マンション再販物件の今までの「常識」とこれからの「新常識」とは?

再販物件の今までの常識を打ち破る“新常識”とは?再販物件の今までの常識を打ち破る“新常識”とは?

中古住宅+リノベーションといっても、2通りの場合があるのはご存じだろうか。1つは、何も手がつけられていない中古住宅を購入してから作り手と一緒にコミュニケーションをとって住まいを作り上げていく方法。リノベーションというと、こちらをイメージする人が多いと思う。

もう1つは、再販企業が中古住宅を購入してリノベーションを実施し、そうした物件を住まい手が購入するといった再販物件の方法だ。リノベーション済み物件と言えば、ピンとくる方も多いはず。中古住宅+リノベーションといっても、住まい手と作り手の関係や意識は大きく違うそうだ。

「一緒にコミュニケーションをとって作るときと、出来合いのものを売ったり買ったりするときとでは、同じリノベーションとはいえ何故こんなに離れているのだろうか」

そう語るのは、今回の企画・設計を手掛けた株式会社ブルースタジオの執行役員の石井健氏。今回、後者のリノベーション済みの再販物件に関して今までの常識を打ち破る“新常識”物件を、再販事業を行う株式会社タイセイ・ハウジーリバースと共に打ち出した。

新常識とはどういったものだろうか?実際に新常識として作られた住まいを取材してきた。

オーダーメイドのリノベーション物件とリノベーション済みの再販物件との“差”を考える

今回タイセイ・ハウジーリバース側からブルースタジオ側に依頼があり、今回の“新常識”の再販物件を一緒に作り上げたという。
「再販物件のような家の場合、この広さでこの価格とか部屋数重視の傾向だったりとか暗黙のルールがあります。実際そのおかげで流通がうまくいっている事情もありますが、住み手が中古住宅をいちからリノベーションする場合と“住まいに関する傾向”が大分異なります。普段私たちが接している一から住まいをリノベーションするお客さんたちの求めているものに着目して、今回それを再販物件にも反映しました」(石井氏)

施主自らがリノベーションした場合と、リノベーション済みの再販物件の場合との差は下記になる。
・最近は部屋数を少なくし広々と使う人が多いが、既成のものでは細かく部屋をきったものが多い
・収納量を求めている人が多いが、既成のものでは収納量が足りないものが多い
・リビングなどパブリック部分の充実度やつながりが重視されているが、既成のものは個室が充実しているものが多い

今の暮らしの求め方と既成の住宅のあり方がミスマッチを起こしているという。こうしたミスマッチをリノベーション済み物件販売の中で、少しでも変えていくのが今回の両社の挑戦ともいえる。

新常識の家は「土間」や家の中心から端まで見えるなど、つながりを重視する間取りに

両社によるコラボレーションでどういった新常識の物件になったのか、具体的に物件について見てみよう。

自由ヶ丘の駅から徒歩十数分、築37年のマンションの一室が今回の新常識でリノベーションされた再販物件だ。専有面積は約55m2、もともと3DKだった物件が今回のリノベーションで1LDKになった。

まず今回の物件の中に入ると、目に飛び込んできたのが4.8畳の土間だ。再販事業ではこのような土間にするという考えは、再販物件では通常出てこないという。土間にしようと発想が浮かんだのはブルースタジオ側。はじめてこの物件に足を踏み入れたときに浮かんだという。土間を抜けると廊下が見え、そして11畳ほどのリビング・ダイニングと4畳弱のキッチン。キッチンは既製品ではなく造作にしてこだわった。

メインテーマはつながり。55m2は広いとは言い難いが、部屋全体の広がりをどこにいても感じられるようなつくりにしている。例えばリビング・ダイニングと寝室を隔てる壁には角にコーナー窓を設けて、中の様子や光を取り入れられるようにした。採光や部屋全体のつながりのバランスを中心に考えたという。

左:サブテーマの食を実現したキッチン
右上:部屋全体のつながり感を感じるためのコーナーガラス
右下:落ち着く緑色のトイレ左:サブテーマの食を実現したキッチン 右上:部屋全体のつながり感を感じるためのコーナーガラス 右下:落ち着く緑色のトイレ

「食」と「住まい」の関係。住まい手に聞いた中古+リノベーションのあり方

サブテーマは「食」。立地的にも食にこだわりがある人が住むと想定して、料理をただ作るだけではなく、人が遊びに来て、みんなで作り、そして食事や会話を楽しむようなそんな住まいにこだわったという。

石井氏は住まいについて食べ物に例えた。
「食べ放題のビッフェの場合、食べきれない程取り過ぎてしまう人もいれば美しい分量でとる人もいる。取り過ぎてしまう人は、シェフがバランスよく考えてコースで食べたほうがいい場合もあります。それと同じで、住まいも一緒にコミュニケーションをとって作るのがいい場合と、必ずしもいいとはいえない場合がある。例えば、意見を取り入れすぎて住まいがエキセントリックになってしまう可能性がある。住まいにイメージが沸かない人は再販物件のほうがいいこともある。結局のところ、住まい手によると思います」

今後、リノベーション済み物件は不特定多数が選べるような部屋だけでなく、こうした具体的な人に向けた住まいも増えることで、更に住まい手の選択肢は広がっていくと思う。今後の再販物件市場にも注目したい。

中古+リノベーションのあり方、そして住まい手の住宅選びはどう広がっていくのか中古+リノベーションのあり方、そして住まい手の住宅選びはどう広がっていくのか

2015年 06月13日 09時43分