かつての団地、今の団地。少子高齢化によるコミュニティの希薄化

「北千里」駅の駅前から、西へと広がる千里青山台団地は、高低差のある丘陵地が特徴。緑豊かで日当たりのよい住居がならぶ「北千里」駅の駅前から、西へと広がる千里青山台団地は、高低差のある丘陵地が特徴。緑豊かで日当たりのよい住居がならぶ

第二次世界大戦後、日本の住宅不足は深刻で一時は420万戸の住宅が不足していたという。第一次ベビーブーム(団塊の世代)、高度経済成長を通して、都市部に人口が集中し、住宅供給の問題はいよいよ深刻さを増した。
そういった背景の中、1951年には公営住宅法が制定され、1955年に日本住宅公団が設立された。現在の独立行政法人都市再生機構(※以下、UR都市機構)の前身である日本住宅公団は、1960~1980年前後に都市部で働くサラリーマンに良質な住宅を大量に供給するため、都市近郊を土地開発し、集合住宅を建築を行った。「団地」の誕生である。

日本で初めて公団住宅の入居者を募集したのは、1956年(昭和31年)大阪府堺市にある金岡団地だったという。対象としていたのは、中堅のサラリーマン層の家族。ダイニングキッチンや水洗トイレといった当時まだ珍しい設備と仕様に人気が集まり、応募倍率はかなり高かったようだ。働き盛りのサラリーマン層家族は第一次ベビーブームの流れもあり、多くの入居者が子育て世帯であった。そのころの団地には、自治会等が中心となった子供たちのためのお祭りやクリスマスなどのイベントがあり、敷地を使った凧揚げ大会なども行われた。団地のゆとりある敷地には、遊ぶ子供たちの声が絶えなかったのだ。

ここ数年の団地は、建物や設備の老朽化と共に居住者の高齢化が深刻である。
日本全体での高齢化率も深刻ではあるが、国土交通省がまとめた調査によると、団地のみならずマンションなど集合住宅の世帯主の年齢は徐々に上昇。60歳以上の世帯主割合は、平成25年度は50%と半数を超えてきている。団地に暮らす世帯の年齢層が変わってきているのだ。

かつての「団地の住民」は、子育て世代が中心であった。団地内に公園や保育園が造られたほか、集会所ではお花見やクリスマス会など、季節折々のイベントも盛んであった。だが、住民の世代が変化してきている今、UR都市機構では、多様な世代がいきいきと暮らし続けられる住まい・まちづくりを目指す「ミクストコミュニティ」に取り組んでいる。

今回、その取り組みのひとつである千里青山台団地の「伊東豊雄×UR『みんなの庭』プロジェクト」についてUR都市機構の片岡有吾さんにお話を伺ってきた。

キーワードは「コミュニティの再生」

UR都市機構西日本支社技術監理部ストック設計チームの片岡有吾さんUR都市機構西日本支社技術監理部ストック設計チームの片岡有吾さん

UR都市機構の団地の再生は、ハード面で進んでいる。以前お伝えした無印良品との企画「MUJI×UR」等の取り組みや大学と協働した産学連携でのリノベーション等も進めて、「古くて使いづらい」イメージからの脱却をはかり、若者世代や子育て世代をターゲットに増やしたい考えだ。

ハード面の施策が進む中、今回の千里青山台団地の「伊東豊雄×UR『みんなの庭』プロジェクト」は出会いを生み出す場づくりをハードとソフトの両面からチャレンジする「コミュニティの再生」がキーコンセプトである。

「団地が建てられた高度経済成長期には、一度に多くの子育て世代が入居し、働き、子育てをする中で"ひと"が日常風景の主役でした。多くの家族が、地方や他の地域から団地に転居し、情報交換しながら暮らしていた活気のあった時期だったと思います。

時代が進む中、少子高齢化の影響もそうですが、モノやサービスが溢れ、家から出なくてもなんでもできる暮らしが手に入る一方、まわりと繋がる必然性がなくなり、個々の暮らしが孤立化してきました。集合住宅でありながら、また、団地のように敷地が豊かでありながら、コミュニティが育ちにくくなっている背景があります。

人が人とつながることで得られる“暮らしの豊かさや住む場所への愛着”にもう一度注目したとき、以前の子育て世代が中心で自然に発生していた地縁型のコミュニティだけではない形も必要だ……という課題観がありました。コミュニティの希薄化は、実はセキュリティ面や災害時のウィークポイントにもなりえます。

そこで、今回、東日本大震災で人の居場所づくりの『みんなの家』の活動をされている建築家の伊東豊雄氏とともに団地の暮らしの中で出会いを紡ぎ、コミュニティを育むための『みんなの庭プロジェクト』を始めることになったのです」と、片岡さんはいう。

“ハーブの庭”と“みんなのテーブル”は話し合ったアイディアから

コミュニティの再生……といっても、実はむずかしい。部屋のリノベーションのように、すぐにガラリとは変えられないからだ。また、「コミュニティの持続」を考えた場合に、押し付けて行うことには意味がない、それぞれが自主的にかかわらなければ、結果「コミュニティ」は生まれない。

「みんなの庭プロジェクトは、団地の豊かな屋外空間で住人さんがやってみたいことを、丸い庭に実現し使いこなしてもらうプロセスで、コミュニティが形成されていくことを期待するものです。このプロジェクトでは、最初、2015年5月に“建築家・伊東豊雄と『みんなの庭』を考えてみよう”というワークショップを開きました。そこで、みんなで考えたアイディアから“ハーブの庭”、多目的コンロを備えた“みんなのテーブル”が生まれています。

“ハーブの庭”では、丸いレンガの庭を造り、ハーブというテーマで集まった住人さんたちが決めた“食・香・見る”という楽しめるハーブを植えることにしました。実際にどう育てていいのか、をハーブガイドさんに庭造りのアドバイスを頼んだり、ハーブを活用したリースやラベンダースティックの作り方などもレクチャーしていただきながら楽しまれています。

2015年12月には、伊東豊雄さんの講演会に合わせて、コンロ台を備えた“みんなのテーブル”のお披露目会も行っています。ハーブチームのメンバーでつくったバジルペーストや、コンロ台の炭火で蒸したハーブ入りの魚のホイル焼きをつくりみんなで食べました。活動は、少しずつですが、団地の方々に認知されてきていると思います」と、片岡さん。

みんなで考えたアイディアから生まれた“ハーブの庭”と“みんなのテーブル”みんなで考えたアイディアから生まれた“ハーブの庭”と“みんなのテーブル”

人の「たまりば」と「きっかけ」を創る

「沢山の方々が参加した…というところまではまだまだですが、コミュニティの輪を生み出し、お互いに繋がっていくきっかけを支援していくことが目的なので、押し付けにならず、自主的に参加してもらうことにしています。それでも徐々に興味を持った方が、ハーブを育てていく中で今まで知らなかった方々と知り合えたり、ハーブを通じて会話がはずんだりする姿を見ると嬉しいです。

やっていて、むずかしいなあ、と思うのはコミュニティというのは一気に生まれないということ……私達ができることは団地の中に消えてしまった人の“たまりば”と“きっかけ”を創ることなんです」と、片岡さんは話す。

取材に伺った際に、ハーブを育てている何人かが庭に集まっていた。住人の方にお話を伺うと
「いままで、違う棟にいるので顔も知らなかった方々とお話をする機会が増えました。年齢もそれぞれ違うけど、団地の中で新しく知り合いが増えたことは、嬉しいですよ」と話してくれた。

少しずつであるが、UR都市機構が目指しているコミュニティ再生の兆しが見えてきているのである。

団地の集会所の前に設けられたハーブを植える花壇。集会所でイベントがあると、自然にハーブづくりに関わった人が集まり、ハーブの育ち具合について、話が弾む。水やりや手入れも住民が自主的に行っている団地の集会所の前に設けられたハーブを植える花壇。集会所でイベントがあると、自然にハーブづくりに関わった人が集まり、ハーブの育ち具合について、話が弾む。水やりや手入れも住民が自主的に行っている

団地だけの課題ではない“コミュニティの希薄化”

片岡さんがこのプロジェクトを進めるうえで一番大切にしているのが、“住人の方々との対話”だという。

「一人ひとりの方々は、“コミュニティは大切ですか?”と問えば、もちろん“はい”、と答えると思います。でも、例えばイベントを行っても積極的な人もいれば、そうでない人もいる。やりたくないのか、といえばそうでもない。一人一人のもっているコミュニティ力をどう引き出してつなげていくのか、のむずかしさを感じています。

でも、ひとつ学んだことがあるとすると、それは“住人さんの声をできるだけたくさん聞く”ということです。何も知らない人が言うのと、顔見知りで会話を重ねた人が言うことでは、同じことをしても共感性が変わります。それは住人さん同士にもいえて、会話が増えれば、理解も進み、お互いを思いやることがもっとできる住みやすい環境をつくれると思うのです。

他の団地もそうですが、千里青山台団地は敷地が豊かで緑も多い。この恵まれた環境を、住人さんが使いこなし、そこで得られる喜びや満足感といった心の幸せが愛着につながるよう、ソフト・ハード両面で活用していきたい。『みんなの庭』はプロジェクトのひとつですが、これをきっかけに考えたことがたくさんあります。人が行き交う、すれ違う場所に、たまりばができ、会話が生まれ、笑い声が聞こえる団地にしていきたいと思っています」と、片岡さん。

団地だけでなく、都市に最先端の設備を備えた大規模なマンションが増える中、本当の集合住宅の豊かさをソフト面からも見直すことが必要ではないだろうかと感じた。千里青山台団地が、今、超えようとしている課題は、あと数十年後にそれぞれの集合住宅が抱える課題でもあるのだ。

今回の取材を通して、「コミュニティ再生」のむずかしさを再認識するとともに、時間のかかるものだからこそ、ひとつでもこういった場づくりへの取り組みが消えないで欲しいと願う。
「コミュニティ再生」というその性格上、前に進むことが少しずつであったとしても、現実に生み出されつつある『みんなの庭』プロジェクトの成果に期待したい。

集会所の前の既存テラスをバーベキューなどができるようにリノベーションした「みんなのテーブル」。少しずつ、こういった場所が団地の各処にでき「たまりば」となれば…と考えているという集会所の前の既存テラスをバーベキューなどができるようにリノベーションした「みんなのテーブル」。少しずつ、こういった場所が団地の各処にでき「たまりば」となれば…と考えているという

2016年 11月10日 11時07分