繁栄を極めたまちが衰退。起死回生の策が空き店舗への出店

遠くに工場の煙突が見える沼垂テラス商店街。右手の店がこの商店街を生んだ高岡氏ら姉弟の実家である大衆割烹大佐渡たむら遠くに工場の煙突が見える沼垂テラス商店街。右手の店がこの商店街を生んだ高岡氏ら姉弟の実家である大衆割烹大佐渡たむら

商店街の衰退が言われて久しい。再開発ビルでもなければ新たに商店街が生まれることなど考えられない時代に、しかも駅からは歩いて20分ほどの、もともと商店街ではなかった所に生まれた商店街がある。新潟市の沼垂(ぬったり)テラス商店街だ。

今では新潟市の一地域に過ぎない沼垂だが、江戸時代には長岡藩の新潟町と新発田藩の沼垂町は信濃川を挟んだ港町としてそれぞれに繁栄。その歴史から長らく対峙してきた。だが、次第に合併の機運が高まり、1914(大正3)年に合併。今の形となった。当時の沼垂は非常に栄えており、地方銀行4行の支店がすべて出店、うち最大手は2支店を出していたというから、その経済力が分かる。

昭和40~50年代までは続いた好況だが、徐々に衰退が始まる。大きかったのは大手工場の相次ぐ撤退だ。「最盛期には3社が24時間操業していて、勤めている人はもちろん、その家族、工場を訪れる人でこの辺りは賑わっていました。飲食店、パチンコ屋、銭湯なども多く、昼間でも通りには人が溢れていました」(沼垂テラス商店街を運営する株式会社テラスオフィス・高岡はつえ氏)

しかし、うち2社が撤退。人が減り始める。沼垂テラス商店街の先には赤レンガの倉庫、廃線跡が使われないままに残されており、当時の盛況を偲ばせる。

加えて郊外に大型店ができ、地元にあった青果市場への買い物客も減った。昔の市場には駐車場がない。それでも昭和の時代であれば路上に駐車してもとがめられることは少なかったが、だんだん、安心して停められる無料の駐車場のある施設へと人は流れた。市場の店主たちの高齢化、後継者不足も拍車をかけた。その青果市場の一角に店を出そうと言い出したのが高岡氏の父である。

昭和レトロな雰囲気が話題に

2013年時点の様子。現在は2階がコワーキングスペースに改装されている2013年時点の様子。現在は2階がコワーキングスペースに改装されている

「両親は青果市場の向かいで大佐渡たむらという大衆割烹を営んでいます。かつては工場関係者の法人需要、一般の人の宴会ニーズなどもあってはやっていたのですが、どんどん客が減る。そこで東京で資格取得のための勉強をしていた弟が呼び戻され、同店を手伝わせるとともに、時代に合った店づくりや経営を親子で目指しました。同店の経営がやっと安定してきたタイミングで、さらに空き店舗に新たな店を出したらいいんじゃないかと父が言い始めたのです」

その、倉庫のような店が並ぶ長屋が今の沼垂テラス商店街である。現在は大小さまざまな22店舗が並んでいるが、その当時、店を開けていたのは数店舗あるかないか。そこにオレンジ色のオーニングが目印の惣菜店ルルックキッチンがオープンしたのは2010年のことだ。幸い、店は少しずつ地元客で賑わうようになったが、本業に波及するほどの効果はない。もっと、いろいろな人に来てもらうためには周囲に店を増やす必要がある。幸い、空き店舗はまだある。

「そこで、弟はあちこちで『沼垂で店をやらない?』と言って歩いていたそうです。そんな中、間接的に知り合いだった20代のご夫婦が縁あってここにカフェを出すことになりました。ちょうどリノベーションや古い建物に目が向き出した時期でもあり、この通りの昭和レトロな、時間がゆったり流れる雰囲気を気に入ってくださったのです」。それが家具とコーヒーの店「ISANA」である。

さらにそこを偶然訪れた30代の陶芸家夫妻が陶磁器工房&陶芸教室「青人窯」をオープン。この頃から沼垂がメディアで取り上げられるようになる。昭和レトロな長屋の中にしゃれた雰囲気のカフェや工房が並ぶさまが話題になったのだ。それに伴い、ここに店を出したいという相談も増えてきた。

長屋を買い取り、1年後商店街としてスタート

「新潟は全国的に見ると新たに開業する人が少ない県と言われていますが、それでもこれだけ起業したい人がいるのだと驚きました。ただ、残念ながら問題がありました。当時、建物は市場の協同組合が所有。規約で組合員以外が使える部分の割合が決まっており、もう借りられる枠がなかったのです。そこで毎日市場に仕入れに行く弟が以前から相談をしていた組合のキーパーソンに聞いたところ、だったら建物を全部買い取ったらどうかと言われたのです」

最初は驚いたそうだ。空き店舗が多いとはいえ、新潟駅からかろうじて徒歩圏の立地である。数千万円の買い物だ。全部ではなく、一部だけを買うことはできないかなどいろいろ考えたものの、最終的には買い取ることを決意する。事業計画を書き、数字だけではなく、このまちを活性化するという熱意も示した。幸い、時期は地方創生に目が向いていた時期。加えて実家である大佐渡たむらは地元で半世紀にわたって営業してきており、ある程度の信用もある。経営に当たるのも地元育ち。そうしたことから、地元銀行はOKを出し、無事、建物全部を買い取ることに。同時にまちづくりにきちんと取り組むならと法人化も図った。

そして借入から1年でまだまだ空きのあった店舗に人を集め、1年後の2015年4月には沼垂テラス商店街としてスタートすることになった。名称はあえて商店街とした。今の時代に新たに商店街が立ちあがることはほぼない。であれば、商店街として成立した奇跡を冠しようというわけだ。

一列に店が並ぶ裏側にはほとんど空いてしまった飲食店街があり、道を挟んでは寺が続く一角。この通りにだけしゃれた雰囲気の店が並ぶ一列に店が並ぶ裏側にはほとんど空いてしまった飲食店街があり、道を挟んでは寺が続く一角。この通りにだけしゃれた雰囲気の店が並ぶ

商店街内の空き家店舗は満杯、さらに外部にサテライト店舗も

店舗スペースが小さいこともあって、出店しているのは初めて店を出す個人が多い。そうした人たちにとっては知らない場所で一人で商売を始めるより、商店街の一員としてのスタートが心強い。そんなこともあり、また、賃料がかなり安く設定されていることもあって多くの出店希望者が集まり、今もウェイティングがあるそうだが、その中で大事にしたのは出店する人たちと一緒にやっていけるかどうか。

もちろん、事業計画など収益の面もチェック、必要があれば専門家に相談することを勧めたりするそうだが、それ以上に大事なのが人間。離れた土地に多くの人に来てもらうためには商店街全体として情報を発信、認知度を上げていく必要があるが、一緒になってそれができなければ難しい。幸い、現在は店同士の情報交換も頻繁に行われ、月に1回は全店揃ってのイベントも開催されている。

2015年には商店街内の空き店舗がなくなってしまったため、テラスオフィスが仲立ちとして入り、近辺に空き家を借りるなどしてサテライト店舗を出すという試みも始めている。ゲストハウス、写真集を中心に新古本を扱う書店、靴修理と国内外のクラフトビールの店など業種はさまざまで、しかも面白い。周辺にはまだまだ空き店舗も多く、オーナーから活用してもらえないかと声をかけられることもあるという。

「年に1店舗くらいずつ増やしていきたいとは思っていますが、運用してほしいと言われても資金がなかったり、かつての栄えた時代のイメージの家賃を想定されていたり、店舗併用のため、店は空いていても居住している人がいたりと障壁も多々。それでも周囲の老舗味噌店、酒蔵、ビアパブなどとも一緒に周辺を回遊するコースをつくり、まちを知ってもらう試みが始まっており、認知度も高まってきていると思います」

左上は写真集など新古本を扱うBOOKS f3(ブックス エフサン)、左下は90年以上の古い民家を再生したゲストハウスなり、右の2点はKADO shoe repair & beer stop。ビアスタンドを併設した靴修理店で2階はレンタルスペースにも左上は写真集など新古本を扱うBOOKS f3(ブックス エフサン)、左下は90年以上の古い民家を再生したゲストハウスなり、右の2点はKADO shoe repair & beer stop。ビアスタンドを併設した靴修理店で2階はレンタルスペースにも

回りを良くすれば回り回って自分の店にも

とはいえ、問題も。ガイドブックなどに紹介されていることもあり、週末には観光客が多く訪れる。月1回の朝市、夏場の夜間に開かれる夜市などのイベントには多いときで4,000人ほどが集まるというが、問題は平日の昼間。周囲に大きな観光スポットなどがあるわけでもないため、観光客はもちろん、地元の人もそれほど多くはない。

そこで2019年6月から1棟だけある2階建ての建物2階を使ってコワーキングスペースをスタートさせた。フリーランス、起業を考えている人たちなどに使ってもらいたいと考えてのことで、それにより、平日昼間にもまちに人を呼ぼうというのだ。始めたばかりだが、貸し切りでワークショップやセミナーなどに使いたい、イベントを開きたいという引き合いも多いそうである。

ひとつ、気になるのは当初の目的であった大佐渡たむらへの客足。聞いてみると、幸い順調に推移しており、新しい固定客も増えているとか。

「自分の店のことだけを考えるのではなく、回りを良くしていくことで最終的には自分たちにもそれが返ってくるのだということが分かりました。また、商店街を運営してみて人と触れ合いたい人が多いということにも気づかされました。沼垂テラス商店街はそれを踏まえ、人とつながる商店街であり続けたいですね」。

必要なモノを買うためという実用性以上に、その人に会いに行く、その場所を楽しみに行く商店街。沼垂テラス商店街はどうやら、そんな場所らしい。

朝市に加えて、冬市、不定期で夜市なども行われており、そんな日は大賑わい朝市に加えて、冬市、不定期で夜市なども行われており、そんな日は大賑わい

2019年 09月22日 11時00分