今年のクリスマス。3連休をどう過ごす?

今年2016年のクリスマスは、会社員には嬉しい3連休。しかし、"ぼっち"には少しだけ酷な3連休。お目当てのレストランに行くのもいいし、イルミネーションを楽しむのも素敵だろう。スキー場でホワイトクリスマスというのも捨てがたい。
ファミリーでもカップルでもひとりでも、街にはもうクリスマスの足音が聞こえてきている今日この頃。
2016年、今年のクリスマスはどんな風に過ごすのか、これまで経験した中で最も残念だったクリスマスの思い出や、夢のクリスマスまで、20歳〜59歳までの男女533人にアンケートを取って聞いてみた。

今年のクリスマスは3連休。なにをして過ごす?今年のクリスマスは3連休。なにをして過ごす?

特に何もするつもりがない人が4割!

今年のクリスマスは誰と過ごす予定ですか?(n=533)今年のクリスマスは誰と過ごす予定ですか?(n=533)

まず今年のクリスマスを誰と過ごす予定か聞いてみたところ、「家族や親類」と過ごすと回答した方が最も多く65.5%、次いで「ひとり」との回答が20.1%、「恋人」「友達」「仕事関係の人」「その他」と続いた。「その他」の回答として、「ペット」(30代女性)との回答もあった。

既婚者だけでみると男性女性ともに、9割が「家族や親類」と過ごすと回答しており、少数ではあるが既婚男性の6.0%、既婚女性の5.3%が「ひとり」で過ごすとの回答であった。そんな中、気になるのが既婚男性の2.6%、既婚女性の1.2%が「恋人」と過ごすと回答していることだ。少々複雑な気持ちになる結果である。
未婚では、男女の傾向がはっきりと分かれた。未婚男性は「ひとり」が最も多く46.3%と半数近くを占める一方、未婚女性は「家族や親類」との回答が最も多く42.3%、「ひとり」は22.7%、「恋人」と過ごすが21.6%となった。
「ひとり」で過ごすとの回答が、未婚女性と未婚男性を比べると23.6ポイントもの差が出た。女性の方が、クリスマスは一人で過ごしたくないという強い思いがあるのかもしれない。

次に、今年はどんなことをして過ごす予定か聞いてみた。

■今年のクリスマス、どんなことをして過ごす?ランキング ベスト10(複数回答可最大3つまで n=533)

第1位 特に何もするつもりはない 41.5% (221票)
第2位 家でクリスマスっぽいことをして楽しむ 38.6%(206票)
第3位 美味しいものを食べに行く 12.0%(64票)
第4位 イルミネーションや夜景スポットなどを見に行く 7.3%(39票)
第5位 パーティをする、パーティーに参加する 6.8%(36票)
第6位 仕事 4.3%(23票)
第7位 ホテルなどに宿泊 3.4%(18票)
第8位 旅行 3.2%(17票)
第9位 飲みに行く 2.8%(15票)
第10位 ライブや観劇、イベントに行く 1.3%(7票)


「特に何もするつもりはない」が1位で4割以上の人がそう回答している。続いて3位以下を大きく離して「家でクリスマスっぽいことをして楽しむ」が2位に入った。
イルミネーションもいいけど、きっと混んでいるし、レストランも予約が困難、ホワイトクリスマスも正直めんどう……。イベントよりもいつも通り、もしくは家でゆっくりクリスマスを楽しみたい、ということだろうか。

家で過ごす理想のクリスマスは?

家で過ごすクリスマス。どんな過ごし方が理想ですか?(n=533)家で過ごすクリスマス。どんな過ごし方が理想ですか?(n=533)

何もしない、もしくは家で過ごすと回答した人が多かったアンケート結果。それでは家で過ごすクリスマスの理想はどんな過ごし方なのだろうか。
全体で見ると49.3%とおよそ半数の人が「家族や親類とアットホームに過ごす」と回答している。次に多かったのが「クリスマスであろうが、特に関係なく日常を過ごす」だ。理想からすると、いささか寂しい気もするが、何もしない日常こそがプライスレスということか。そう思えば、なるほどそれは素敵なことだ。

次に、家で使うことができる雑貨やインテリアに限定して、クリスマスプレゼントで欲しいものを聞いてみた。家でゆっくり過ごそうと思っている方は、家族や恋人、友達へのプレゼントの参考にしてもらえればと思う。

■家で使いたいクリスマスプレゼントランキング ベスト10(複数回答可最大3つまで n=283 ※「あてはまるものがない」との回答は除く)

第1位 パジャマやルームウェア 19.8%(56票)
第2位 マグカップや食器 17.7%(50票)
第3位 枕や寝具・ブランケット 17.3%(49票)
第4位 アロマテラピーキャンドル 13.4%(38票)
第5位 観葉植物 13.1%(37票)
第6位 家具や収納 12.4%(35票)
第7位 バスタオル・フェイスタオル11.3%(32票)
第8位 調理器具 10.6%(31票)
第9位 バスソルト 10.2%(29票)
第9位 CD・DVD 10.2%(29票)


その他自由回答には「現金」や「商品券」という現実的な回答もある中、「愛情」(50代男性)というロマンチックだが、よく考えれば切なくなるような回答も見られた。

残念すぎる…!思い出したくないクリスマスの思い出

これまで経験した中でも最も残念だったクリスマスの思い出も聞いてみた。

■今まで経験した中で、最も残念なクリスマスの思い出を教えてください(自由回答 n=531)

「チキンを飼い犬に食べられていた」(40代女性)
「別れ話を切り出したところ逆上されて警察沙汰になった」(20代女性)
「待ち合わせをしたが現れなく、ずっとまってて結局一人」(40代男性)
「クリスマスに毛糸の帽子をプレゼントされたことを喜んでいましたが、別の女の子が選んだ帽子だと後からわかり、捨てたくなりました」(20代女性)
「クリスマスにホテルでディナーショーと宿泊を予約しながら、当日にインフルエンザと診断され、熱も39度もありやむなく残念。総てを逃して(彼、料理、ホテル)とても悲しかったです」(50代女性)
「給料の支払いの催促をしていた」(40代女性)
「ふられた」(50代男性)
「元彼女とクリスマスに喧嘩してわかれたこと忘れられない」(30代男性)
「イブに会社が倒産」(40代女性)
「クリスマスをやらない家だったので、そのような思い出が何もない、これが一番残念な思い出だと思う」(30代男性)

仕事に恋人に体調不良。色々と残念なエピソードが出ていたが、一番グッときた残念エピソードはこれに尽きる。

「クリスマスの日を間違えていた」(20代男性)

夢のクリスマス。もしもどんな願いも叶うとしたら?

残念エピソードの後は、「どんな願いも叶うとしたら」という前提で夢のクリスマスを語ってもらった。こちらもいくつか特徴的な回答を紹介したい。

■もしもどんな願いも叶うとしたら、どんなクリスマスが夢ですか?(自由回答 n=526)

「シンデレラ城の前でプロポーズ」(20代女性)
「恋人と夜景が素敵なところに連れて行ってもらって跪いてプロポーズされる」(30代女性)
「好きな人にプロポーズ」(30代男性)

クリスマスに「プロポーズ」を夢見ている女性は263名中5名。一方、男性で「プロポーズ」と回答した人はたったの1名。もしプロポーズのタイミングで迷っている男性陣がいたら、思い切って今年のクリスマスにどうだろうか。

その他には、海外で過ごすクリスマスがあったりした。
「オーストラリアでサマークリスマス」(20代女性)
「海外でイルミネーション見たり、パーティーに参加したり、夜飲みに行って遊び回りたい」(20代女性)
「フィンランドでオーロラを見ながらパーティーをしたい」(50代男性)

パートナーと過ごすロマンチックな回答も多かった。
「彼と一緒なら何でもいい」(20代女性)
「景色の良い所で、生演奏のもと、人のうるさいおしゃべりは聞こえず、ものすごーく美味しい料理をダーリンと食べて美味しいねって笑い合う」(40代女性)
「妻とラブラブなクリスマス」(40代男性)
「高級なホテルのスウィートルームで恋人と一緒に過ごす」(30代男性)

サンタさんに会いたいという、心がほっこりとする回答も見られた。やはり大人もサンタクロースが好きなのである。
「サンタクロースが登場する」(20代女性)
「本物のサンタクロースとパーティーをしたい」(40代女性)
「サンタさんがきてくれて一緒に話をしたい」(50代男性)
「サンタクロースに会う」(30代男性)

そんなかわいい回答と並んで、ちゃっかりとした回答も多く見られた。
「3億円が手に入って素晴らしいクリスマスにしたいです」(20代女性)
「大金が手に入る」(20代女性)
「クリスマス当日に宝クジに当選する」(50代男性)
「サンタから3億当たる宝くじが貰えること」(40代男性)
「天から金が降ってくる」(20代男性)
女性はストレートに「現金」を欲しがる傾向にあるが、男性は「宝くじ」や「サンタさんがくれる」、「天から降ってくる」など本当に夢のようなことを考えているようだ。

お金の話ばかりではない。世の中にはこんな素敵なことを願っている人たちもいた。
「みんなが幸せ」(40代女性)
「世界が平和になりますように」(40代男性)
「家族だけでなく、世界中の人々が明るく楽しく笑って過ごしているクリスマス」(40代男性)

その他、思わず叶えてあげたいと思ってしまった願い。
「親でもプレゼントが欲しい」(30代女性)
「インフルエンザで失った青春時代のクリスマスをもう一度したい」(50代女性)
「朝起きたら30歳ほど若くなっていた」(50代男性)

たくさんの夢が並ぶ中、2つの両極端の回答を最後にお伝えしよう。

「最近、願うものがない」(50代男性)
「毎年、夢のようなクリスマスを過ごしています」(40代女性)

皆さん、素敵なクリスマスを!

--------------------
調査概要
【調査実施期間】
本調査 2016年11月11日
【調査対象者】
全国 20歳~59歳 男女
【調査方法】
インターネット調査
【有効回答数】
本調査 533サンプル
※データ使用や詳細データのお問い合わせはhomes-press@next-group.jpまでご連絡ください。

2016年 12月02日 11時05分