中国で生まれた盂蘭盆会

ご先祖があの世から自宅に帰ってくると言われるお盆。仏教行事のように思われるが、中国やインドではどのような形式で開催されているのだろうか。
実は、インドに盂蘭盆会(うらぼんえ・お盆の正式な名称)はない。盂蘭盆会は中国で成立した『盂蘭盆経(うらぼんきょう)』から発生した行事で、中国では7月15日の中元節に施餓鬼会(せがきえ)などが行われている。施餓鬼会とはその字の通り、餓鬼道に堕ちた亡者に食べ物を施し、供養するもので、『盂蘭盆経』では、釈迦の内弟子であった目連が、亡くなった母がどうしているかと神通力で調べると、餓鬼道に堕ちていたことがわかる。哀れに思って釈迦に相談すると、すべての比丘(びく・修行者のこと)に食べ物を施せば、その一部が母親の口に入るだろうと教えた。言われたようにすると、施しを受けた比丘は踊り舞い、こぼれた食べ物が母の口に入ったという説話だ。

施餓鬼会は日本でもお盆の時期に行われることが多いが、この供養は成仏できずにさまよっている無縁仏(餓鬼)に対するもので、先祖供養と直接の関わりがあるわけではない。日本における盂蘭盆会は独自のもので、日本の風習が習合したものだと考えられる。
盂蘭盆会が日本に輸入されたのは、推古天皇14年(西暦606年)のこと。4月8日の記事に、「この年から始めて寺ごとに4月8日(灌仏会)・7月15日(盂蘭盆会)に斎会をすることになった」とあるのが最初の記録だ。ことさらに「寺ごとに」と明記してあるのは、「先祖迎えの儀式は寺の行事とする」とこの時に決めたからだとも言われている。つまり、それまでは寺以外でも行われていたのかもしれない。

日本における盂蘭盆会

精霊流しはご先祖様を送る「送り火」の意味がある精霊流しはご先祖様を送る「送り火」の意味がある

古来日本では、7月の初めに先祖迎えの儀式を行っており、それが中国で7月15日に行われていた盂蘭盆会と習合し、現代の「お盆」になったと言われている。
旧暦7月15日は新暦の8月15日ごろにあたるため、現在では8月15日をお盆とする地方が多いが、関東などでは新暦でも7月15日に行われる場合もある。
また、そのしつらえも地方によりさまざまだが、関東では、7月1日に地獄の釜の蓋が開くと考えられ、この日を「釜蓋朔日(かまぶたついたち)」と呼ぶ。そして釜蓋朔日から先祖迎えの準備を始め、墓参りなどをするのだ。

8月13日(関東では7月13日)は、御先祖様が帰ってくる日であるとして、迎え火を焚く。迎え火の様式も地方により様々だが、藁などの乾燥した植物の茎を束ねて火をつけるものが一般的だ。この時、先祖を招き入れるため「御先祖様お迎えいたします」などと口上を述べることもある。そして16日には送り火を焚いてご先祖様をお送りする。送り火の儀式も地方によりさまざまだが、有名なのは京都の大文字焼き(五山の送り火)ではないだろうか。また、川や海に火のついた灯篭を流す「精霊流し」もご先祖様を送り届けるための儀式だ。

盆踊りのさまざまなバリエーション

盆踊りと言えば、やぐらの周りで賑やかに舞い踊るものが連想されがちだ盆踊りと言えば、やぐらの周りで賑やかに舞い踊るものが連想されがちだ

さて、お盆と言えば無視できないのが盆踊りだが、盆踊りと言えば、浴衣を着た踊り手が、にぎやかな音頭に合わせて舞い踊るものを連想する方が多いだろう。やぐらの上に太鼓や笛などの楽器と歌い手が立ち、東京なら東京音頭、九州は炭坑節、大阪は河内音頭といったように、その土地に密着した音楽が生演奏されることが多い。
しかし、『知られざる日本の面影』の中で小泉八雲は、幽玄な盆踊りを描写している。暗闇の中、踊り手たちはただただ静かに手足を動かし、音楽と言えるものは太鼓の音だけ。賑やかな盆踊りしか知らない人間には想像しがたいものだが、この舞台は鳥取県の妙元寺で、山陰地方では、今でもこのような盆踊りが残されている。
また、盆踊りの衣装も、編笠をかぶったり、お面をかぶったり、手に笹を持ったりと、さまざまだ。
盆踊りのルーツは平安時代に空也上人が広めた念仏踊りだと言われているが、そのまたルーツは菅原道真公による「雨乞いの踊り」とされるから、真の起源がどこにあるのかはわからない。

輪を描きながら踊るお祭りは、インドネシアなどの南の島にも古くからある。例えばココヤシの花から生まれたハイヌウェレの神話に、円を描く踊りが登場する。体から珍しい宝物を排出することができ、それを踊りの輪の男たちに配ったところ、気味悪がられて殺された。そして彼女の死体からはタロイモなどの穀物が生まれたというのだ。
体から貴重なものを生みだす「ハイヌウェレ型神話」は、南島の島々から日本にも分布しており、日本では死体から五穀や蚕などが生まれたとする五穀の女神・ウケモチの神話が有名だろう。
類似した神話が各地に伝播しているのは、海や野を移動した人々が、物語を持ち運んだ結果であると考えられているから、日本のウケモチ神話は、ハイヌウェレの物語から踊りのシーンが抜け落ちたものである可能性もある。もしそうであれば、盆踊りの起源は神話の時代にまで遡るのかもしれない。

家庭で行うお盆の用意

仏壇に飾る果物の例仏壇に飾る果物の例

では、家庭ではどのように、お盆の用意をすればよいだろうか。
地方や宗教によって一概には言えないが、精霊棚(盆棚)を設けるなら、仏壇の前などに棚を作り、上に“まこも”と呼ばれる敷物を敷く。四方に竹などを立ててしめ縄を張り巡らせ、ご先祖の位牌や花、お供えなどを乗せるのが一般的だ。そして左右には灯篭を飾る。そのほか極楽に咲くとされる蓮を意匠とした飾りや、御霊具膳と呼ばれる、御先祖様が食事をするミニチュアの食器などが飾られることもある。

そこまで大規模な棚を作らない家庭では、花と干菓子、果物などを備え、お線香をたててご先祖様をお迎えすると良い。また茄子や胡瓜に4本の割り箸などを差して牛や馬に見立てたものを飾る地方もある。茄子は牛で胡瓜は馬を表現しているとされ、あの世から帰って来るときは馬に乗り、あの世へと戻っていくときは牛にのってゆっくりと、という意味があるとされる。あるいはご先祖様は馬に乗り、荷物を牛に載せるという意味があるともいわれている。
施餓鬼供養をするなら、若竹を四本立てた上に棚を作るか、籠やふるいなどに「施供養」と書いた札を立てて、野菜や果物、花、線香、水などを飾る。

しかし、お盆のしつらえは地方により様々で、家庭にそのしきたりが伝わっていないのなら、無理に飾り立てる必要はない。ただ、日ごろは忙しい現代人も、お盆の日は御先祖様を思い出し、感謝する日にしてはいかがだろう。

2015年 07月12日 13時22分