアンティーク雑貨を置いたカフェのオーナー、
もしくはその店の常連さん、といった雰囲気の若いご夫婦だ。

私「ここまであっという間でしたか?」
Mさん奥様「んー…大変だったところもありました」
私「どんなところが?」
Mさん奥様「こだわりは特に無いんですが、
家について希望があれば、なんでも私たちに選ばせてもらえるんです。
勿論(建築家の)大川さんのオススメも聞けますが、
例えば、照明とか、床の仕上げとか、タイルの色とか。
とても楽しいんですが、こだわるときりがないので、どこで決断するかが大変でしたね。」

なーるほど。とっても楽しそうな悩みですね。

なかでも絶対コレ!と探しに探して手に入れた逸品があるそうだ。
コレです!と箱から出して見せてくださったのは…。

新品じゃないほうがカッコいいもの

こだわりの逸品こだわりの逸品

Mさんご主人「コレです!」
私「…………」

キラキラした金色の円形の物体。厚みはなく、3方に穴があいている。
直径は5~6センチ。
中央には同じく金色の、球状のものがはまっている。
…なんだろう、これは…。わからないけど、ご主人こだわりのアイテムなのだからまずは褒めなくては。

私「わあ、キレイな金色ですね!ピカピカでステキ!」」
ご主人「いえ、ほんとは手垢で汚れた色が欲しかったんですけど…」
私「汚れてたほうがいい?」

これは、なにかと言うと家の呼び鈴。ピンポン。
でも「ピンポン♪」とは鳴らずに「ブザ~~~~ッ!」という音がするブザーだそうだ。

ご主人「アメリカンハウスについているような、このブザーにしたかったんです。」
なるほど、見たことあります。

”ブザ~~~~~ッ!”
”はい?”
”ロサンゼルス警察のジョンソンです。息子さんは?”

アメリカの犯罪ドラマで、聞き込みに行くシーン。
犯罪が起こりそうな町の家についているブザーはこういうイメージだ。
(※あくまでも私個人の感想です)

新品は金色で輝いているが、真鍮製なのでどんどん深い色に変わってく。
Mさんご主人は、このブザーを探して葉山のお店まで買いに行ったのだそうだ。
(東京都内から車で2時間くらい)
でも、使い込んでいい色になったユーズドは売り切れ。
仕方なく新品を購入し、これから使い込んでいい色になっていくのを楽しんでいくそうだ。

今、新築の家につけるとしたらほぼ100%がモニター付きのインターホンだと思うけど
Mさん宅はシンプルな、シンプルすぎるブザー。
「ボクは、特にこだわりはないんです」
…なんて言ってらしたけど、何をおっしゃいますやら。
こだわりない人はブザー求めて葉山まで行きませんよ!

後から聞いた話だが、この真鍮の円形はブザーの押す部分。
いわば顔なのだけど、ブザー本来の機能を果たすためには
実はその本体(音を鳴らす部分)が必要。
こちらは建築家の大川さんが秋葉原を歩き回り、探し回ってやっと発見。
そして、真鍮のブザーがめでたくMさん宅の玄関に設置されたのだそうだ。

こだわりってステキ。でもやっぱりちょっと手がかかる。
手をかけることが好きな人が、こだわれる人なのかもしれないな。

近所にできたらワクワクするお店

住宅街のパイ屋さん住宅街のパイ屋さん

Mさんのお宅は、道路側がお店になっている。
奥様がパイのお店を開く予定なのだ。
「ハワイで見かけたパン屋さん」をイメージしたショーケースに
パイを並べ、お客さんがテイクアウトで購入する。

お店の位置は、住居スペースよりもぐっと低い位置にある。
道を歩く人の目線と変わらない高さで接客ができる。

今はシートで囲んであるので、中はよく見えないけど、
きっとここを通るご近所さんは、
「わ、なんかかわいいお店ができるかも!」と、
ワクワクしていることだと思う。

お店の部分だけ、真っ赤な色に塗る予定だ。
閑静な住宅街の中のかわいいパイのお店。
ご近所でない私でも、想像するだけでワクワクだ。


次回はお店に塗る赤いペンキの話と建具の話。
新築なのに新築っぽくみえないこだわりを紹介します。

2014年 11月10日 11時10分