明るくて広いLDKが今どきの家族には人気

築30年3LDKマンションの間取り築30年3LDKマンションの間取り

リノベーションをするからには、自分らしく今の暮らしに合った間取りにしたいもの。新旧の3LDKの間取りから今どきの家族のためのリノベーションのコツを読み解いてみる。

間取りのトレンドは時代によって変化するもの。築30年の物件と新築の物件を比較することによって間取りのトレンドの違いをおさえておこう。

築30年の間取りの例を見てみよう。個室には窓があるものの、LDKには窓がなく暗い印象である。一応洋室とつなげて使うこともできるようになっているが、キッチンのあたりは自然光があまり期待できない間取りとなっている。キッチンはオープンタイプで、作業スペースが丸見えになるのでLDK全体に生活感がでてしまう。
一方新築の間取りの例を見てみると、開口部いっぱいにLDKが配置されている。4.5畳の洋室とLDKはつなげて広々と使うことができる。このように家の中の一番良いところにLDKを配置するのが最近の間取りの特徴だ。家族団らんを明るく広いスペースで過ごしたいという気持ちの現れだろう。キッチンは対面式となっており、ある程度作業スペースを隠すことができるのでLDK全体がすっきりとする。

築30年の間取りでは、個室は比較的広く快適な印象である。一方、新築の間取りは個室の広さはおさえられており、個室よりもLDKの広さを重視している傾向が伺える。子供が1人か2人という今どきの家族にとっては十分な広さだ。新築の間取りの個室には和室がないことも大きな変化である。

リノベーションのプランニングの際は、明るくて広いLDKと使いやすいキッチンにポイントを置いて考えることが、今の暮らしに合った間取りに近づけるコツといえる。

トレンドの間取りに欠かせない「SIC(シューズインクローゼット)」と「WIC(ウォークインクローゼット)」ですっきりとした空間に

細かい点を見ていくと、新旧の間取りで最も異なるのは収納の取り方である。

築30年の間取りでは、個室の収納は主に押入れとなっている。容量としては問題ないが、洋服を収納する場合には押入サイズの収納は使いにくい。引き出しにしても、ハンガーにかけるにしても奥行きが深すぎて空間が微妙に余ってしまうからだ。多くの人の場合はそこに物を置いてしまい、散らかる原因となる。

新築の間取りではウォークインタイプのクローゼットが2カ所に設けられており、容量も十分ある。ウォークインタイプなので、ハンガーにかけた衣類だけでなく、スーツケースやゴルフバックなど大きなものも楽に収納することができる。築30年の間取りにはないがとても便利なのがシューズインクローゼットだ。最近の間取りでは特に人気で、散らかりがちな玄関の靴や傘などをすっきりと収納することができる。他にもさらに細かく見ていくと、キッチンにパントリー(食品庫)があったり、洗面室にリネン庫があったりと細かい配慮が感じられる収納計画がポイントとなっている。

使いやすい収納を設けることによって、部屋が散らかりにくくなり、空間が広くすっきりと感じられるようになるはずだ。リノベーションのプランニングでは、収納を自分のライフスタイルに合わせて工夫したい。

新しい3LDKマンションの間取り新しい3LDKマンションの間取り

自分らしく住むためのリノベーション

気に入ったイメージの写真をノートにスクラップしよう気に入ったイメージの写真をノートにスクラップしよう

ここまでは一般的な間取りの傾向について述べたが、リノベーションの醍醐味はなんといっても自分らしい空間をつくれることだ。ただ新築に似た間取りに変えるだけなら、新築の物件を購入するのと同じでつまらない。

そこで、リノベーションを考えている人には是非自分らしい暮らし、自分らしい空間について考えて欲しい。といっても、すぐにイメージがわかないという人は、日々の暮らしの中からヒントを見つけてみよう。

趣味がある人は、それをもっと楽しむためにはどんな空間が必要か考えてみてほしい。
現実的には大掛かりな空間は難しくても、何かヒントが得られるはずだ。例えば絵を描くのが趣味の人ならアトリエを作っても良いが、絵を飾るのに良いスペースを作るだけでも楽しい。よく行く場所にもヒントはある。お気に入りのカフェやレストランのインテリアは真似するのも良い。雑誌やネットで見つけた写真をスクラップするのもオススメだ。1つのノートにまとめることで、自分の好みを把握しやすくなる。家族と一緒に作ってみても楽しい。

自分の家のリノベーションのプランニングは自分の好みが一番のヒントとなる。トレンドの間取りのポイントをおさえつつ、自分らしい間取りを探してみよう。

2013年 09月25日 12時02分