造営ではなく、修繕遷宮が意味するもの

2013年に平成の大遷宮を行った出雲大社。新しくふき替えられた屋根が眩しい。全国の寺社の中でも巨大神殿を誇り、本殿のその高さは約24m、大屋根の面積で言えば180坪という破格の大きさだ2013年に平成の大遷宮を行った出雲大社。新しくふき替えられた屋根が眩しい。全国の寺社の中でも巨大神殿を誇り、本殿のその高さは約24m、大屋根の面積で言えば180坪という破格の大きさだ

2013年に平成の大遷宮を行った出雲大社。伊勢神宮の遷宮も重なり注目を集めたのは記憶に新しいところだろう。しかし同じ遷宮といっても、両社には違いがある。まず、伊勢神宮が20年に一度遷宮を行うのに対し、出雲大社は60年に一度。伊勢神宮が左右の敷地に交互に社殿を新たに造営するのに対し、出雲大社では社殿の造営ではなく修繕に留まる。

遷宮までの間隔が長いこと、そして造営ではなく修繕というのは、古代の建築技術の継承にどのように影響しているのだろうか? さらに、実際に出雲大社の遷宮にまつわる話を聞いてみると、日本が抱える森林資源の問題に直結していることにも気づかされる。

今回は、出雲大社の「遷宮」について島根県立古代出雲博物館にお話を伺った。そこから日本古来の建造物や建築技術の継承を考えてみる。

巨大神殿を誇る出雲大社だからこその苦悩

お話を伺った島根県立古代出雲歴史博物館 専門学芸員の岡 宏三氏。「遷宮は単なる祭事ではなく、日本の森林資源の課題にも深く結びつく」と鋭い視点を投げかけるお話を伺った島根県立古代出雲歴史博物館 専門学芸員の岡 宏三氏。「遷宮は単なる祭事ではなく、日本の森林資源の課題にも深く結びつく」と鋭い視点を投げかける

出雲大社の「遷宮」を考えるときに、まず頭に入れておかなければならないのは、出雲大社の「巨大さ」だ。本殿のその高さは約24m、大屋根の面積で言えば180坪という破格の大きさだ。

本殿には当然ながら入ることはできず、拝殿や周囲の垣根越しにしか様子を伺い知ることはできない。しかし、その垣根越しに見る情景だけでも、その高さ、大きさには圧倒される。筆者も何度か出雲大社を訪れたことがあるが、いつも驚かないように心の準備をしていても、やはり本殿を目の当たりにすると予想を裏切るその大きさに感嘆するばかりだ。

現在の本殿は、1744年(延享元年)に造営され、1809年(文化六年)、1881年(明治14年)、1953年(昭和二十八年)の三度の修繕の後、2013年の平成の大遷宮に伴う修繕が加えられたものだ。出雲大社の遷宮も、元々は「修理」のみならず建て替えの造営を行っていたが、1744年以降造営は行われていない。また、修繕の遷宮も昭和の遷宮から平成の遷宮の間は60年を守っているが、それ以前は70年余りが経過している。

なぜ、造営が途絶え、また修繕でも一定の間隔で行えなかったのか? 島根県立古代出雲歴史博物館 専門学芸員の岡 宏三氏は、出雲大社の遷宮の歴史はその巨大さゆえの「森林資源確保との闘い」だったと説明する。

「2000年から2001年にかけて、出雲大社境内から13世紀前半頃(鎌倉時代)と推定される巨大な柱が出土されました。直径約1.35mの巨木を3本組にして1つの柱とするものです。こうした巨木の柱の樹齢を考えると、天然・植林によっても異なりますが、ここまで成長するには天然ならば300年~400年近く、植林であっても200年かかります」

本殿の造営には、もちろん柱だけではなく、ハリやその他の部材に使う木材も必要になる。そのため、こうした巨木が相当数必要になる。現在ではこれほどの木材が入手困難なのはもちろんのことだが、歴史を紐解くと、既に平安末期には資源の調達に苦悩していた記録が残されているそうだ。

「1110年の記録には、“出雲大社にほど近い稲佐の浜に、全長30m・直径2.1mの巨木など100本あまりが漂着し、それを出雲大社造営の用材としたが、それでも部材が不足した”といった内容の記載が見られます。また現存の本殿よりも1つ前の遷宮時、1667年(寛文七年)には造営が行われましたが、肝心の柱材が見つかりませんでした。そこで、苦肉の策で使われたのが他県の霊山の御神木です。但馬国妙見山(兵庫県養父市)は名高い霊山として知られ、木の枝を1本拾っても祟りがあると恐れられていたため巨木が存在していたのです。当時妙見山を管理していた日光院に事情を話すと、出雲大社のためならば妙見の神慮にもかなうだろうと、特別に伐採の許可がおりたのです」

その後、現在の社殿の造営時、1744年の遷宮でも同じ手法がとられ、石見当麻山などの霊山から巨木が調達されている。しかしいつまでもこうした対応が可能なわけでもなく、それ以後は修理遷宮へと形を変えていったのだという。

60年遷宮がもたらす技術継承の難しさ

出雲大社境内遺跡から出土した、鎌倉時代に造営された本殿の柱と推定される「宇豆柱」。杉の大木3本を1組みにし、合わせた直径は3mにもなる出雲大社境内遺跡から出土した、鎌倉時代に造営された本殿の柱と推定される「宇豆柱」。杉の大木3本を1組みにし、合わせた直径は3mにもなる

こうして出雲大社の遷宮は、造営ではなく、修繕の形へと変遷してくる。2013年の平成の大遷宮では、「大屋根の檜皮(ひわだ)の吹き替え」を中心とした修繕が行われた。簡単に大屋根の修理といっても、その実現には多くの人々の協力と並大抵ではない努力が必要とされる。

「檜皮とは、文字通り檜(ひのき)の皮ですが、表の硬い皮を一度剥いで、再生してきた柔らかな薄皮を指します。専門の技術が必要なのはもちろんのことですが、原材料を揃えるのが一苦労です。全国各地の寺社で使われる檜皮が概ね二尺五寸(約75センチ)であるのに対し、出雲大社本殿で使用されるのは、三尺(約90センチ)、三尺五寸(約105センチ)、四尺(約120センチ)という特別なもの。しかも平成の大遷宮で必要とされた枚数は64万枚。それこそ遷宮の何年も前から周到な準備がなされ、兵庫、岡山などの山林から集められました」

現在では既に「造営」の遷宮は森林資源の枯渇から実現できないのだが、屋根の吹き替えだけでも、これだけの苦労が伴う。また、伊勢神宮の20年遷宮と比較しその3倍ともなる60年周期を目指した遷宮は、スパンの長さから技術継承という面でも苦労が多いという。

「前回、昭和の遷宮の経験者は存命者であってもすでに80歳を超えています。なかなか聞き取り調査を行っても全貌が見えてこない。そのため、平成の大遷宮時には、過去の文献などを総ざらいして研究し、また実際に屋根を剥がした際の構造などを検証することで先人の知恵をつなごうとしているのです」

こうした検証から、昭和の遷宮では行われなかった技術の復活例も平成の大遷宮では見受けられる。それが「ちゃん塗り」と呼ばれる千木や勝男木の塗装だ。防腐剤の役割を担う塗装なのだが、これまで材料の配合などは分かっていなかった。今回は従来の塗装を赤外線分光分析などで科学的に解明し、試験を繰り返して製法を確定させ、明治以前の様式を実現させている。

一世一代の文化事業を次世代につなぐ

出雲大社大屋根ぼ檜皮(ひわだ)の実物。平成の大遷宮時に撤去されたものの一部が展示されている。この厚みをみても、総数64万枚を揃える苦労がしのばれる。出雲大社大屋根ぼ檜皮(ひわだ)の実物。平成の大遷宮時に撤去されたものの一部が展示されている。この厚みをみても、総数64万枚を揃える苦労がしのばれる。

また平成の大遷宮では、2009年には本殿大屋根を覆う檜皮が剥ぎ取られ、580平方メートルという膨大な骨組みがあらわになった。ここでも、文献では知りえない技術の検証が必要とされた。一般的な寺社建築がすのこ状の下地を使うのに対し、ここでは下地板が二重に形成されていた。上部の下地は通風を考えたすのこ状のもので、下部の下地は雨水を外に流すための溝が掘られていたという。

「こうした細部の構造は、これまで図面に残っていたわけではなく、現物をみてはじめてわかることが多くありました。平成の大遷都では次世代に向け、科学的な見地も含めて技術復活、継承に努めたのです」

檜皮ぶきの作業も、全国で数々の有名社寺のふき替えを手がける岡山の工務店が主導で行ったが、通常の二尺五寸のサイズよりも大幅に長いサイズを扱うため、使用するくぎの数も多くなり、きちんと工夫をして打たないときれいにふくことができなかったという。こうした出雲大社独自の技術継承を行うため、今回の遷宮ではさまざまな寸法を綿密に記録したほか、次世代に向けてビデオや写真といった記録も残す努力がなされている。

遷宮が語る、自然との共存

もちろん、将来の遷宮のための部材の確保に向けた長期的な取り組みもなされている。広島県三次市では、出雲大社の氏子たちによる檜皮となる檜の植林が行われた。1ヘクタールあたり300本を目安として、総本数600本~900本の植林を予定されている。

しかしこれも現状では十分とは言えない。植林からの採取が見込まれる檜皮は3~4トン。本殿屋根の1割にも届かない。また、初回採取目標の設定は100年後であり、次回60年後に遷宮をするとすれば、そこには間に合わない。今後、将来を見据えた施策が必要とされているが、遷宮というのは、ただ修繕活動を行うその期間だけではなく、気の遠くなるような時間と労力があってはじめて成し遂げられるものなのだ。

「遷宮というのは、長い年月と多方面にわたる多くの人々の協力と結束、かつ世の中が平和でなければ成し遂げられないものです。さらに、そこには森林資源が守られていることが絶対条件となります。日本は森林資源の枯渇という面で危機的な状況にあります。これをどう将来的に改善していくのか。遷宮は単なる祭事として側面だけではなく、我々が自然に謙虚に向かいあい、守り伝えて行かなければ、わが国独特の文化を継承できないことを示唆するものだと思うのです」

かつて、神社には本殿は存在していなかったといわれる。古代の人々が畏怖の念を持って崇めたのは山々だった。山そのもの、自然そのものが信仰の対象になったのだ。遷宮はその意味でも我々に原初を忘れず、日々の生き方を顧みさせるきっかけを与えてくれるものなのかもしれない。

2015年 04月11日 11時05分