室内でも多い熱中症。日差しを遮り室内の温度を管理し、風通しよく

夏場、屋外での熱中症に関してはさまざまな対策をとる方も多いだろう。
室内ではあまり意識していない、というケースもみられる。しかし、熱中症は屋外よりも住居内での発症が多いという。特に幼いお子さんやお年寄りのいるご家族の場合、室内環境には十分な注意が必要だ。

室内での熱中症を防ぐためには、水分補給などはもちろんのこと、室温の管理、風通しに配慮すること。エアコンなどの空調も大切だが、いかに日差しを遮り、熱を室内に取り込まないかもポイントだろう。住まいの中では、熱の出入りが大きい窓やドアといった開口部のつくりが重要になる。

もちろん、窓の配置や用いる窓サッシ(ガラスを含む)、カーテンなどによっても、日差しを抑えることは可能だが、最近、日射遮蔽商品として充実がみられるのが、窓の外側に設置するシェード。大震災後のエコロジー意識の高まりなどから注目を集めている。室内温度の上昇を抑えるとともに、エアコンなどの電気使用量を低減することにもつながるアイテムだ。

(上)バルコニー下の空間を有効利用することも可能。バルコニー部材の溝を利用して簡単に取り付けられる。
(下)デッキやテラス屋根を組み合わせて快適な空間を生み出す。[洋風すだれ アウターシェード] YKK AP 
(上)バルコニー下の空間を有効利用することも可能。バルコニー部材の溝を利用して簡単に取り付けられる。 (下)デッキやテラス屋根を組み合わせて快適な空間を生み出す。[洋風すだれ アウターシェード] YKK AP

外付けシェードが注目される理由

日差しを遮る目的で昔から用いられ、お馴染みのアイテムはすだれ(簾)やよしず(葦簀)。今でも、多くの方が季節に合わせ購入し、窓辺に取り入れているものだ。

すだれやよしずが日差しを遮り、熱の侵入を防ぐ効果があるのは、まず、窓の外側に設置するものだということ。室内側に設置する遮熱カーテンなどは、窓サッシから熱が入るのを防ぐことになるため、遮熱という面から考えると、窓の外、外部で遮る方が効果は高い。窓の内側に熱を入れない、というのがポイントだ。また、窓の向きにもよるが、上からだけでなく横からの日差しを遮ることも重要。そのため、垂直に設置するすだれやよしずは日射遮蔽に有効と言える。

この、すだれやよしずのような効果を持たせたアイテムが外付けシェード。商品によって異なるが、日射熱を8割以上カットすることができる建材商品だ。建材メーカーなどの商品の場合、すだれやよしずに比べ、操作性が高いこと、自動巻き上げで収納されるので高齢者の方でも扱いやすいのが特徴だろう。また、適度に光を取り込めるので、すだれやよしずのように部屋の中が暗くなることもないのが魅力。毎年買い替える手間がないのもメリットだ。

商品を製造開発する建材メーカーによると、2018年の昨シーズンは予想以上に売り上げが伸びたとか。今シーズンも需要は多いと予測する。最新の外付けシェードの特徴などについて、YKK APとLIXILの担当者に聞いた。

(上)2階のバルコニーに面した窓に設け、くつろぎのスペースに。
(下)すっきりとしたシェードはどんな外観デザインにも合わせやすい。 [スタイルシェード]  LIXIL

(上)2階のバルコニーに面した窓に設け、くつろぎのスペースに。 (下)すっきりとしたシェードはどんな外観デザインにも合わせやすい。 [スタイルシェード]  LIXIL

施工性を高め、眺望性を重視したオリジナル生地が特徴/YKK AP

窓まわりを提案するYKK APでは、猛暑や台風対策としてシャッターやシェードなどを取り入れたリフォームを推進するキャンペーンを行っている。今年度の申し込みも多く、夏場の日差しを遮ることに関しての興味の高さがうかがえるという。

「日差しがどのように入るのか、どの程度暑いのかは、住んでみなければ実感できません。外付けシェードは新築時ではなく、ひと夏を過ごし、その暑さに気づいて設置するケースが多くみられます」と話すのは、エクステリア商品企画部ウォールエクステリア商品企画室長の藤田康人さん。

「主流の壁付けだけでなく、外壁や窓枠に穴を開けずに施工することが可能。テラス屋根やバルコニー、シャッター付き引違い窓などにも取り付けることもできます。2階の窓へ設置する場合、枠付けの部品を使用すれば室内からの施工もできるなど、後付けしやすくリフォームしやすい工夫をしています」(藤田さん)

また、外付けシェードは、日射遮蔽の目的だけでなく、目隠しのニーズも多く聞かれるという。たとえば、風を取り入れるために窓を開けたいが、隣家や周辺道路からの視線が気になるという場合。窓の外にシェードがあることで、カーテンを閉めなくてもプライバシーを確保することが可能に。日よけと目隠しを両立させるためにも外付けシェードを希望するケースもみられるとか。

藤田さんは、「朱子織(しゅすおり)という工夫を施した織り方で、室内側を黒色にしたオリジナルの生地を開発しました。日中は外から室内が見えにくく、室内からの眺望性も高めているのが特徴です。室内からの眺望は忘れがちですが、いくら日差しを遮っても閉鎖的になっては快適とは言えません。生地の機能性は充分に確認しておきたいポイントだと思います」と話す。

(左)「外観に合わせた色を選ぶことも大切です。どんなデザインにも馴染みやすく、汚れが目立ちにくいブラウンやグリーンが人気です」と藤田さん。
(右)色落ちも少なく清掃性も高いオリジナルシェード生地による見え方。 
 上/屋外から室内 下/ 室内から屋外 [洋風すだれ アウターシェード]  YKK AP

(左)「外観に合わせた色を選ぶことも大切です。どんなデザインにも馴染みやすく、汚れが目立ちにくいブラウンやグリーンが人気です」と藤田さん。 (右)色落ちも少なく清掃性も高いオリジナルシェード生地による見え方。  上/屋外から室内 下/ 室内から屋外 [洋風すだれ アウターシェード]  YKK AP

実証実験などを行い熱中症の予防啓発も。デザインバリエーションも充実/LIXIL

LIXILでは、室内熱中症予防の啓発が目的のプロジェクトとして、外付け日よけ「スタイルシェード」の実証実験を行っている。

LHT営業本部営業推進部主幹 田中邦義さんは、「一昨年、熱中症対策に力を入れている熊谷市と協働し、熊谷市内の保育園にシェードを設置しました。昨年の効果測定では、園庭の表面温度が低くなることを確認できました。また、熊本の災害公営住宅でも入居前に実施。同じ条件の建物で、窓のみ、すだれ、シェードとその効果を比較したところ、すだれに比べ、室内温度が低下することがわかりました」と話す。

実際に、保育士の方からは、「エアコンの効きがよくなった」「入ってくる風が涼しく感じられるようになった」といった声が聞かれたとか。よしずなどに比べ操作が簡単、外からは見えず中からは外が見えるので防犯面で安心という感想もあったという。

LHT営業本部営業推進部グループリーダーの古溝洋明さんは、「家を建てる時には、明るく、開放的なプランを希望する方が多い。しかし、実際に暮らしてみると夏場は日差しを遮りたいと感じるようです。まず南面に設置して、その効果を実感すると、西側の窓や寝室などに追加するケースもみられます」と話す。

「既存建物への施工を簡単にするため、挟み込み式の専用金物なども用意しています。ボックスやフックに取り付けるだけなので、1窓あたり約30分程度で取り付けも可能です」(古溝さん)

「新しい生地のラインナップでは、夜でも部屋の中がみえないくらい視線カットが可能なもの、デザイン性を高めたものも揃えました。また、色あせなどがあれば、生地を交換することも可能です。過酷な条件で使用するアイテムなので、長い目でみて検討してほしいと思います」とサッシ・ドア事業部窓まわり商品開発室の谷口麻衣子さんは話す。

(右)「人気があるのはブラウン系。次がグレー系です。オリジナルのボーダーデザインも個性的な外まわりを好む方に人気です」と谷口さん。
(左上)室内からの眺めも楽しいボーダーデザイン。 
(左下)上部に収納される時はゆっくりと静か。 [スタイルシェード] LIXIL
(右)「人気があるのはブラウン系。次がグレー系です。オリジナルのボーダーデザインも個性的な外まわりを好む方に人気です」と谷口さん。 (左上)室内からの眺めも楽しいボーダーデザイン。  (左下)上部に収納される時はゆっくりと静か。 [スタイルシェード] LIXIL

オーニングやルーバー、ブラインド等と上手に組み合わせても

外付けのシェードだけでなく、窓まわりに設置し、日差しを遮ることができるアイテムは各メーカーから提案されている。

オーニング(awning)も人気があるアイテムのひとつ。オーニングとは、水平にせりだす日よけや雨よけなどのことで、テラスやデッキ空間をより積極的に楽しむケースなどで取り入れられている。巻き取りパイプに生地を取り付け、季節や時間ごとの日差しに合わせ出し入れし、直射日光を調整することが可能。生地には、雨よけのため防水加工が施されている商品もみられる。しかし、太陽の方角や角度によっては、横からの日射などを遮ることができない場合も。また、外付けシェードに比べて、施工手間や費用がかかる。

その他、窓まわりに設置する商品として、外付けのルーバーやブラインドなども提案されている。最近では、窓の断熱性が高まったことで、リビングなどには、大きい窓を取り入れた開放的な空間づくりも多くみられる。しかし、窓面を大きくすることで、快適さを得る一方、夏の日差しの強さ、プライバシーなどが問題となる場合も。外付けのルーバーやブラインドは、それらをコントロールすることができるひとつのアイテムだろう。

外付けシェードに限らず、窓まわりをプランニングする際には、住まい全体で考えることが大切だ。ひとつの窓だけを考えるのではなく、開口部全体を考慮して、方角や環境に適したアイテムを取り入れること。また、夏場だけで考えず、年間を通じて検討することもポイントだろう。プライバシーの確保などの点では、フェンスなどの外構エクステリアを含めて検討を、ショールームなども上手に利用して、実際に操作性やデザイン性などを確認して選ぶようにしたい。

■取材協力
LIXIL https://www.lixil.co.jp/
YKK AP https://www.ykkap.co.jp/

(左上) 日差しを遮りテラス空間の快適さを生み出すオーニング。 [サンブレロ] YKK AP  
(右上)メッシュのスクリーンを加えることで、日差しや視線を遮ることも可能に。[彩風] LIXIL
(左下)シャープなデザインの上吊り引き戸形式のルーバー。[日射遮蔽スライディング オープンルーバー]  YKK AP 
(右下)スラットの角度を調整して風と光を室内に取込むことが可能。プライバシーの確保にも。[外付けブラインドEB〕LIXIL(左上) 日差しを遮りテラス空間の快適さを生み出すオーニング。 [サンブレロ] YKK AP   (右上)メッシュのスクリーンを加えることで、日差しや視線を遮ることも可能に。[彩風] LIXIL (左下)シャープなデザインの上吊り引き戸形式のルーバー。[日射遮蔽スライディング オープンルーバー]  YKK AP  (右下)スラットの角度を調整して風と光を室内に取込むことが可能。プライバシーの確保にも。[外付けブラインドEB〕LIXIL

2019年 07月29日 11時05分