門のそばに池がある、これは家相で判断?それとも風水?

日本の家相とは、家の形状や間取り、設備の配置の方位で吉凶を判断する日本の家相とは、家の形状や間取り、設備の配置の方位で吉凶を判断する

家相と風水の違いをご存知だろうか。例えば、よく言われる「北東にトイレがあると悪いことが起きる」というのは家相だが、では「門のそばに池があるとお金持ちになれる」というのは家相か風水か。こちらは風水である。ちなみに家相では「庭に水の流れがあると、方位によっては吉、もしくは凶」というものがある。

似ているようで微妙に違うこの2つは、実は親子のような関係にある。今回は、この家相と風水の違いを知るために、その成り立ちと背景をご紹介しよう。ちなみにここで言う風水とは、現在日本で広まっている占い的要素が強い新しい風水ではなく、古来より存在する中国の風水のことである。日本の風水と中国の風水の違いについては、「中国は風水で不動産を選ぶ?日本との違い、風水のはじまりと現在」でご紹介しているので、ご覧いただければ幸いである。

まずは、中国の風水を生み出した母体について触れておこう。風水は、老子を祖とした中国発祥の民間宗教である道教に伝わる秘伝「仙道五術」の流れを汲んでいる。仙道五術とは、山・医・命・卜・相の5ブロックからなる思想体系で、その基礎となるものは陰陽五行説である。

「山」とは、大自然の気を受けながら習得する術の総称で、少林拳などの体術、気功法などの呼吸法、瞑想などの精神統一法、そして房中術である。

「医」とは、鍼灸・漢方・方剤・引導と言われる東洋医学のことで、山と医は身体を鍛え練り上げることを目的としている。

「命」とは、四柱推命や九星気学などで、個人の持って生まれた宿命を知るための学問であり、人為で変えることのできない天命を知るためのものである。

「卜」とは、易学や方術、奇門遁甲などの運命を知る学問であり、これから為すことの吉凶を占うためのものである。「命」と「卜」は、精神を育てることを目的としている。

「相」とは、個人や周囲の環境の表面に現れた姿形によって、その真理を見極めようと蓄積されたデータ集のようなものである。突発的に起こる自然災害のデータを蓄積することで、この地形の場所はこんな災害が多いとか、こんな人相や手相の人はこんな性格をしているとかいった具合に統計学的に予見しようとする試みのことである。

風水は、この仙道五術の中の「卜」と「相」の要素を併せ持って生まれたもので、もともとは家や墓を建てる際に縁起のいい土地を探すためのものであり、「陽宅風水」「陰宅風水」「奇門遁甲」の3部構成となっている。

この陽宅風水こそが家の相の吉凶を判定するものであり、日本の家相の源流となった。しかし中国の陽宅風水と日本の家相を比べると、その目的は同じなのにもかかわらず、思考法が全く違っているのが面白い。家相は陽宅風水の考え方に、日本の生活習慣と宗教観を加えることで、日本式思考法で成り立つ独自の存在となったのである。

ではまず、中国の家相である陽宅風水とは、どんな性格のものなのか、その成り立ちを見ていこう。

中国の家相「陽宅風水」では、場所選びと住宅の形態を判断する

中国では、ご先祖様も幸せに過ごせるように、墓地にお金をかけ立派に造る中国では、ご先祖様も幸せに過ごせるように、墓地にお金をかけ立派に造る

古来、中国風水では人間の住まいである住宅を「陽宅」、祖先の棲み家としての墓を「陰宅」と呼ぶ。生者だけでなく死者もまた現世・来世で、いかにして安寧な生活が送れるかという目的のもとに考えられたのが風水なのだ。

風水の原則は、あの世とこの世を区別せずに、また国家の盛衰から個人の命運まで、あらゆる現象を一元的に説こうとする試みにある。彼らの考える繁栄とは、ご先祖様を陰宅風水によって正しく吉相に祀ることで、墓(陰宅)から「生気」があふれ出て、それを陽宅風水によって正しく吉相に建てられた住宅(陽宅)に蓄えられることで実現する。

もちろん一元的に説くと言っても、墓と住宅では立地条件が違うため、判定方法はおのずと異なってくる。古い中国の因習では、墓は山間部に作られるため、陰宅風水の吉凶判断で重要な基準は山脈の形態にあり、次に地質・水流、そして方位などへと及ぶ。

陽宅風水では、住宅を建てる場所選びと、住宅の形態の2つにおいて吉凶判断を行う。場所選びで重要なことは「生気」が集まる地かどうかで、地質・水流・周囲の建物・遠方の山脈などから総合判断を行う。

住宅の形態で重要なことは、自分に必要な「生気」を取りこんで蓄えることにあり、方位が重要な意味を持つ。家屋の位置・塀や壁・樹木・屋根型・門の向きや形態・それぞれの造営物の寸法・道路と建物との関係などから、総合的に吉凶の判断を行う。

特に大切なのが建築の前段階にあり、風水の専門家は「羅盤」(方位盤)を用いて、土地の造成、配置、構図、間取りなどの吉凶を判断し、建築を指導する。その際、住宅の方位判断の中で、最も重要とされるのは「水口」と呼ばれるもので、これは狭義には水の流出口、つまり井戸や湧き水で、広義には「生気」の流出口、つまり取りこんだ生気を上手に流すための出口である。

陽宅風水で大切な「門」の相、他人の家の風水を破壊しないよう配慮も

陽宅風水で重要なことは、山脈に囲まれた立地条件と街道や水運の便である陽宅風水で重要なことは、山脈に囲まれた立地条件と街道や水運の便である

では陽宅風水における、住宅を建てる場所選びにおいて、吉方位を判断する方法には、どんなものがあるのだろうか。代表的なものとして、四方(東・南・西・北)、五行(木・火・土・金・水)、七政(貧・巨・腺・文・廉・武・破)、九星(一白・二黒・三碧・四緑・五黄・六白・七赤・八白・九紫)などがある。

中でもよく知られているのが、四方(東・南・西・北)の方位基準であり、これほど東アジアに広く意識されているものはないだろう。中国における都市や住宅の最も理想的な方位配置といえば、「坐北向南(ざぼくこうなん)」つまり北を背にして南を向くことであり、これに「葬山面水(そうさんめんすい)」山にもたれて水に面するという地形が得られれば、それは理想郷にも等しい。

ちなみに京都もまさしく、この吉相をしている。いわゆる、前=朱雀=南、後=玄武=北、左=青龍=東、右=白虎=西の、四神相応の方位配置である。

さて住宅の形態において、吉凶判断で重要な対象となっているのが門である。特に道路と門の位置関係が大切で、道路が門と平行して横切っているか、それとも門前から直角に伸びているかなどで吉凶が左右され、大通りに面した門は「吉利生財(きちりしょうざい)」と言って金持ちの相とされた。

また「門前に水があれば、財源は豊かになる」と言われているため、多くの民家では、門の前に穴を掘って池を作り、吉相を作ろうとしたのである。

他に、家屋が真南を向いていれば「人丁興旺(じんちょうこうおう)」と言って、一族の中から出世する優秀な男子が生まれる可能性があるとされた。ゆえに多くの住宅は、北を背にして南に向いて建てられていた。これは日当たりの良さや通風が確保できるので、住環境的にも良好であった。

このように中国では、住宅のあらゆる部分に陽宅風水が取り入れられてきたわけだが、自分の家のためだけでなく、他人の家の風水を破壊しないようにするのも、大事なこととされている。自分の家を吉相にしようと、一軒だけ何階建てにもなるような高い家を建てれば、近隣に風水面での悪影響を与えてしまう可能性がある。日本でも日照や通風で近隣トラブルが起きることがあるが、中国ではそれに加えて、風水でのトラブルを避ける配慮が必要なのである。

日本の家相は、日本独自の民族性を取り込み禁忌をベースに完成

江戸時代の大都市部では、家相指南本が大流行した。この頃から、家の吉凶という考え方が、民衆に広まり始めた江戸時代の大都市部では、家相指南本が大流行した。この頃から、家の吉凶という考え方が、民衆に広まり始めた

では次に日本の家相について、その成り立ちを見ていこう。日本の家相は、住宅の間取りや仕様について方位別の吉凶判断をすることで、住み手の禍福を占うものである。家相は、主に江戸時代後期に都市部を中心に流行し、形は変われど、現代にもその精神が受け継がれている。

当時の家相文献を読み込んでいくと、占い書としての側面だけでなく、住宅の敷地選定から間取り、庭造りに至るまでの様々な知識が盛り込まれているため、江戸時代の住宅を知る資料としての価値が高い。

江戸時代の家相は、7世紀に中国より導入された風水を踏まえ、宗教観や世界観が表現された平安後期以降の庭造り、民間宗教としての鬼門説、陰陽道の方忌み、方違えなど、日本の民族性を取りこみ醸成していった。その際、住宅に関する禁忌の概念をベースにして再構成を行い、畳を敷き詰めた和様式の部屋の形状に対応させることで、日本独自の家相が完成したのである。

この畳を敷き詰めた部屋の吉凶判断こそが、中国の陽宅風水と日本の家相との最大の違いである。そもそも中国は椅子座文化であり、寝台文化である。当然、日本のように畳の部屋は存在せず、間取りや部屋を構成する材料の吉凶も全く違う。

では、日本の家相とは、一体どのようなものであったのだろうか。江戸時代に書かれた「家相方位指南」という文献から、当時の家相についての考え方を見てみよう。

この本は、天保年間に宍戸頼母(ししどたのも)という仙台藩士の易学者が書いたものである。上・中・下巻からなる和綴じの版本で、上巻では家相の方位別吉凶を解説し、中巻では年別の24方位の吉凶を示し、下巻では八卦と暦での吉凶判断を扱っている。この内容を見るに、家作りのための家相というより、改築や引越しのための占い書としての側面が重視されている。

宍戸頼母自身も本の序文で、「人の禍福は家屋敷の備え方によるもので、地理家相を選ばず方位時節を犯せば、災いを招く」と、その土地に応じた家屋敷の建て方、家相の整え方、普請、改築、引越しの方位と時節の選び方に配慮することが大切であると言っているのである。

家相では生きるために必要な、水、火、不浄が重視された

日本の家屋の特徴は、畳を敷いた部屋にある。当然、吉凶判断も畳の枚数に影響される日本の家屋の特徴は、畳を敷いた部屋にある。当然、吉凶判断も畳の枚数に影響される

では、「家相方位指南」で示された、方位別吉凶の判断基準で特徴的な部分を抜き出し、現代語に訳してご紹介しよう。

(1)敷地の形状と四神相応
古代中国の風水書「黄帝宅経」によると、平坦な宅地であることを「梁土」と言い、このような土地に居を構えることは吉とある。また周囲が高く中央が窪地な場所を「衛土」と言い、中の平低なところに家を建てれば、自然と四方より人が集まり繁栄する。ただし、火災や争いごとも起こりやすい。

(2)家宅の構え方
家の形状は、中央より西北方向を高くし、東南方向は低くすると吉。南西の隅(裏鬼門)や北東の隅(鬼門)などに高い建物を造ると、家主が早逝、子宝にも恵まれず寡婦の家となる。北西の隅に出っ張らせた高い建物を造ると、地位・所得共に全て冨貴の相となる。

(3)住まいの部位の吉凶判断
屋敷形、門戸、土蔵、井戸、雪隠、浴室、流走、手水鉢、神棚、仏壇、竃、窓、池泉水、築山、畳間取りの順に各部位別に吉凶判断が示されているが、全てをご紹介できないので、代表的な雪隠、竃、畳間取りに絞って記載する。

*雪隠(トイレ)
「雪隠は四方四隅共に凶。十二支の方(24方位中の12方位)を避け、十干の部(24方位中の10方位)へ作れば障りが無い。ただし十干の部でも癸の方位はあまり良くない。東にあれば相続人が早逝し、願望を妨げ、家運が下がる。」

*竃(煮炊き用のコンロ)
「竃は色々な食材を集め調理するところで、人の飲食を調え、人命を保護するための場所である。人が生活する上で大いに吉凶の違いが出る場所でもある。竃を設置するのは東向き、南東向きが大吉で、望みごとが成就する。また家のためになる人の出入りも多くなる。北東向きは大凶で、嫁姑が不和になり口論が絶えない。竃の数は、四つ、五つ、八つが吉で、三つでも可。一つ、二つ、六つ、九つの場合は大凶となる。」

*畳間取(和室)
「畳間取り(和室)は、家主の部屋を基準として、判定したい部屋の五行をもって吉凶を見る。相生(相手方を強める関係)であることを吉とし、相剋(相手方を弱める関係)を凶とする。部屋に敷かれる畳の枚数で、一畳=金、二畳=金、三畳=火、四畳=木、五畳=木、六畳=水、七畳=土、八畳=土、九畳=金、十畳=金といったように五行に当てはめて吉凶を考える。半畳は別の解釈があり、部屋の形状と敷き方によって、角半畳、長半畳、三角畳各々の取り決めがある。四畳半の場合、離れや茶室は別として、普段使う間に用いれば大凶となり、惣領が早逝、次男は家に居着かなくなり、望み事は不成就、無益の出費が多くなる。」


以上、簡単ではあるが、頼母の残した「家相方位指南」の特徴的な部分をご紹介した。家相における吉凶判断の内容は、惣領男子の血脈を絶やさず、家運をあげる事にある。日本では家相の禁忌を犯すと、あとつぎに障りが出るとして怖れたのである。

その際、凶方として丑寅(鬼門)と未申(裏鬼門)を結ぶ軸(鬼門線)が強く意識され、神聖なものとして怖れられながらも、敬われている。そしてそれと直行する戌亥と辰巳の軸は、吉方としてありがたがられているのだ。鬼門についての考察は、「「鬼門」との正しい付き合い方、日本人が恐れる鬼の正体とは」で、ご紹介しているのでご覧頂ければ幸いである。

また人間が生きるために必要な、水、火、不浄(浴室・トイレ)に関わる部位が重視されていて、他所より優先するよう定められている。江戸時代、特に人口が集中していた都市部では、衛生面による疫病や火災を恐れ生きていた。これらは死に直結しやすいものとして、より慎重に扱われていたのである。

このように中国の陽宅風水と、日本の家相の目的は、家運隆盛であり血脈主義の維持保全にあった。しかし、その思想の背景となる思考法が陽宅風水と家相では異なる。

まず血脈の起点の考え方が違う。中国はご先祖様が起点となり、子孫はすべて同じ血脈の一族であるという考え方が強い。日本の場合は、自分が起点となって、自分の子孫に対しての血脈繁栄を願う気持ちが強い。何より陽宅風水の基本は吉相の探し方であり、家相の基本は凶事を避ける法であることだ。これは広大な土地を持ちありとあらゆる場所で吉相が探せる大陸の考え方と、限られた面積の中で吉相を分け合う必要があった島国の考え方との違いであろう。

2017年 05月09日 11時05分