邪気を祓うため、さまざまな行事が執り行われる「節分」

節分にはいわしを飾るだけでなく食べる習慣もある。独特のニオイと焼くときの煙が鬼が苦手のようだ節分にはいわしを飾るだけでなく食べる習慣もある。独特のニオイと焼くときの煙が鬼が苦手のようだ

節分は、文字通り「季節を分ける」ことが意味のひとつであり、各季節の始まりの日の前日をさす。本来は季節ごとにあるようだが、冬と春の節目の節分が一般的で、2020年の節分は2月3日である。季節の変わり目には、さまざまな邪気が生じると考えられており、祓う行事が執り行われる。

「イワシの頭も信心から」とは、イワシの頭でも信仰があれば尊いものになるという意味のことわざだが、節分のイワシの頭は玄関先に飾られる魔除けのこと。節分にはイワシを飾るのは、独特のニオイが鬼が嫌がるということで、同じく棘がある柊の葉とともに飾られるようだ。飾るだけでなく食べる習慣もある。焼くときのもくもくとした煙とニオイが、鬼が苦手とされ、飾りと同様に魔よけの意味がある。
古来、春直前の節分には、家や村に厄神が入り込まないようにまじないをしたから、節分の伝統行事には厄除けの意味を持つものが多い。

実は、この節分の行事や風習は、地域によって違いがあったり、他の地域にないものが行われたりするようだ。各地に残る節分の風習を見てみよう。

大阪にあった巻き寿司をまるかぶりする風習は「恵方巻」として全国に広まった

成田山の豆まき成田山の豆まき

節分の夜には「鬼は外、福は内」と言って豆を撒くが、千葉や北海道などでは炒った大豆ではなく殻付きのピーナツを撒く。千葉はピーナツの名産地だし、回収が楽で撒いたあとでも食べられるのが都合がよいのかもしれない。

かけ声が微妙に違う地域もある。
たとえば成田不動尊では「福は内」としか言わない。朝廷の大敵・平将門公を調伏するほど力のある成田不動尊の前では、鬼が鬼ではなくなってしまうと考えるからだ。同じ理由で、吉野金峯山寺では「福は内、鬼も内」と叫ぶ。
丹波篠山地方の常勝寺で催行される「鬼こそ」では、鬼が魔物を祓う。だからこの地域では「鬼は内」が定番のかけ声だったが、近年は「鬼は外」に変化してきているようだ。また、商家では「鬼=大荷」の語呂合わせから、「鬼は内」と呼ぶこともある。

においとトゲで鬼を寄せ付けないように、節分の日にイワシを焼いて食べ、残った頭と骨を柊の枝先に刺して玄関先に置く風習は、日本全国に伝わっている。瀬戸内西部などでは、柊の代わりにオニグイ(タラノキ)の枝を使うようだ。東京都府中市の屋敷分・浅沼神社では、イワシを焼くとき「五穀の虫の口を焼く」と唱えると、家の中に悪い虫が入らないと信じられたという。

かつて大阪だけにあった、巻き寿司をまるかぶりする風習は、今では全国区だ。
その起源にはさまざまな説があり、よく知られているのは、船場の大店起源説・花街起源説・海苔業界の販促起源説だろう。船場で生まれ育った筆者の友人によれば昔からある伝統とのことなので、少なくとも昭和40年代の船場では、節分に巻き寿司を食べていたと考えられる。しかし、その年の縁起のよい方向に向かって食べるなどの食べ方にルールはなかったらしい。
歳徳神がいる恵方を向いて、黙って食べるものとする「恵方巻」の風習を全国に広めたのは、コンビニエンスストアとされている。

ハロウィンと似ている関西独特の風習「お化け」や「懸想文」

須賀神社の懸想文須賀神社の懸想文

関西独特の風習には「お化け」もある。
お化けといっても幽霊や妖怪の意味ではなく、人間が仮装して「化ける」もの。節分の夜に、少女が成人女性の髪型(島田)にしたり、芸者が大店のご寮さん風の装いをしたりして氏神様に参拝する。鶴の羽根のカンザシを差すのは長寿を祈ってのことだ。
魑魅魍魎がはびこる節分の夜、日常とは違う姿に化けて身を隠すもので、ハロウィンと酷似しているのが興味深い。古代ケルトでは10月31日に一年が終わり、死者の霊が帰ってくると考えていたので、仮装して身を守ったのだ。お化けの風習は一旦廃れたが現在は復活し、京都ではイベントも開催されている。

京都市左京区にある須賀神社では、烏帽子に水干姿の男性が懸想文のお守りを授与する。
「懸想文」とは恋文のことで、読み書きのできない庶民のために下級貴族や武士が恋文を代筆し、小遣いかせぎをしたのが起源とされる。
神社の解説文によれば、江戸時代の京都では懸想文売りの姿が普通に見られたそうだが、現代では節分の須賀神社でしか手に入らない。懸想文を人知れず鏡台や箪笥に入れておくと、美しくなり良縁に恵まれると信じられている。

摂津・和泉・河内と三つの国の境にあたる大阪府堺市「三国ヶ丘」には、方災を免れると信じられてきた方違神社が鎮座。この神社に参拝すると、凶方角へ旅をする前に、一旦違う方角で宿をとる「方違え」と同じ効果があると信じられており、節分の日に参拝すればその年の旅が守護されると考えられてきた。

長崎県の「子泣き相撲」は、邪気を追い払うため

長崎県にある最教寺では「子泣き相撲」が行われる。
最教寺は、平戸藩主松浦鎮信が禅宗寺院の勝音寺を焼き払って建てた寺で、「西の高野山」とも呼ばれるとおり真言宗だ。
怨念を抱いた亡霊が出没するも、赤子の泣き声を聞いて退散したため、節分には赤ん坊を二人一組で取り組ませ、どちらが先に泣くか競うようになったのだとか。「7つまでは神のうち」という言葉があるように、生まれたばかりの赤子は鬼にとっては怖い存在と信じられたのだろう。

江戸では雑司ヶ谷鬼子母神や浅草寺で節分の守り札が撒かれ、人々は競って拾った。現代も盛大な豆撒きが行われているから、参加した経験がある方もおられるだろう。

星祭りを催行する真言宗の寺院も少なくない。
空海が持ち帰ったという宿曜経では、誕生日ごとに昴宿や畢宿、心宿など27の星が振り分けられる。年の変わり目である節分に、個人の星とその年の星を祭って、除災招福を祈るのだ。

時代とともに消えた「厄払いの口上の仕事」

廃れてしまった風習もある。
上方落語の「厄払い」は、定職に就かずにブラブラしている若者が、節分の厄払いで小遣いかせぎをしようとする話だ。大正時代まで、節分になると家々を回って縁起の良い言葉で厄を祓う、厄払いの人々がいた。

その口上は「ああら、目出度いな目出度いな、今晩今宵のご祝儀に、めでたきことにて祓おうなら、まず一夜明ければ元朝の、門に松竹しめ飾り、床に橙鏡餅、蓬莱山に舞い遊ぶ、鶴は千年、亀は万年、東方朔は八千歳、浦島太郎は三千年、三浦の大介百六つ」とめでたいことづくしの後、「悪魔外道が飛んで出て、妨げなさんとする所を、この厄払いがかいつかみ、西の海へと思えども、蓬莱山のことなれば 須弥山の方へさらり、さらり」と、悪魔や外道を追い払うもの。怠け者の若者にはこの長い台詞を覚えられず、失敗を繰り返すのだ。

江戸でも同じような厄除けが行われていたようで、歌舞伎「三人吉三廓初買」では「御厄祓いましょう、厄落とし」の声が入り、これを聞いたお嬢吉三が「ほんに今夜は節分か。西の海より川の中、落ちた夜鷹は厄落とし(中略)こいつぁ春から縁起がいいわえ」と名台詞を放つわけだ。

「三人吉三廓初買」では一部挿入されるだけだが、落語は厄落としそのものがテーマ。この風習を知らなければ話の内容を理解しにくいため、現代ではほとんど高座にかけられない演題となってしまった。風習が消えると共に、落語もひとつ消えゆくことになる。

時代が変われば生活習俗が変わるのは致し方のないことではある。しかし、父母の時代、さらに祖父母の時代にどんな行事が行われていたのか調べてみると、面白い発見があるかもしれない。

■参考資料
株式会社創元社『年中行事読本-日本の四季を愉しむ歳時ごよみ-』岡田芳朗・松井吉昭著 2013年10月20日初版発行
株式会社八坂書房『日本の年中行事』宮本常一著 2012年12月28日初版発行
株式会社八坂書房『歳時習俗事典』宮本常一著 2011年8月25日初版発行
株式会社集英社『悪への招待状』小林恭二著 1999年12月6日初版発行
清文堂出版株式会社『なにわ歳時記-忘れかけてる庶民史-』浅田柳一著 昭和56年6月2日発行
株式会社吉川弘文館『江戸歳時記』宮田登著 昭和56年7月1日初版発行

上方落語唯一の寄席「天満天神繁昌亭」上方落語唯一の寄席「天満天神繁昌亭」

2020年 01月25日 11時00分