豊島区要町に失われた池袋モンパルナスをイメージした物件が誕生した

池袋モンパルナスをイメージ、白い壁に黒い格子の入った窓が印象的な物件が誕生した池袋モンパルナスをイメージ、白い壁に黒い格子の入った窓が印象的な物件が誕生した

昭和の初めから戦前にかけ、豊島区西部、池袋にほど近い長崎、千早、千川、要町あたりに池袋モンパルナスと呼ばれた一画があった。豊島区ホームページによると、ここに最初に独身学生向けのアトリエ村が誕生したのは1931(昭和6)年。東京藝術大学のある上野に通うのに便利な場所でかつ家賃の安さもあり、若く、貧しかった芸術家の卵たちが続々と移り住み、最盛期には数百人を超える画家、彫刻家などが住んでいたという。

当時の写真を見ると住宅は平屋、一戸建てのコンパクトなもので、作品を搬出するための大きな窓と天窓がある15畳ほどのアトリエに3畳から4畳半ほどの居住スペースというのが一般的だったとか。しかし、ライバルであり、仲間である人々が集まっての生活は楽しかったようで「彼らは切磋琢磨しながら貧しさの中で創作に打ち込み、また、夜になれば池袋の街にくり出し、自由でモダニズムに溢れた雰囲気のもと、芸術論をたたかわせたり、未来の夢を語り合うなど、様々な交流を繰り広げました。」と区ホームページは当時の様子を記している。

かつてこの地に住んだ人の中には日本のシュルレアリスムの先駆者的存在として知られる画家靉光氏(あいみつ)、花井幸子氏、金子功氏、穂積和夫氏など多くのデザイナー、イラストレーター、クリエーターを輩出したセツ・モードセミナーを主宰した長沢節氏、原爆の絵で知られる丸木位里・俊夫妻、現在自宅が豊島区立の美術館となっている熊谷守一氏などがおり、日本の多くの芸術家を育んだ地だったと言える。

だが、その多くは第二次世界大戦で焼失。一部は戦後も活用されたようだが、現在ではすべてが失われている。

新築なのに味わいがある不思議な空間

建物中央、中庭に面したところにある100年前のヨーロッパ製のドア。ごく自然に使われている建物中央、中庭に面したところにある100年前のヨーロッパ製のドア。ごく自然に使われている

2016年10月、失われて久しい池袋モンパルナスをモチーフにした賃貸住宅「アパートメントモンパルナス」が誕生した。元々この地で賃貸住宅を経営していたオーナーA氏が父が建てた昭和43年築の建物を建替えるにあたり、この地にふさわしいものをと模索、そこで出会ったのが池袋モンパルナスだったという。

「妻が仕事でよくフランスに行っていたこともあり、ヨーロッパの古いものを大事に使う文化には共感を覚えていました。また、それが今の日本にないものであるとも思っていました。特に東京の今の景観は新しくきれいなようで寒々しい。そこで、この建物は新しく建てるものの、そこに古いものを配し、それぞれが年月を経て同じ味わいを醸し出すような場にしようと考えました」。

古民家を改装して古さを生かした建物も、新しくぴかぴかの建物もある。だが、この物件が目指したのは新しくて古いもの。普通であれば両立しないものを両立させようとしたのである。

また、この物件は建築に関する様々な職掌の人たちが交わることでも作られている。施工は建設会社、そこにフランス生活の長かった建築家が入って設計をし、それに基づいて賃貸住宅建設には珍しい左官職人などが作業をしているのである。そのためだろうか、完成した建物は新しいのに昔からここにあるようにも思える、個性的でありながら、ヨーロッパの風景として見たことがあるような、不思議な空間になっている。

賃貸住宅とは思えない、道行く人が立ちどまる不思議な外観

その不思議な感じは建物外観にも現れている。住宅街を歩いていくと角地に突然、白くシンプルな姿が現れるのだが、右折してエントランス側を向かうと右手に古めかしい木製の郵便受け、そして正面の中庭の奥には緩やかにアールを描く不思議な形状の壁面、黒いアイアンの窓枠などが見えてくる。いずれも賃貸住宅とは思えないものばかり。実際、見学している間にもいろいろな人が建物を覗きこみ、首をひねる姿を見かけた。「教会や修道院、寄宿舎といったものと思われていることが多いようです」とはA氏の弁。確かにヨーロッパの田舎にある、そうした施設と言われても納得する佇まいである。

エントランスにある木製の郵便受けは元々はイギリスのオフィスでレターボックスとして使われていたものを未草(ひつじぐさ)という創作ユニットが再生したもの。ごく小さな南京錠が付いており、実にかわいい。門扉のフェンスや室内のカーテンレール、トイレットペーパーホルダーなども彼らの作品で、素材は真鍮、銅など。特に室内の製品はいずれも小さなものだが、それがあるおかげで新しい建物が落ち着いて見える。細部に神宿るというのはこういうことだろう。

建物正面に向かうと、今度は街角の公園のような風景である。庭の中心近くに木が植えられ、その背後には建物中庭に続く廊下。両側には建物の奥に向かう形で各住戸への入り口が設けられており、一部には背の高いドア。実に絵になる風景だ。

左上から時計回りにエントランス、エントランスに設置された木製の郵便受け、そのアップ、そして中庭左上から時計回りにエントランス、エントランスに設置された木製の郵便受け、そのアップ、そして中庭

天井の高さ、窓の大きさが開放的な住戸

上/2階のEタイプのアトリエ部分。窓の大きさ、天井の高さが分かる 下/水回りと居住スペースが半階分、分かれているタイプも多い上/2階のEタイプのアトリエ部分。窓の大きさ、天井の高さが分かる 下/水回りと居住スペースが半階分、分かれているタイプも多い

建物は東西南北に通路、中庭のある十字型となっており、天井の高い通路は教会の回廊を彷彿とさせる。中庭から通路越しに住戸、通路から中庭と敷地内の各所の眺めはいずれも風景としてのバランスを計算して作られており、中庭の木が真ん中からずれて植えられているのはそのため。感動するわけである。

室内を見せていただく。賃貸になる24戸のうち、5戸はアトリエのあるタイプで、中庭から階段を上がった先にある2階Eタイプはそんな部屋。玄関を入ると7.7畳の土間のようなアトリエがあり、奥は7.8畳のベッドルーム。アトリエから細い梯子を上ると丸い天井のあるロフト4.7畳となっており、その正面には黒い格子の嵌った大きな半円状の窓。空が大きく見え、気持ちが良い。

本来、この土地には3階建てまで建てられるそうだが、物件は2階建て。その分、各住戸の天井は3.14~4.1mと高く、開放的。逆に階段その他各戸へのアプローチはそれぞれ専用になっており、独立感もある。

1階Cタイプも同じく、玄関から長く続くアトリエ8.5畳があるタイプだが、こちらはギャラリーのような雰囲気もあり、独立感が高い。いずれのアトリエも作業スペースとしてはもちろん、接客の場としても使えそう。人によってはライブラリーという使い方もありそうだ。このタイプは奥にリビング13.1畳があり、階段を登ったところに水回りが配されている。

人が人を呼ぶ、池袋モンパルナスの再現も

細部では室内に用意された棚の一段だけに流木のような古材が使われているのが目を惹いた。2m40cmあるアメリカの古材で、数を揃えるのに苦労したとか。古材を使うと施工保証ができないとメーカーから言われもしたそうだが、その分、効果は絶大。自然をすら感じるようだ。細部で言えばチャイム、スイッチプレートなどは設計者が手配、一般には使われていないようなアンティークな雰囲気のある品が揃えられている。

最後に少しだけ不動産的な情報を。立地は東京メトロ有楽町線千川駅から徒歩4分。千川駅と聞くと「どこ?」と思うかもしれないが、池袋駅から2駅目で、有楽町線に加え、副都心線も利用でき、都心へのアクセスは想像以上に便利だ。

専有面積は34.38~60.05m2で間取りは一般的な表記にすると、ワンルーム、1LDKプラスロフトとなる。だが、広いアトリエ空間があったり、1LDKでもリビングが15.7畳、ベッドルームが9.3畳もあるなど通常の間取りとは一味も二味も違う。表記で考えるより、実際の空間を見てから考えるほうが良いだろう。賃料は12万4,000円~で共益費は5,000円。

オーナーのA氏は今後は住む人によって物件の価値が決まると考えており、「芸術家でなくてもアートを解する人、ファッションやデザインにこだわりのある人などに住んでもらえたらと考えています」とのこと。アトリエのあるタイプであれば、そこに人が集まるような使い方も考えられ、そうやってこの物件が人が人を呼ぶ住まいになっていくとしたら、それこそが池袋モンパルナスの再現。伝説が甦るというものである。

問合せ:株式会社ハウスメイトショップ本店 03-5992-3610

池袋モンパルナス(豊島区ホームページ)
http://www.city.toshima.lg.jp/brand/montparnasse/index.html

未草
https://www.instagram.com/hitsujigusa_/

左/水回りの陶器類もレトロな雰囲気。それを壊さないため、温水洗浄便座は設置されていない 中/ロフトへは細い階段を登る 右/どこから見ても絵になるように計算された配置左/水回りの陶器類もレトロな雰囲気。それを壊さないため、温水洗浄便座は設置されていない 中/ロフトへは細い階段を登る 右/どこから見ても絵になるように計算された配置

2016年 11月06日 11時00分