雛祭りの起源とは?

淡島神社の雛流し神事では、白木の船に山積みにされた雛人形が、海へ流される淡島神社の雛流し神事では、白木の船に山積みにされた雛人形が、海へ流される

「女の子の節句」といえば、3月3日の雛祭り。その起源がいつ、どのように始まったかは、はっきりしていないが、平安時代に貴族の間で広まった「上巳の節句」の雛あそびでは、現在の雛飾りに近いものが使われていたと考えられている。
「上巳の節句」は中国伝来のお祭りで、上旬の巳の日の意味。本来は3月上旬の巳の日に開催されるものだったが、魏の時代に3月3日に固定されたと言われている。中国では北極星の神などを祭る日とされており、雛あそびと結び付けられたのは、日本に入ってきてからだ。雛は女の子の遊ぶものであったため、上巳の節句は女の子が主役という意味合いも生まれた。

また古来日本では、紙で作った人形(ひとがた)に人の罪や穢れを移して川などに流すことにより、厄除けをする風習があった。いわゆる流し雛だが、これが「上巳の節句」と結びついたものが、雛祭りの源流であるとする説もある。
雛祭りの由来を語る神話は、和歌山県加太にある淡島神社が舞台となることが多い。淡島神社は人形供養で有名だが、この神社のご祭神である神功皇后と少彦名(すくなひこな)命が雛人形のモデルであるともされる。そして、「すくなひこな」の「ひこな」が「雛」の語源であるとも。
また、淡島願人と呼ばれる流浪の乞食(こつじき)坊主が全国に流布した「淡島願人絵巻」では、天照大神の六女である淡島様は、病を理由に夫から離縁されたうえ、うつろ船に乗せられて淡島神社の鎮座地へ流されたとする。淡島様はその地で雛遊びを始め、「私のような悲しい女性がもう出ないように」と、女性の守り神になったとか。

穢れを祓う流し雛

地域の少女たちが流し雛を川に浮かべる地域の少女たちが流し雛を川に浮かべる

流し雛の風習を残す地域は各地にあるようだが、有名なのは、やはり淡島神社だろう。毎年3月3日、全国から集められた雛人形が白木の船に乗せられ、海に流される。現在では海洋汚染の原因とならないよう、船は回収されて火にくべられる形式になった。現在の淡島神社の雛流しは、雛人形に染みついた思いや穢れを浄化するという本来の意味は残しつつも、人形供養の意味も強いようだ。

本来の流し雛の名残を伝えるのは、奈良県南阿田の流し雛だろう。一時期は途絶えていたが、1969年に復活し、現在は毎年4月の第1日曜日に開催されている。お祭りは午後一時、源龍寺の堂内における雛供養に始まる。その後吉野川に移動して、地域の少女たちが船に乗せられた小さな雛人形を川に浮かべて罪や穢れを流しやり、一年の息災を祈る。伝承によれば、その昔は、「この船が淡島神社まで流れ着きますように」と祈っていたとか。神話の時代は2600年以上前だから詳細はわからないが、雛人形たちにとって、そして罪や穢れを祓いたいと考える女性にとって、淡島神社が特別な場所であったのは間違いないのだろう。

地域性に富んだ雛人形の種類

かつての奈良県の一部地域では、段状ではなくてこうした御殿を模したものに飾られていた。
破風の透かし彫りまで精巧に造られているかつての奈良県の一部地域では、段状ではなくてこうした御殿を模したものに飾られていた。 破風の透かし彫りまで精巧に造られている

さて、雛人形と言えば、どのようなものを思い浮かべるだろうか?現代の本格的な雛飾りは、階段のような段に赤い毛氈が敷かれ、一番上の段には内裏雛、二段目に三人官女、三段目には五人囃子……といったものが主流だが、この形に定まったのはそう古い時代ではない。貴族だけの祝い事であった上巳の節句が、一般家庭にまで広がったのは江戸時代。女の子の人形(雛)遊びと結びつき、「雛祭り」と呼ばれるようになったのもこの時代と言われている。ただし、この時代の女の子が遊んでいた人形は、貴族の女子が遊ぶものと比べると粗末なもの。雛祭りが広まったとは言っても、高価な雛人形は一部裕福な家庭のものであり、一般家庭に普及したのは昭和になってからだ。それ以前は、地域により、時代により、さまざまな工夫がこらされてきた。

例えば、奈良県の一部地方に残る明治から昭和初期にかけての雛人形は、御殿を模したものが多い。平安時代の貴族も御所を模した雛飾りで遊んだと考えられているから、これが昔ながらの雛飾りに近いのかもしれない。屋形の細工も細かく作られているものが多く、相当の富豪でなければあつらえられなかっただろう。また、華美なものが禁止された時代には、小さくて精巧な「芥子人形」が流行。現在では、だるま雛や、吊るし飾りの雛飾りなど、地域性に富んだものも存在する。

雛人形の飾り方

雛飾りの形式がさまざまある以上、雛人形の飾り方も複数あるのは当然だが、現在入手できる雛人形には、一定の並べ方が決められている。もちろんその人形を作った職人やお店が決めた形式があれば、それに従うのが一番だが、一般的とされる飾り方を説明しよう。雛飾りは宮中の生活を模したものとされているから、昔の貴族の生活を想像しながら並べてみてほしい。

最上段には内裏雛。日本では古来、左が上位とされてきたため、左側に男雛、右側に女雛を並べるのが古式だ。しかし、大正天皇の即位式から西洋式が取り入れられ、天皇が右、皇后が左に立つのが伝統となったことから、右側に男雛、左側に女雛を並べる地域も増えてきた。古都京都や奈良では、現代でも左に男雛を並べる家庭が多いと言われている。

二段目には三人官女。立ち姿のものと座り姿のものがあり、真ん中に座り姿のものを配置するのが一般的だ。両端は右側が長柄の銚子、左側が銚子となる。

三段目は五人囃子で、右側から、謡い手、笛、小鼓、大皮鼓、太鼓。この段は、楽器の小さいものから順に左へ並べていくと覚えればよい。

四段目は随身。左に左大臣、右に右大臣だが、左大臣の方が位も高く、年齢が上。白いひげをはやしているのが左大臣だ。また、橘と桜がある場合は、右が橘で左が桜、「右近の橘、左近の桜」と覚えるとよいだろう。

五段目は衛士(仕丁)たち。箒、塵取り、熊手を持っており、御所を掃除している様子が表現されている。並べ方は左から、熊手、塵取り、箒とするのが一般的だ。熊手を持った衛士は左手をあげ、箒を持った衛士は右手をあげていることが多いので、あがっている手が外側にくると覚えればよいだろう。

六段目より下は、箪笥や鏡などの家財道具、牛車や籠が並ぶが、ないことも多く、はっきりした決まりはない。

平安時代に始まったとされる雛あそび。当時は貴族だけの贅沢な遊びだったが、現在では多くの家庭で飾られていることだろう。その由来は、穢れ祓いにあるとも言われているから、雛人形を飾る際には、「娘の幸せ」とともに、「家族の一年の息災」を祈ってみてはいかがだろうか。

同じ七段飾りの雛人形も、階段や花などの装飾に様々な種類がある。</br>自宅の雛飾りを持ち寄って飾り多くの人に見てもらうイベントを開催するなど、</br>町おこしの手段としている地域もあるようだ同じ七段飾りの雛人形も、階段や花などの装飾に様々な種類がある。
自宅の雛飾りを持ち寄って飾り多くの人に見てもらうイベントを開催するなど、
町おこしの手段としている地域もあるようだ

2015年 02月20日 11時20分