宝塚を柏につくるという野望

今見るとなかなかキッチュな宣伝ビラ 『柏市史 近代編』より 今見るとなかなかキッチュな宣伝ビラ 『柏市史 近代編』より

柏というと規模としては東京郊外を代表する街の一つである。その柏に競馬場があったと聞いたら驚かないだろうか。1928年(昭和3)に柏競馬場が創設され、38年まで競馬を開催したのである。
競馬を始めたのは柏市域の田中村花野井の大地主の吉田家の吉田甚左右衛門である。東京からも近いという立地を生かし、競馬場とゴルフ場をつくれば多くの人が柏町に来るだろう、それに合わせて商業、サービス業を発展させようと考えたのである。

千葉県で競馬といえば松戸競馬場が1907年から19年まで存在した。現在の松戸駅の東側の丘陵地帯、聖徳大学や松戸中央公園がある場所に存在した。
19年には松戸競馬場は陸軍に接収されて陸軍工兵学校敷地となり、松戸競馬倶楽部は千葉県中山村に競馬場を移転し中山競馬倶楽部と改名し、 旧中山競馬場を経営していた。

にもかかわらず柏にも競馬場をつくろうとしたのだ。
柏市域にはもともと花見の名所もあり、手賀沼などではレジャーとしての漁も盛んであり、東京から多くの行楽客がおとずれていた。吉田は、ここに競馬場をつくり、競馬場の中央部と東側の合計20万m2をゴルフ場として、乗馬練習場も設置、その他に、弓道場、テニスコート、娯楽館を設置し、この一帯を「関東の宝塚」にしようと新聞記事で発表したのである。当時関西では宝塚はもちろん、西宮市の鳴尾競馬場が実績を納めていたことに刺激を受けたらしい。実際吉田は宝塚に行き、宝塚歌劇場の食堂のメニューと価格を調べてメモに残している。

また、当時の柏地域は農村の人口が減少していた。市川方面では関東大震災後の都心からの人口流入により人口が5年間で8割増加していた。このままでは村が滅びるという危機感もあったようだ。

東京から観光客を誘致

当時の新聞報道(読売新聞)当時の新聞報道(読売新聞)

現在豊四季団地のある場所に完成した競馬場は、土地を千葉県畜産連合会から借りたもので、幅30m、1週が1600m、総面積28万m2、当時の公営競馬場としては関東一の規模を誇る本格的なものであり、この時代のよくある言い方として「東洋一の競馬場」とも言われたのである。
競馬のない日は競馬場を東京市内の小学校や青年団、運動団体に無料開放した。それも柏ファンをつくって観光客を誘致しようということであったに違いない。また競馬で得た利益を地域の教育や土木工事などに使おうという意図もあった。

ゴルフ場のほうは1929年に開業した。吉田がゴルフ場経営に乗り出した理由は、競馬場の計画中にある人にゴルフ場をやってみないかと勧められたからだという。競馬とゴルフがあるなら、他にも娯楽を、ということで話がでかくなり、関東の宝塚構想になったらしい。ゴルフ場の来場者名簿には近衛文麿や岸信介といった政財界の著名人が名を連ねている。

市川にライバル登場

競馬場ができてみると開催日の3日間には30万人が集まった。ところが香取町(佐倉市)にあった九美上競馬場が1931年に市川に移転し、市川競馬場として開業した。するといきなり18万円の入場料売上げを記録し、柏競馬場の19万円に迫り、33年には年間96万円あまりとなって、柏の76万円を大きく凌いだ。さらに34年からは5年連続で売上げが130万円を越え、100万円から126万円ほどだった柏の売上げを上回った。

そこで柏競馬場は、市川競馬場にはなかった大きな観覧場を設けた。コースも芝にしようとしたが、芝のほうは技術的に難しく実現しなかった。
また33年には近隣の若い女性を動員して華やいだ雰囲気を演出した。鉄道も、総武鉄道柏—豊四季間に新駅として「柏競馬場前停留場」を設置した。競馬開催日の4日間には上野から柏まで臨時直通運転を実施した。通常上野から松戸で止まっていた列車も柏まで延長して運転させるなど観客の誘致に力を入れた。

だがこうした過剰な投資のために柏競馬場は黒字を出さなかった。その後戦争の激化で柏か市川の競馬場のいずれかを中止とすることを政府から申し渡された。吉田は柏競馬場もゴルフ場も中止することを市川競馬場より先に認めた。
みずから廃止を先に申し出たことで、その後柏競馬場は軍用に使われることになったが、これも42年に打ち切られ、敷地は場内外のゴルフ場跡地とともに日本光学(現ニコン)の軍需工場となった(戦後復活したが1950年に閉鎖、前述のようにURの団地となった)。

女性を使って競馬場を華やかに盛り上げた 『柏市史 近代編』より女性を使って競馬場を華やかに盛り上げた 『柏市史 近代編』より

平安時代以来の名家・吉田家

柏競馬場の様子柏競馬場の様子

ところで吉田家は、なんと平安時代からこの地の領主であった相馬氏一門に連なるもので、現在43代目と言われる。
吉田家は江戸時代中頃からは金融や小麦など穀物の売買、菜種油等の事業を開始し、地域の特産となる醤油醸造業も1805年から手がけるようになった。1922年にキッコーマンの野田醤油株式会社に買収されるまで営業を続けた。

また、文政9年(1826)には、関東4か所にある幕府直轄の馬の牧の一つ「小金牧」の目付け牧士(もくし)に任命され、以降4代にわたり牧の管理に関わった。だから競馬場をつくる素養はあったのだ。

柏競馬場の様子

25メートルにもおよぶ長屋門から屋敷内に入ると、茅葺屋根の重厚な作りの主屋、格調の高い書院、コケに覆われた趣のある庭園や屋敷林があるほか、英国調の邸宅もある25メートルにもおよぶ長屋門から屋敷内に入ると、茅葺屋根の重厚な作りの主屋、格調の高い書院、コケに覆われた趣のある庭園や屋敷林があるほか、英国調の邸宅もある

また、ゴルフだけでなく、登山やスキーなどスポーツの振興にも尽くした。1975年のウィンブルドン大会、女子ダブルスで優勝し、日本プロスポーツ大賞殊勲賞を受賞した沢松和子は吉田家の現在の当主である。現役引退後、吉田宗弘(現・吉田記念テニス研修センター理事長)と結婚をしたためである。現在は柏市の自宅の敷地で吉田記念テニス研修センターを運営している。このように吉田家は競馬、ゴルフ、テニスなどのスポーツに熱心な家柄なのである。

他にも柏では1931年に町民有志からなる野球チーム「柏葉倶楽部」ができるなど5チームがあるなど野球も盛んだった。1920年のオリンピックでは日本のテニスチームが活躍しテニスブームが起こり、22年には柏地域の二つの村で庭球倶楽部ができるほどだった。
今はJリーグの柏レイソルがあるが、こういうスポーツ好きの土壌が昔から育てられてきたのかも知れない。

吉田家の邸宅は、現在「旧吉田家住宅歴史公園」として公開されている。敷地面積6518坪(21511m2)という広大な土地に、建築面積330坪(1178m2)の邸宅が建っている。名主であった吉田家の豪農ぶりが分かるもので、敷地内の8棟(主屋、書院、新座敷、向蔵、新蔵、道具蔵、長屋門、西門)が国重要文化財に指定されている。

参考資料 『柏市史 近代編』2000年

2018年 06月29日 11時05分