古新築っぽいペンキの秘密

赤いペンキの秘密赤いペンキの秘密

古新築の現場に再びお伺いする。
なんだか空模様が怪しく、今にも嵐が来そうだなあー。
と思っていたが、駅に降りたとたん大粒の雨が降ってきた。

空が真っ暗になり冷たい風が吹いてくる。
逃げ惑う駅前の人々。
でも私は大丈夫。傘を持ってきているのだ。天気予報バンザイ。

現場につくと、足場がはずれ、Mさん宅の全貌が露わになっていた。
まあ、なんというカワイイお家!!
シンプルな造形におさえた配色。
店舗部分は赤い壁にモスグリーンの屋根。
「最近よく見る新築」とは全く違う「Mさん邸」だった。

道の方を向いた店舗部分が真っ赤に塗られている。
これは目立つなあ。何のお店かわからなくても人が引き寄せられてきそう。

赤色をよくよく見ると…あれ?
ペンキ塗りたてなのになんだかちょっと違う。
つやつやピカピカしていないぞ。

建築家の大川さんにお話しを伺う。

「このペンキは、下地を塗っていないんです」
通常ペンキを塗る場合は、発色をよくするため下地材を塗る。
材料が色を吸わないようにするためでもある。
木材がペンキの色を吸ってしまうと、出来上がりの色味が変わってしまうのだ。

「でも、それが味になるようなペンキの塗り方をしているんです」

そうだ、このお家は「古新築」だった。
新築なのにピカピカの作り立てには見えないお家をつくっているのでした。
だから、ペンキもキレイに塗るのではなくて、
最初から、少し色が褪せた風。
よ~く見ると色ムラがある。
下地材も発色のよいサイディングではなく、あえて本物の木を選んでいる。
それが古新築の味になるのだ。


「ペンキの色味は時間が経つにつれて変化するので、一年くらいたってからまた見直したいと思います」
と大川さん。

お店の外観のペンキは大川さんとスタッフさん、Mさんご夫婦で塗った。
2日間かかったそうだ。お疲れ様でした。

建具の秘密

建具の秘密建具の秘密

Mさんのお宅の隣は、Mさんのご両親の家だ。
今まで建っていた一軒家を解体し、新しくご両親の家とMさん夫婦の家を建てた。
ご両親の家は某ハウスメーカーで施工。
古い家で使っていた建具をとっておいて、Mさん夫婦の古新築で使う予定だ。

保管してある建具を見せていただく。 
一枚の板で作った立派な引き戸。
模様のはいった小さいガラス窓。
装飾のある欄間。
昭和な香りのするステキな建具ばかりだ。

これが新築の家にしっくりなじんでいたらステキだろうな、と思う。
建具も現役続行のポジションが決まり、とってもうれしいことだろう。
資源のムダにならないし、古い建具はステキだし、むしろこれなら私もやってみたい!

「最近はたまにありますね。古い建具を使いたいって方が。」
建具屋さんにお話しを伺った。
少しレトロな建具や家具を使って、家のリフォームやお店の内装にする方が増えているのだそうだ。

「わあ!それはステキですね!じゃあ建具屋さんもお忙しいですね!」
と言ったら、ちょっと困った顔。あれ?
「いやあ~、古い建具はいいものが多いんですが、
ひとつひとつサイズも材質も違うので、手を入れるのが大変なんです。」

今の家はサイズの規格があるので、そんなことはないそうだが、
少し前の昭和の時代は、ドアや戸も家に合わせて作られていた。
だから、当時の建具は今の家のサイズと合っていないことがほとんど。
それをひとつひとつぴったり合うように、作り直すのが大変なのだそうだ。

保管してある引き戸を見てみると…確かにサイズがみんな微妙に違う。
ふう~む。確かにこれは手がかかるかも。
でも、逆にこんなカスタマイズは職人さんにしかできない技なので、
昔の建具を再利用する機会は、どんどん広まってほしいな~。

出来るところは自分たちで

DIYで愛着が増す!DIYで愛着が増す!

施主のMさんご夫婦は、ペンキ塗りの他にも、台所のタイル張り、庭のフェンスなど、自分たちでできるところは進んでDIYしているのだった。

「作る作業を経験しておくと、今後のメンテナンスがしやすいんです。
自分の家に対する愛情も湧きますね。」
と建築士の大川さん。

なるほど。大きな壁のペンキ塗りなんて、私自身は経験がないのだけれど、一度経験しておくと、次のハードルはそれほど高くないと想像できる。
これはうらやましいなあ、と思った。

Mさん宅の赤色でも使っていた「ベンジャミン・ムーア」は
大川さんおススメのアメリカのペンキメーカーだ。
北米では自分で家の壁を塗るのはごく普通のこと。
そのためシロウトでも塗りやすく乾きのいい、扱いやすいペンキが主流になったのだそうだ。
「後からでも色が買い足しやすいんです。それも、おススメの理由のひとつです。」と大川さん。
サイトを見ると夢のような色数がそろっていて、塗る予定がなくても思わず購入したくなりますよ。

Mさんの家には古い建具も新しいドアも新しく作る棚も同居する。
前回Mさんの旦那様が
「全体の雰囲気は統一感を出したくない
自分の好みを選んでいくとなんとなく合っている、みたいな感じにしたい」
とおっしゃっていたが、まさにそんな感じ。
好みの家に仕上がっていく予感がミシミシとしてきます。


次回は、Mさん宅完成!内覧会におじゃまします!

2015年 03月05日 11時05分