池上本門寺そばの長年愛される古民家

古くから池上本門寺の門前町として栄えた大田区池上。池上本門寺西側の散策路に、ひときわ目立つ大きな古民家がある。
2015年10月にオープンした「古民家カフェ蓮月」だ。まだオープンして一年ほどながら、映画の撮影現場として利用されたり、多くの雑誌の取材を受けたりと話題の店である。開店するとすぐに客が来店し賑わう店だが、カフェとしてオープンする前までは、「蓮月庵」という参拝客に長年に渡って愛されるそば屋だった。
蓮月庵は店主の高齢により2014年に惜しまれながらも閉店。その後、一年ほど空き家の状態になってしまった。借り手を無くした建物は、住む人や借りる人・買う人がいなければ、そのまま放置されるか、解体という行く末が思い浮かぶ。

そんな中、蓮月の今後を心配し見守っていた地元の人達が集まり、保存プロジェクトを起ち上げた。どうやって建物を活かし再生するかのアイディアを出し合い、検討がはじまったのだ。
建物は、住む人がなくなるとあっという間に老朽化が進むが、築年数の経過した建築物であれば尚更である。保存が危ぶまれる中、どういった経緯で古民家カフェ蓮月は誕生したのだろうか?
「古民家カフェ蓮月」の店長である輪島基史さんに話を伺った。

1959年から1階はそば屋として営業し、2階の座敷は結婚式や披露宴の会場として使われていた時代もあったそうだ。やや黒ずんだ木の色に歴史を感じる1959年から1階はそば屋として営業し、2階の座敷は結婚式や披露宴の会場として使われていた時代もあったそうだ。やや黒ずんだ木の色に歴史を感じる

「建物を残したい!」保存の方法を模索

「保存プロジェクトのメンバーだった人と知り合いだったので、池上本門寺のそばに、すごい古民家があるということは聞いていました。その当時は、どうやって保存したらいいのかを模索している状態でしたね。古民家をカフェにしたいという案が出ていて、そのまま建物を活かして経営してくれる人を探しているということだったので、知り合いの飲食店の経営者を紹介したんです。」
蓮月庵が閉店した翌年の2015年2月に、再活用してくれる人を募る説明会が実施された。集まった人は70名。その後、何人かの人が名乗りを上げたが、結果的にどれも実現には至らなかった。

その後、輪島さんのもとへ思いもよらぬ電話が入る。
「説明会に知り合いの経営者を呼んだ手前もあって、私も説明会に顔を出していました。でも、全く自分がやろうという気持ちはなかったですね。その説明会から少し経って、保存プロジェクトの人から連絡がきたんです。『輪島さんに店長をやってほしい』、と。」
説明会があった日は、ちょうど、輪島さん自身が経営していた古着屋を閉めた日であった。これからどうしようか?と考えている最中であって、"まさか自分が"、とは思っていなかったという。

「悩みましたが、こんな機会は滅多にないし、やったことが無いことに挑戦しよう!という想いもあり、引き受けました。古着屋を閉めた後、勉強をして3年くらいしたら小さな飲食店をやりたいとは思っていたんです。でもまさか、こんなに早くやることになるとは思ってもいませんでしたね…。」

改修の際に畳を床に張り替えた。ガラス戸は昔そば屋だったままの状態で残されていた。店内の奥の窓際の席から庭が眺めることができる改修の際に畳を床に張り替えた。ガラス戸は昔そば屋だったままの状態で残されていた。店内の奥の窓際の席から庭が眺めることができる

改修、準備を含めてオープンまでの期間は5ヶ月

それからオープンに向けて、怒涛の準備期間に突入する。建物は、これまであまり大きな修繕もされていなかったこともあり、床はボコボコ、襖も空かないひどい状態。隙間があったようで鳩が巣を作っていたり、2階は雨漏りもしていた。ほこりだらけの部屋をとにかく掃除して、キッチンもトイレも新しく総入れ替えした。ちょとした修繕や掃除は、地元の人や保存プロジェクトの人たちが手伝ってくれたそうだ。
準備を進めながら、輪島さんは同時にこの古民家をどうするべきなのかを考えていた。

「まずは保存プロジェクトが古民家を一体どうしたいのかを把握することからはじめました。結果的に店長になり、保存プロジェクトのリーダーになりましたが、自分自身でほかに店長をやってくれる人がいないかも探しました。建物を保存するには、どの方法が一番最適なのかを考えていましたね。事業計画を作って店の名前を決めて、店で提供するメニューを決めて…。その時に大切したのは、"みんながやりたいことをやる"でした。もともとこのプロジェクトは蓮月庵というそば屋だった古民家を残したい、からはじまってるんです。だから店の名前もそのまま引き継ぎ、店の改修もそば屋だった名残をそのまま活かして大きくは手を加えていません。」

蓮月の店長である輪島さんは、店に関する全ての決定権を持っていると言っていい。だが、これまで保存プロジェクトに関わってきた人の意志を尊重し、ともに蓮月を守っていくことを一番の目的に取り組んだ。長年地域に溶け込んでいた建物であるからこそ、あえて大きく手を加えない。だからこそ保存プロジェクトの人たちと協力しオープンすることができだのだろう。

入り口にある、そば屋時代のメニュー表には「銭」の文字が。2階の座敷は10畳、10畳、12畳の3室あり、レンタルスペースとして提供している入り口にある、そば屋時代のメニュー表には「銭」の文字が。2階の座敷は10畳、10畳、12畳の3室あり、レンタルスペースとして提供している

蓮月は"家族"。地域の活性化も目指す

古着屋だった輪島さんと蓮月との出会いは、関連性がないようにも思える。だが、輪島さんは、古着屋を経営していたときから感じていたこと、実現したいことは、蓮月でも共通していると言う。
「古着屋をやっていたとき、夕方になると中学生や高校生が家族のことや学校のこと、恋愛のこととか、色んなことを相談しに来るんです。いまは、核家族化していたりネット上での交流が増えて、昔みたいに人と人との距離が近くないんですよね。周囲とのコミュニケーションが希薄で、自分の居場所がつくりにくいんだと思います。古着屋の経営目的はもちろん古着を売ることなんですが、徐々にそれだけではなくて、家族のようなぬくもりのある場所をつくることのほうが大切に感じるようになっていました。蓮月のコンセプトは"家族"です。この場所を家族のように感じてもらえて、自分それぞれの居場所がつくれるようになってもらえたらいいですね。」

古着屋を経営しているときからその気持ちは変わらないという。常日頃からそう周囲に話していた輪島さんだからこそ、保存プロジェクトの人も、蓮月の店長をお願いしたいと思ったのだろう。

今年の夏は、学生向けに「夏休み自習室」をひらき、学生は平日の10時から19時までドリンク半額サービスを実施した。現在も引き続き、放課後自習室を開催している。(平日15時~19時)
今後は蓮月をアートの発表の場にしたり、イベントや映画祭も検討中。学生やアーティストが活躍できる、幅広い世代の人が集まる場所にしてきたいそうだ。
再生した蓮月は、きっと地域のコミュニティの拠点となるだろう。ここで生まれる人と人とのつながり、新たな発展が楽しみである。

古民家カフェ 蓮月
http://rengetsu.net/

左から、蓮月スタッフの金子さん、店長の輪島さん、副店長の木村さん左から、蓮月スタッフの金子さん、店長の輪島さん、副店長の木村さん

2016年 10月19日 11時05分