ルームシェアの間取りタイプは「共有スペース重視」と「個室重視」の2つ

気の合う友人とルームシェア生活気の合う友人とルームシェア生活

ルームシェアはひとり暮らしの寂しさを感じにくく、住居費を抑えることができるのが魅力である。気心知れた友人や兄弟と共同で賃貸アパート等を借りるのが一般的だが、ルームシェアに適した物件を探すポイントとは。

2人で住む場合、ルームシェアに向いた間取りタイプは2DKまたは2LDKである。カップルで住む場合と違って、それぞれの個室を確保できることが最低条件だ。3人以上の場合は人数に応じて部屋数を増やして考える。キッチンやダイニングを複数で使う場合も考えると、DKタイプでもある程度広い物件を選びたい。

ルームシェア生活で実現したい理想の暮らしによって、間取りタイプは大きく2つに分けることができる。1つ目は、同居人と一緒に寛ぎ、ご飯を食べる生活を楽しみたいという理想を持った人たち向けの「共有スペース重視」タイプ。多少プライバシーは犠牲になっても、寂しくない生活を送りたい人に合っている。2つ目は、個室でひとり過ごす時間を大切にし、プライバシーは守りたいという理想を持った人たち向けの「個室重視」タイプ。お互いに干渉せずに暮らすことを大前提とし、ルームシェアの動機は住居費を抑えるためという合理的な人に合っている。

共有スペース重視タイプにはこんな間取り

同居人と一緒にゆったりと寛ぎたいタイプの人は、LDKタイプの間取り同居人と一緒にゆったりと寛ぎたいタイプの人は、LDKタイプの間取り

共有スペースでの時間を充実させたいタイプの場合、ゆったりと寛ぎたいのでLDKタイプで少し広めの間取りが良い。また、毎日を快適に過ごすには、LDKの広さだけではなく陽当たりや風通しも大切である。窓の大きさや建物の方角をチェックしておこう。DKタイプの場合はDK部分に窓がない物件も多いので注意する。

図の間取りの場合、2つの個室にはLDKの空間から入るようになっている。玄関からはLDKを経由しないと個室に入れないので、必然的に同居人と顔を合わせる機会が増える間取りだ。キッチン周辺の空間もゆったりとしているので、一緒に料理を作って食事を楽しむことができる。個室とLDKは隣り合っているので、完全にプライバシーを保つのではなく、お互い何をしているのか気配で感じられるような間取りである。自然とお互いの音楽や観る番組の趣味等を共有できるので、楽しみが広がるに違いない。

個室があまり広くないので、一日個室にこもってひとりで過ごすのには窮屈だが、その分共有スペースが充実している。LDKの空間にはソファやテレビなどを置いてゆっくりと寛げるようにしよう。時には互いの友人を招いて一緒に過ごすのも楽しい。

個室重視タイプにはこんな間取り

個室でゆっくりと寛ぎたい人は、DKタイプで個室に比較的ゆとりがある物件がおすすめ個室でゆっくりと寛ぎたい人は、DKタイプで個室に比較的ゆとりがある物件がおすすめ

個室で過ごすひとりの時間を大切にしたいタイプの場合、個室の広さにゆとりがある物件が良く、できれば6帖以上は欲しい。また、ひとりの時間を快適に過ごすためには個室の採光が良いこともポイントである。従って共有スペースよりも個室の採光重視で物件を選ぶと良い。間取りタイプはDKタイプでもLDKタイプでも良いが、予算が限られている場合はDKタイプから探すと、個室がゆったりとしている間取りが比較的多く見つかる。

図の間取りの場合、2つの個室とDKの空間が廊下を介して配置されている。直接それぞれの部屋を行き来することができないので、音漏もれがしにくくプライバシーを保ちやすい。同居人と話したい気分ではない時は、帰ってきてすぐに自分の部屋に直行することができるので、適度な距離を保って一緒に住みたい人には向いた間取りである。個室は2つとも同じ広さで6帖あり、収納も確保されている。自分の部屋でゆっくりするのに十分な広さである。

ルームシェア用の物件を探す場合、物件によっては家族以外の同居を認めていない場合もあるので注意しよう。また、どちらかの都合でルームシェアを解消することになった場合のルールも予め決めておけば、後々のトラブルを予防することができる。

2013年 11月05日 10時10分